1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載35

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

1

漢字一文字の旅 連載35

14/10/15 コンテスト(テーマ):第四十二回【 自由投稿スペース 】 コメント:2件 鮎風 遊 閲覧数:1303

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。



連載35 山 伝 呪 傘 埋 栗

35−(1) 【山】

 【山】、高い山々が連なってる形だとか。
 元々中国には火山がない。中央の主峰、その左右に山、このように地殻変動や浸食によってできた山々が連なる。
 【山】の漢字は、その美しい姿を表してるそうな。
 なるほど、【山】の文字だけで絵になってる、ような気もする。

 そんな【山】、日本で一番高い山は富士山。
 ならば一番低い山は?

 これがなかなか歴史があって、1990年代までは仙台市の標高6mの日和山だった。
 ところが1996年に、国土地理院の地形図により、大阪市の天保山、標高4.56mが一番低い山となった。
 しかし、2011年の東日本大震災の津波で、日和山が削られて標高3mとなった。これで再び日本で一番低い山に返り咲いたのだ。

 ところで、奈良県桜井市に標高467mの三輪山という円錐形の山がある。
 この山の歴史は古く、邪馬台国の卑弥呼の墓ではないかとも推測されている。
 そして神代の時代のことだ、活玉依姫(いくたまよりびめ)という美しい娘がいた。
 この姫の元に夜な夜な立派な男が通ってきた。
 やがて姫は身ごもったが、その男が誰なのかわからない。そこで姫は男の着物の裾に麻糸を通した針を突き刺した。
 朝となり、男はどこかへと消えたが、姫はその糸を辿って行った。すると、その男は三輪山の大物主神(おおものぬしのかみ)だったのだ。
 これで腹の子は大物主神の子供だとわかったとか。

 それだけの話しだが、
 時は移り、667年、天智天皇は飛鳥から大津へと都を移した。
 それに随行した後の妻・額田王(ぬかたのおおきみ)は途中三輪山に差し掛かった時に詠んだ。

 三輪山を しかも隠すか 雲だにも 情(こころ)あらなも 隠さふべしや

 慣れた地を離れることであり、きっと後ろ髪を引かれる思いだったのだろう。

 ことほど左様に、【山】という漢字、いろいろな物語や伝説を連ならせてくれているのだ。


35−(2) 【伝】

 【伝】、元の字は【傳】で「人」と「専」の組み合わせ。
 「専」は嚢の中の物を手で丸くした物のことで、これを人が背負う形が【傳】だとか。
 そこから背負って運ぶ、他に運び伝えるの意味になったとか。

 そんな【伝】、やっぱり放っておけないのが都市伝説。
 気になるものを5つほど紹介しよう。

 東京井の頭公園、恋人同士がボートに乗ると、必ず別れる。なぜなら、祀られてる弁財天が嫉妬深いから、だとか。

 ある男が暇で、鏡の中の自分とじゃんけんをしたら、向こうがパーでこっちがチョキ、勝ってしまった、とか。

 ある大学の教授、自分の講義に学生の出席が悪い。頭にきて、試験問題で、何枚かの写真の中から教授の顔を選べと出題した。結果は、ほとんどが不正解だった、とか。

 愛媛県の蛇口は3つある。青は水、赤はお湯、そしてオレンジ色はジュースだ、とか。

 下校途中、子供が赤いコートにマスクの女に、「私、きれい?」と声を掛けられた。
 子供は気を利かせ、「お姉さん、きれいだよ」と答えると、女はマスクを取り、「これでもか!」と叫んだ。その時、女の口は耳まで裂けていて、子供は恐くなって逃げた。だが、すぐに追いつかれて、口を裂かれてしまった、とか。

 そして、最近話題になった伝説がある。
 それは――幻の巨大魚タキタロウ。
 山形県の大鳥池に生息すると言われてる、長い下あごと大きな尾びれが特徴の体長2mの巨大魚だ。
 漫画「釣りキチ三平」でも取り上げられたことがある。

 そんなタキタロウ、30年振りに生態調査された。
 しかし、残念ながらその生態は明らかにならなかった。
 だが、タキタロウの伝説はこれからも語り継がれて行くことだろう。

 ということで、【伝】、口裂け女からタキタロウまで、人から人へとよく伝えてくれているものだ。


35−(3) 【呪】

 【呪】、「口」に「兄」の組み合わせで、読みは(ジュ、のろう)。
 この右部の「兄」は祝詞を入れた器を頭にのせて神を祭る人の形だとか。
 ただ同じような漢字の「祝」とは異なり、【呪】は人に災いをもたらすことを祈ることで、まじないとなる。

 そんな【呪】に「文」が付いて「呪文」。
 ディズニー映画のシンデレラ (Cinderella)、魔法使いがシンデレラに魔法をかけた。

 ソラカドゥーラ・メチカブーラ・ビビディ・バビディ・ブー、と。
 (Solakadoola menchicka boola Bibbidi-bobbidi-boo)

 するとみすぼらしいシンデレラはお姫さまになり、カボチャとナスは馬車になった。

 なんと素晴らしい呪文だろうか。
 初めてこの映画を観た時の感動は大人になった今でも心の奥底に残ってる。

 されども最近は、やっぱりハリポッター。
 呪文の山だ。
 その中で、有名なのが、守護神来たれ! の「エクスペクト・パトローナム」。
 その上に、「アバダ・ケダブラ」、つまり息絶えよ!
 ……と唱えれば、世の中凄いことになる。

 ちょっと恐ろしいので、ビビディ・バビディ・ブーくらいで充分かも知れないなあ。

 ということで、【呪】という漢字より「祝」の方が好まれてるようだ。


35−(4) 【傘】

 【傘】、雨がさが開いた形だとか。
 確かにそのように見える。

 しかし、ここで問題が。
 なぜ4人の「人」が中に入っているのだろうか?
 だいたい【傘】って、許容人数は2人まで、だよね。

 そこで一説によると、それは傘の骨だとか。
 えらい複雑な傘だと思うが……。
 いやいや、それは雨が滴る様とか。
 えっ、それって傘に穴が開いてるってこと?

 とにかくなぜ4人なのか不明なのだ。

 そんなややこしい議論があるためか、中国では【傘】から中に「ソ」を入れた「伞」という文字を使ってるようだ。
 こちらの方がちょっとスッキリしてるかな。

 そんな【傘】、香港で民主化運動の雨傘革命が起こってる。
 この対応の仕方によっては、中国政府にとって、1989年の天安門事件以来の最大の打撃となる可能性がある。
 民主主義と自由のために、香港の人たちに頑張ってもらいたいものだ。

 こういった時の「かさ」は、中国の「伞」ではなく、人が一杯いてる【傘】の方が似合ってるのかも知れないなあ。


35−(5) 【埋】

 【埋】、元の字は草冠に「狸」の「薶」で、犠牲(いけにえ)を地中に埋めることだとか。

 そんな【埋】、なにも埋めるものは犠牲だけではない。
 黄金を埋めたものが、埋蔵金。

 武田信玄、明智光秀、豊臣秀吉の埋蔵金といろいろとあるが、やっぱり最も有名なのが徳川埋蔵金だろう。

 江戸城は1868年4月に無血開城となった。
 明治新政府は幕府御用金を資金にしようと目論んでいたが、城内の蔵を空っぽ。
 新政府は諦めが付かない。
 そこから御用金探しが始まったのだ。

 候補地は日光、赤城山、足尾銅山と一杯あるが、今も見付かってない。
 だが、
 ♪ かごめかごめ 籠(かご)の中の鳥は いついつ出やる
   夜明けの晩に 鶴と亀が滑った
   後ろの正面だあれ?     ♪
 この歌の中にヒントがあるとか。

 かごめは籠の目で、六芒星の形。
 徳川が建てた神社仏閣は、江戸/駿府/土岐/明智/佐渡/日光。これらを結べば、六芒星形。
 その中心が、日光東照宮。

 そして、そこにあるのが鶴と亀の像。
 ♪ 夜明けの晩に ♪
 つまり、それに朝陽が当たった時に伸びた影の先に、見ざる言わざる聞かざるの彫刻がある。
 その猿たちが見てるのが眠り猫の像で、その先の階段を登り行くと――徳川家康の墓。

 ♪ 後ろの正面だあれ ♪
 墓の後に、下という暗号が刻まれてる。

 ヤッター! ついにわかったぞ!
 徳川埋蔵金は家康の墓の下に眠ってるのだ。
 しかし、ここまでわかってるのに掘り起こした者がいない。
 なぜ?

 理由は……【埋】という漢字、地中に犠牲(いけにえ)を埋める意味。
 どうも罰が当たって、犠牲にされ、埋められそうだから、だという説になっている。


35−(6) 【栗】

 【栗】、枝の上に三個のくりの実をつけた形だとか。
 なるほど、そういうことかと思うが、なかなかそのように見えてこない。

 そんな秋の味覚の【栗】。
 その【栗】を使った渋皮煮というのがある。

 渋皮?
 そんなの渋くって食べたくないと思うが、渋皮にはタンニンや血糖値抑制効果があるポリフェノールが多く含まれ、美白に良い。
 また茶渋の1.5倍の抗酸化作用があり、老化防止やガン予防効果があるとか。
 だが重曹と、鬼皮を剥くため圧力釜が必要で、結構面倒くさそう。

 昔、ずる賢い猿がいた。その猿におだてられた猫が囲炉裏の中の焼けた栗を拾い上げた。
 しかし、その栗はまんまと猿に食べられてしまう。
 そして猫は、やけどをしただけだった。

 これはフランスの寓話であり、ここから「火中の栗を拾う」ということわざが生まれたそうな。

 だから調子に乗って、【栗】の渋皮煮を作っても、鬼皮を剥く時にナイフで指を切ったり、出来上がってもどこまでも渋いとか。
 こんな悪い予感がするので、料理するのは止めておこう。

 棚からぼた餅、神棚から【栗】饅頭。
 【栗】という字、どことなく巫山戯ていて、ポジティブになれない漢字なのだ。





コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/10/18 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

漢字一文字の旅はいつも勉強になります。

山といえば、奈良県桜井市の三輪山を御神体とする、大神神社は日本最古の神社で
ただならぬ霊力が感じます。

大神神社は超お薦めの神社ですよ。

14/10/20 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

いつも読んで頂き、感謝です。
大神神社、まだ行ってませんので、明日くらいに訪ねてみようかと思ってます。
噂によれば、すごいパワースポットらしいですね。

ログイン