1. トップページ
  2. 最近の噂話 『穴』

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

5

最近の噂話 『穴』

14/09/21 コンテスト(テーマ):第六十五回 時空モノガタリ文学賞【 守る 】  コメント:10件 鮎風 遊 閲覧数:1922

この作品を評価する

 母子家庭で育った善行(よしゆき)、少年時代は貧しかった。その貧乏から抜け出すために、いや、母に楽な暮らしをと田舎を飛び出し、都会で働き始めた。
 しかし、世間はそう甘くはなかった。どれだけ身を粉にして働いても貯金は易々とは貯まらない。それが辛抱できず、悪の道へと。
 元々甘いマスクにスラリと背が高い。まず善行は行き遅れた女性を狙って、「君の一生、僕に守らせてください」、こんな殺し文句で結婚詐欺に手を染めた。しかし、善行の金銭欲はそれだけでは終わらなかった。次はオレオレ詐欺へと走った。
 だが個人でやっていても効率が悪い。やはり組織を組まないと大金を手にすることはできない。そこで悪友たちを誘い、劇場型の振り込め詐欺軍団を結成させた。まだ20歳そこそこだが、これを束ねる悪の権化と成り上がったのだ。

 こんな生き様となってしまった善行、両親が名前に込めた期待を完全に裏切ったと言える。その父は幼い頃に他界した。そして母は一年前に病に倒れ、日を置かず、陋屋で寂しく逝った。
 善行は悪行に忙しく、死に目に会うことは叶わなかった。それでも母は善行にひと言のメモを残していた。
 圉から生き直せ、と。

 圉?
 これは一体どういう漢字なのだろうか?
 思うに、口の中に幸とある。無理矢理に解釈すれば、囲いの中の幸せ、つまり小さな家でも幸福はある、それに感謝し、生き直せとの母からの伝言だと取れる。
 されども他人を騙し続ける善行、強欲な夢を見過ぎてしまっていた。一生に一度で良い、母を招いて、高級タワーマンションの最上階に住んでみたいと。これこそが母への親孝行だと思っていた。
 その母はもういない。だが夢を終わらすことはできず、詐欺で分捕った金で一室を購入した。

「ああ、少し飲み過ぎたか」
 目をこすりながらリビングへと入ってきた善行、夕べは詐欺師仲間たちが入居を祝ってくれた。その残骸が転がってる。それらを避けて革張りのソファーにどっかと座る。時計を見ると昼前だ。すぐに次の詐欺の指示を飛ばさなければならない。善行は早速スマホを操る。
 そんな時にふと横を見ると、大理石のフロアーに、直径は20センチくらいだろうか、ポッカリと穴が開いているではないか。
「何だ、これ?」
 善行は立ち上がって、中を覗いてみるが、真っ暗でよくわからない。しかし、穴の底は階下の部屋ではなく、このビルをどこまでも貫いているようだ。
「突然、こんな所に穴が開くなんて」と一旦首を傾げたが、「まっ、えっか、ここに住むのは長くて1年、穴なんかに興味はないよ」と元へと戻る。
 同じ場所に長く住めば居場所がバレる。それは詐欺師にとって危険だ。そのため、そこそこ住めば後はどこかへ引っ越しするつもりだ。

 そんな日から1週間が経った。不思議なことに、穴は日々成長し、直径1メートルにもなった。
「こらっ、お前は生き物か?」
 しばらく留守にしていた善行、その成長ぶりに驚き、穴の底に向かって思わず叫んでしまった。すると声はワーンと響き渡り、一拍置いて、「善行、そんな高い所にいず、ここへ下りて来なさい」と返ってきた。
 善行は心臓が止まるかと思った。明らかに母の声だ。性懲りもなく悪事を繰り返してきたこの男にとっても、母ともなればじっとしてるわけにはいかない。善行はそそくさと非常用ロープを穴に垂らし、「母さん、助けに行くから」と伝い下りて行った。しかし、底はどこまでも深い。やがて善行は力尽き、闇の中へと落ちて行ったのだった。

「おい、目を覚ませよ」
 善行は身体を揺すられ、覚醒すると、同じ年頃の若い男が目の前にいる。「俺、保険金詐欺のマサってんだ。お前も神が飼ってる獣に食われたんだな」と一人頷いている。そんなことを突然言われても善行はさっぱり解らない。まずは居所確認で、「ここは、どこ?」と訊くと、「要は、口の中に幸と書く――ひとやだよ」と兄ちゃんが指差した。善行がその方向を見ると、頑丈な鉄格子がある。
「えっ、牢屋ってこと」
 この瞬間、善行は母のメモ、圉から生き直せ、を思い出した。つまり圉という字はひとやと読み、監獄のことだったのかと納得した。それにしても口は鉄格子で、その中に幸せがあるとは、皮肉だ!
 しかし、母は伝えたかったのだろう、鉄格子の中にお前の将来の幸せがある、その圉(ひとや)で今までの悪行を反省し、生き直せ、と。そんな解釈に至った善行に、かって保険金詐欺のマサと呼ばれた男が「Good!」と親指を立てた。


 ところで、みなさん、最近巷での噂話を知ってますか?
 純真な子供が大人へと成長した途端、悪に手を染める。そんな青年たちの犯罪が増えている。
 育児の神、鬼子母神は社会を守るため、「若い悪人たちに改心させよう。だから牢獄へと引きずり落とせ!」と神獣『穴』に命じたそうな。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/09/21 J-POP

鮎風 遊さん

拝読させて頂きました。
穴があいて、主人が降りて行くくだりがいいですね!
面白いです。

14/09/21 光石七

拝読しました。
悪事に手を染めた善行ですが、元々は母のため。
母の願いを理解したわけですし、生き直してほしいです。

14/09/22 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

この漢字は圉(ひとや)って読むんですか。

最初は親孝行したい気持ちで手を染めた悪の道ですから、本来は悪人ではないと思います。

鉄格子の中で反省して、真人間になって出てきてください。

14/09/22 そらの珊瑚

鮎風 遊さん、拝読しました。

さすが、難しい漢字を知ってらっしゃる。
オレオレ詐欺は、なくなるどころか劇団ともいっていいような巧妙な新しい手口で騙してくるそうで、
ライン詐欺なんていうのも最近ではあるようで、うかうかしてられません。
善行は「穴」に救われたのでしょう。
罪をつぐなって改心してほしいですね。

14/09/23 草愛やし美

鮎風游さん、拝読しました。

さずが、『漢字一文字の旅』を連載されているだけあって、漢字の一文字から思い起こされた物語だったのですね。ひとやと打っても変換しません。牢と書き「ひとや」と読むのですか、旧字なのですか?

心配する気持ちはどこの母親も同じですね、悪事はいけません。とくに人を騙せば穴二つですから……。改心してまっとうな正しい道を進むようにと私も願っています。

14/09/26 鮎風 遊

J-POPさん

コメントありがとうございます。

面白く読んで頂き、光栄です。
また、よろしく。

14/09/26 鮎風 遊

光石七さん

コメントありがとうございます。

きっと改心し、生き直してくれるでしょう。
母の願いですから。

よろしく。

14/09/26 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

そうです、音読みで ギョ、ゴ
     訓読みで ひとや、うまかい
圉は口の中に幸、どう考えて可笑しな漢字です。

善行は名の通り、心新たにして、善い行いをして生き直してくれるでしょう。
よろしく。

14/09/26 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

そうです、穴です。
神獣ですから、助けたのです。

ライン、やりませんが、恐いですね。
ラインという生物かも、と妄想が脹らんできました。

14/09/26 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

(ひとや)、検索してもヒットしませんね。
1級漢字なので、あまり検索されないのですね。
だけど、圉を検索覧にコピペすれば出て来ますよ。

http://kanjitisiki.com/jis2/2-1/689.html
http://www.geocities.jp/growth_dic/honbun/zoukan-537e.html

そうですね、母の気持ちは一緒。
これからは、まっとうに生きてくれるでしょう。

ログイン