1. トップページ
  2. 青春からの卒業

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

青春からの卒業

14/09/12 コンテスト(テーマ):第六十五回 時空モノガタリ文学賞【 守る 】  コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:2108

この作品を評価する

「一生をかけて、杏奈を守ります!」
 壇上から健太が声を張り上げた。この宣言に、ホームルームの全員は黙り込んだ。それからどよめきがワアーと起こった。
 杏奈はショートカットに涼やかな瞳を持つ美少女。その上、学年トップを争う優等生ときてる。男子生徒たちからはアジアンビューティと呼ばれ、憧れの的だ。
 一方健太の方はテニスコートでボールを追い掛けるだけの普通の生徒。この格の違いにより、当然杏奈のお相手ではないというのがみんなの認識だ。
 健太、俺らのマドンナを守るって?
 赤点なくしてから叫べよな!
 こんな散々なヤジが飛ぶ。だが健太は再び言い放つ。
「杏奈が大好きだ。だから絶対に、僕が一生守ります!」
 この必死な決意表明に、今度は大きな拍手がわき上がった。

 高校2年生、それは青春時代の佳境に入る時なのかも知れない。その証拠に、恋心を胸に秘めておくことができなくなる。
 六時限目、急な休講で自主活動となり、クラス委員から、告白タイムにしようと提案があった。もちろん異論はない。そして健太はそれに応え、杏奈への純な想いを爆発させたのだ。だが、この瞬間、淡いはずの初恋が重い恋へと進化したとも言える。
 果たして杏奈のリアクションは?
 放課後のことだった、杏奈がツカツカとやって来た。
「今日の告白、迷惑だわ、だけど嬉しかった」
 声は小さかったが、杏奈ははっきりと告げ、踵を返し去って行った。健太はその後ろ姿を見送りながら、もう一度心に誓うのだった。絶対に杏奈を守り抜こう、と。

 プツン!
 大介は出張先のホテルでシャワーを済まし、何気なくTVを点けた。するといきなりの、守ります! こんなシーンが目に飛び込んできた。ああ、これが話題の青春ドラマかと缶ビールを呷りながら見入ってしまった。
 だが明日も早い。杏奈の、だけど嬉しかったの後を観ることを諦め、スイッチを切り、ベッドへと潜り込んだ。
「俺の高校時代と違う。もしあの時、あのような告白のチャンスがあったなら、俺も智子に宣言してみたかったなあ」
 随分と昔のことだが、大介には智子との思い出がある。
 智子はドラマの杏奈とは違うタイプの女学生。白いブラウスがよく似合い、長い髪をそよ風になびかせていた。そんな智子と一度だけデートしたことがある。別に手を繋いで歩いたわけでもなく、ただ公園の大きな木の下でたわいもない会話をしただけだった。しかし、大介は熱い想いを募らせた。
 そんな智子が卒業と同時に目の前から消えた。初恋は片想いで終わってしまったのか? それでもずっと智子が好きだった。
 それにしても、なぜ卒業後、智子を探し出し、アタックしなかったのだろうか?
 現実は貧乏学生であり、甲斐性もなく、自信がなかったから。しかしサラリーマンになってもう5年、今ならば智子を受け止められる。されども時は経ち過ぎた、一体俺は…と後悔の念が胸を締め付ける。

 こんな悶々とした夜から1ヶ月が経った。今日は高校卒業後初めての学年同窓会だ。もちろん、この機会に智子にぜひ会いたい。
 まず、かっての悪友たちと再会した。それはとてつもなく懐かしいものだった。
 だが智子は、どこに?
 大介は場内を見回した。そして見付けた、楚々と佇む智子を。かっての雰囲気を残したまま大人の女性に。大介の胸が一気に高鳴る。
 そんな時に、幹事からアナウンスがあった。「我々の高校時代は純情な男女交際でした。それでもあの時言っておけば良かったと後悔してる人は多いことでしょう。さあ、今なら出来る…告白を、どうぞ」と。
 なるほど、これは千載一遇のチャンスだ。悪友どもは我先にと舞台へと上がる。もちろん大介も、同窓会会場で、ドラマ内の健太のごとく叫んでしまったのだ。
「智子さんが大好きです。だから、僕の一生をかけて、智子さんを…守ります!」

 おいおい大介、もう手遅れだよ!
 お前の年収の問題だ!
 人妻を、どうするつもりだよ!

 会場に怒号の嵐が。されども智子が…人妻?
 これは大介にとって予期せぬ展開だった。後はドラマのようには行かないものだと肩を落とし項垂れるしかない。そんな大介に幹事が気を利かせたのか、智子を壇上へと呼んだ。
「今のお気持ちは?」と幹事が訊くと、「大介君、私、杏奈のように嬉しいわ。だけど、ちょっと…」と申し訳なさそうに答えた。
 これに大介は顔をキリリと上げ、男らしく告白し直すのだった。
「智子さんを…見守ります!」
 いつの間にか大介の目には男の涙が。こんな事態に、「見守ることが、最上の守ることだよ!」と熱い友情の言葉が飛び、後は拍手の嵐が巻き起こった。
 だがあまりにも切なすぎる。それでも大介は、見守ることこそ、初恋の人への永遠の愛だと思い、さらに確信するのだった。

 今こそが――青春からの卒業――だと。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/09/16 泡沫恋歌

鮎風 様、拝読しました。

あこがれの女性が今や人妻とは現実は上手くいかないものですね。
たぶん二人の運命の糸が結べなかったのでしょうか?

残念だけど諦めるしかない。
大介君、ドンマイ、ドンマイ!

14/09/17 草愛やし美

鮎風游さん、青いですね、いまだに青春そのものの主人公大介君、頑張ったのに残念でした。でも告白され「守ります」って言われれば、人妻だって喜ぶこと間違いないですよ。きっと、その言葉は、いつまでも智子さんの心に響き、残っていることと思います。

私も、卒業後30周年で、初めて参加した学年同期会で初恋の人にかってに告白してきました。1年から3年まで、毎年、相手は違っていましたが……。苦笑 あの時代の私はいわゆる「恋に恋する年頃」でした。1年のお相手は、記憶にもなく(悲劇)、二年の相手からは当時すでに告白してた私の言葉が「嬉しかった」のお返事をいただき(嬉々)、3年のお相手からは、「あの時に言ってくださればよかったのに、とても残念です」と、これまた嬉しい悲鳴あげそうになりました。馬鹿な私は、なんと青春から卒業しないで、青春に戻って進めたように感じました。苦笑  面白かったです。ヽ( ´∇`)ノ

14/09/18 そらの珊瑚

鮎風 遊さん、拝読しました。

告白するタイミングが遅すぎたけれど、これもいい思い出になるのではないでしょうか?
↑草藍さんのコメントが面白すぎます♪

14/09/23 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

運命という技、
そうですね、大介にその後道が開けることを願ってます。

14/09/23 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

えっ、初恋を3回もなされたのですか?
そして、同期会ですべてに告白してきたとか。
パチパチパチ、立派です。

胸キュンを三連発実行に感動しました。

14/09/23 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

確かに、草藍さんのコメがおもろすぎて、本文が負けてます。

ログイン