1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載34

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

漢字一文字の旅 連載34

14/09/07 コンテスト(テーマ):第三十九回 【 自由投稿スペース 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:1821

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。



連載34 悩 棘 椛 嬉 飯 蚊

34−(1) 【悩】

 【悩】の右部は、幼児の頭蓋骨の縫合部分を「ひよめき」と言うらしいが、そこに頭髪が少しある形だとか。
 それが心の立心偏に付き、「なやむ」となったようだ。

 そんな【悩】、聖火に衣冠を整えて拝む人の形の「煩」と組み合わさり、人間の欲である熟語「煩悩」を作る。

 さて、煩悩は一般的に百八あると言われているが、その百八つは何なのだろうか?
 単に百八つは多いことを言ってるだけとされているが、それでも百八つを主張する三つの説がある。

(1)
 眼(げん)/耳(に)/鼻(び)/舌(ぜつ)/身(しん)/意(い)は人間の感官能力の六根。
 これらそれぞれに好(気持ちが好い)/悪(気持ちが悪い)/平(どうでもよい)の思いを持ち、これで6x3=18。
 それにそれぞれ浄(じょう)/染(せん:きたない)があり、18x2=36。
 そして、前世/今世/来世の三世があり、36x3=108の煩悩となる。

(2)
 月の数が12、これに二十四節気の24と七十二候の72を足し合わせて、108。
 うん、確かに108にはなるが……。

(3)
 人間はいつも四苦八苦。
 だから、四苦(4x9=36)と八苦(8x9=72)を足し合わせて、108。
 これで煩悩は108と言い切る。
 その思い込みと迫力に思わずパチパチパチと拍手がありそうだ。

 (1)、(2)、(3)のいずれも御名算。どの説を取るかは個人の自由。
 されども、ことわざに……煩悩の犬は追えども去らず、とある。
 108に関係なく、煩悩は追っ払えないものだと言う。

 あ〜あと苦悩のため息が出るが、安心してください。
 悩み多きはなにも日本人だけではない。
 日本人妻を持つ外国人夫にも悩みが。ブログに掲載されてあったので、参考に転載させてもらうと……

 日本人妻を持つ外国人夫の悩み
 言葉できちんと説明して欲しいと言うと、疲れると言われる。(以心伝心って何?)

 玄関で忘れ物して、一生懸命爪先歩きで家の中に入ってるのに靴を脱げと怒る。
 でも、はだしで外に出ると怒る。(もう理解不能)

 日本の若い男子に嵌っている。(ジャニーズとかいうらしい)

 傘ささないから毛が抜けたのよ、海草を食べないからハゲたのよ、となじられる。
  等々

 されども――えっ、これって、外国人夫の悩み?
 日本人夫の悩みと一緒じゃん! と叫びたい。

 【悩】、それは万国共通で、結局残された手は、百八つの除夜の鐘で煩悩を取り払うしかないのだ。


34−(2) 【棘】

 【棘】、「朿」は先の尖った木であり、これが二つ並んで【棘】(とげ)。音読みでは(シ)となる。

 薔薇に棘あり!
 確かにそうだ。そしてこの忠告がさらに拡大され、「綺麗な花には棘がある」と言われてる。

 これに反論する余地はないが、果たして薔薇の【棘】の真実はどうだろうか?
 刺さればチクリと痛い。
 しかし、昆虫などは棘の横をスルリとすり抜けるため、薔薇の花を守る役に立っていないのだ。

 じゃあ【棘】は、何のためにあるの?
 現代においても、これがよくわからないのだ。

 それでも一説がある。
 昔薔薇は高価でかつ貴重。栽培が出来るのは裕福な人たちだけだった。
 そんな薔薇を盗みに来る薔薇泥棒から、薔薇が身を守るために【棘】を付けた、とか。

 ホンマかいな、と言いたくなるが、薔薇泥棒はきっとイライラしただろう。
 このイライラが草木の【棘】、すなわち草木のトゲの意味の「苛」(いら)を繰り返して「苛苛」(いらいら)となった。

 とにかく【棘】、現代人のイライラに大いに繋がっていて、苛苛の代わりに、毎日棘棘(トゲトゲ)じゃ! と叫んでも気持ちは伝わるような気がするが……。


34−(3) 【椛】

 【椛】、木偏に「花」、一体どう読むのだろうか?
 これに類似したのが木偏に「華」の「樺」。これは白樺などの(かば)と読む。
 【椛】はこの「華」が「花」に変わっただけ。同様に(かば)と読む。
 また、秋になると木の葉は赤くなり、花のようになるから(もみじ)とも読む。

 えっ、もみじが花?
 そんなのどこまで行っても葉っぱじゃんと言いたくなるが、とにかく紅葉の(もみじ)なのだ。
 余談になるが、木偏に「色」の「栬」も(もみじ)と読む。
 こっちの方がピンとくる気がする。

 いずれにしても【椛】には訓読みの(かば)と(もみじ)があるだけで、音読みはない。

 そんな応用がきかない【椛】だが……
 ところがどっこい、最近の人気漢字なのだ。

 赤ちゃんが生まれた。目に入れても痛くない可愛い女の子だ。
 父母はどんな名前を付けようかと、必死のパッチでネットで調べる。
 そのアクセス数が一番多い漢字、それが【椛】なのだ。

 ところが【椛】の読みは(もみじ)と(かば)だけ。
 そのためパパママは【椛】の字を使い、あーだこうだと悪戦苦闘。
 その果てに百花繚乱、いや名乗りたい放題の命名をする。
 椛(もみじ)はもちろんのこと、後は……

  椛  (いろは)
  愛椛 (あいか)
  椛杏 (かなん)
  結椛 (ゆうか)
  瑠椛 (るか)
         等々だ。

 うーん、ちょっと読むの難しいかな?
 それでも「木」の「花」の【椛】が咲き乱れる今日この頃だ。


34−(4) 【嬉】

 【嬉】、女偏に「喜」。
 この「喜」は太鼓に祝詞の器の「口」を添えた形で、太鼓を打ちながら舞い踊り、神を楽しませ、喜んでもらう意味だとか。
 それに「女」が付いて、人が、いや「女」が楽しむ/喜ぶことだそうな。
 確かに女性が楽しんだり喜んだりしてる様を見ると、【嬉しく】なってくる。

 すなわち【嬉】は男自身が、また他人自身が積極的に喜ぶことではなく、女が笑ってる状況や事態に幸せを感ずることのようだ。

 さて、ここで…
 江戸後期、喜多村信節(きたむらのぶよ)が書いた「嬉遊笑覧」(きゆうしょうらん)という随筆がある。
 嬉遊笑覧、字の通り、さぞかし女性を楽しませる書物なのだろうなとなる。
 しかれども本随筆は江戸の風俗習慣などを著した、いわゆる百科事典。確かに歴史的には勉強になり、面白いものだ。

 しかし、【嬉】という漢字を冠に被ってる以上、当然、女性がHappyになる随筆であらねばならないと思うが…、そうでもないようだ。
 「喜」は神が喜ぶこと。したがって「喜」遊笑覧と銘打った方が似合ってるのでは、と不遜にも思ってしまう。

 他に、「文恬武嬉」(ぶんてんぶき)という四字熟語がある。
 意味を辞書で引くと、戦争がなく平和な社会のため、文官も軍人も共に平和を喜ぶ様となってる。
 これも、平和な社会、これにより女性が喜び幸せに、これを見て軍人も満足して、【嬉しい】状態と解釈してしまう。

 ことほど左様に、【嬉】は女偏があまりにも強烈で、女性がどう喜んでいるのかが切り離せない漢字なのだ。


34−(5) 【飯】

 【飯】、「食」に「反」でなぜ御飯なのか?
 「反」は崖に「又」の手の形。崖に手を掛けて登ろうとする形だが、急で身体がひっくり返ることを言うそうな。

 ここからいろいろな説があるようだが、穀物のきびと/たかきびを炊き、器の中で ひっくり返る「反」の粒を食べるから【飯】、それが主流のようだ。

 そして、その炊飯方法は…
 始めちょろちょろ中ぱっぱ 赤子泣くとも蓋取るな
 これは誰でも知ってる、かまどで上手くご飯を炊く方法だ。
 しかし、これだけでは不充分なのだ。

 正解は…
 始めチョロチョロ中パッパ ジュウジュウ吹いたら火を引いて 赤子泣くとも蓋とるな 最後にワラを一握り パッと燃え立ちゃ出来上がり
 これが全手順なのだ。

 すなわち炊飯とは
 米はβデンプンの固まり、だから固い。これを炊くことにより軟らかくし、αデンプンに変化させること。
 そのためには『吸水 → 煮る → 蒸す → 蒸らす』の4プロセスが必要と言われてる。

 したがって、始めちょろちょろ中ぱっぱ 赤子泣くとも蓋取るな、これでは蒸す/蒸らすが不充分。

 やっぱり――始めチョロチョロ中パッパ ジュウジュウ吹いたら火を引いて 赤子泣くとも蓋とるな 最後にワラを一握り パッと燃え立ちゃ出来上がり――これだけの工程が必要なのだ。
 きっと最近の炊飯器はこの全プロセスをカバーしていることだろう。

 しかし、ここで一人暮らしの現代人に問題が。
 ご飯は1合で充分。今流行りの3合炊き高級炊飯器では、場所も取るし、全プロセスをこなす時間もない。

 この難題に最近救世主が現れた。
 1合炊きOK、しかもチンだけで。
 しかもお値段は消費税込みで108円。百均でプラスチック炊飯容器が発売されたのだ。

 当然、筆者も飛びついた。
 なぜなら連れ合いは朝が大の苦手。そのためハムレタスマヨ・トーストでずっと一人朝食を続けてきた。

 だが、ここで
 かした米1合 30分水の中 後は朝ドラ観(み)ながら6分チン 続けて弁当モードで3分間 待てば銀シャリ ほっかほか
 てなことで、このように全プロセスが凝縮されたチン飯で、我がブレックファストが和食に変わりましたがな。

 いやはや、【飯】だけに、食生活もひっくり返りましたで、美味しい方にね。


34−(6) 【蚊】

 【蚊】、虫偏に「文」、これがなぜモスキートになるのか?
 ぶ〜ん、嫌な羽音で飛んで来ますよね。
 だから、虫偏に「文」(ぶ〜ん)だそうな。

 おいおいおい、ちょっと待ってくれよ! それってオモロ過ぎない。
 と叫びたくなるが、どうもこの解釈が主流のようだ。

 そんな【蚊】、やっぱり迷惑な昆虫で、デング熱で大騒ぎ。
 ヒトスジシマカによって媒介されるデングウイルスの感染症、致死率は1%。
 それに比べエボラ出血熱は90%で、報道ではデング熱は割に軽く扱われている。

 これはとんでもない話しだ。
 東南アジアに駐在時デング熱の感染例をいくつも見てきたが、10日間地獄を彷徨う苦しさだ。

 こうなれば蚊食い鳥が蚊を食い尽くすことを期待したいが、これがコウモリで、エボラ出血熱の感染源だ。

 いずれにしても「文」(ぶ〜ん)という【蚊】、人に一番嫌われる漢字なのだ。




コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/09/08 そらの珊瑚

鮎風 遊さん、拝読しました。

デング熱、ずっとテング熱だと思ってましたが、意外とそういう人がいました。
戦後、東南アジアから日本へ引き上げてきた人から、デング熱が流行ったとか。
こうなると蚊が越冬できない冬が待ち遠しいです。

14/09/08 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

どれも面白いネタばかりで楽しく読ませて貰ってます。

日本人妻をもつ外国人夫の話ですが、ネットで知り合った外国人夫をもつ
日本人妻の話もなかなか面白いですよ。

結局、国は違っても夫婦はコミュニケーションなんだと思いますね。

最後の【 蚊 】ですが、エボラ出血熱に比べて、デング熱の方が現実味を
帯びて怖いですよ。
早く寒くなって蚊には死滅して貰いたい!

14/09/08 草愛やし美

鮎風游さん、拝読しました。

煩悩は百八つ、それを消すためにに大晦日に鐘つきがされます。お寺さんの知り合いの方に、打つ鐘の数を数えるのが大変だと聞きました。私などは百八つどころでないので、私が基準でなくてよかったのではないかと思います。

結婚式のお祝いの花に薔薇は使われないそうですね、棘があってはいけないからだとか。でも、夫婦は棘があっても乗り越えられるくらいの心意気が必要ではないかと私めは思うのですが……。苦笑

今どきのお名前読めません〜〜。「椛」を「糀こうじ」とはじめ読んでしまった私、あ”あ”ぁぁ、情けない。

嬉々として、喜ぶように女性につくしなされ〜〜男はんがたハイナ(。´ФДФ)

そういえば、今どきの炊飯器って十万円位するものが、ざらにあるとか……恐ろしい、売れているのですって。中には、炊飯専用の土鍋も売っているとか。私は、炊飯は「早炊き」設定で速攻炊き、冷蔵保存。玄関開けない時もレンジで二分ですよ。苦笑 レンジ炊飯ってできるんですか、w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!美味しくないとばかり思ってましたわ。目からうろこボロボロ。

今日、近くのスーパーで蚊にさされました、今後の私が無事生きているかどうかは時空投稿をみていればわかるかと思います。(; ̄ー ̄)...ン? 大阪で誰もそんな心配していないって。そうですか凹○コテッ 

14/09/14 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

そうですね、寒くなると蚊は死にますからね。
だけど、卵はデング熱を持ったまま越冬すると一説がありますが。

川縁を歩くと5つくらいは刺されますが、最近は恐々ウォーキングです。

14/09/14 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

夫婦間に理解できないもの。
外国人夫をもつ日本人妻にも溢れるほどあるのでしょうね。
日本人夫をもつ日本人妻も、もう聞かされるのたまらんですね。

デング熱、枚方辺りまで来ておりますよね。

14/09/14 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

6分チンの炊飯容器、いろいろ百均を見て回ったのですが、
売ってるのはダイソーだけでした。
お前、どんだけ暇なんやと言われそうですが、
いわゆる市場調査です。

そうですか、棘のある薔薇は結婚式のお祝いの花に使わないのですか。
そうですか、だけど百日紅(サルスベリ)によりずっと益しなような気がします。
去る滑り、の二重不幸かな。

ログイン