1. トップページ
  2. 招き猫神社 (告白物語)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

招き猫神社 (告白物語)

14/08/16 コンテスト(テーマ):第六十三回 時空モノガタリ文学賞【 告白 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:2062

この作品を評価する

 みな様、こんにちは。今回投稿の機会を頂きまして、最近あった私の告白物語を紹介させてもらいます。
 おっと申し遅れました、私は山根古珠夫(やまねこたまお)と言います。
 ――安い給与で 女房が持てず それでもオモロク 生きてやる――
 これは1年前の私の心情を都々逸調に表現したものです。このようにちょっと斜に構えた二流サラリーマンでした。しかし、それ以上に捻れなかったのは、実は珍奇な趣味を持ってたからです。
 それは――告白収集。
 つまり美しい、また面白い、あるいはえぐい等々の告白を集めることです。目的は、費用不要で、その告白者の人生を想像し、その世界に侵入し遊ぶためです。
 例えば…君の瞳を、一生僕に輝かさせてください!
 どんな経緯があって、こんな気障な愛の告白を。これ、ナルシスト?
 他に…俺の身体に癌が巣くってしまった。俺が逝く時はヤツらも死ぬ。まっ、同志だな!
 カッコイイけど、告白時は震えてただろうな。

 こんなクラ〜イ趣味の告白収集、それでもランク付けがありまして、上のガン告白でやっと星三つレベルですかね。
 だけどいつぞやありましたね、品位のない絶叫告白が。
 ウーハッフッハーン!! 誰が投票しても一緒や! アアァーン! やっと議員になったんです! ヒョオッホーー!!
 これって、美しくはありませんが、かなり珍しいものでした。まあ星三つレベルかな?
 そしてやっぱり見付けたいのが、七つ星告白。そこで出掛けました、願いを必ず叶えてくれるという評判の招き猫神社に。

 残暑厳しい昼下がりに汗ばみながら参道を進みました。まず招き猫の石像が迎えてくれて、そこから霊験灼かな気持ちで本殿へと。ちょっとはり込み千円札を賽銭箱に入れ、まず嫁さんが見つかり、家族ができますようにと。さらに七つ星級告白が収集できますようにと祈願し、後はフラフラと引き返しました。
 そんな時です、石像の陰から可愛い少女が飛び出してきて、唐突に「パパ、お家に帰ろうよ」とせがむのです。
 驚きました、私がパパとは。違うよとすぐに否定したのですが、少女がシクシク泣き始めるものですから、私が虐めたのだと疑われそうで、近くの交番へと連れて行きました。するとですよ、しばらくして巡査が恐い顔をして、「役所で調べてもらったら、あなたが父ですね。こんな可愛い娘さんに知らん振りするとは、これは犯罪です」と睨み付けてきました。
「いえ、たまたまです」と返すと、巡査は顔を真っ赤にし、「たまたまはこの子の名前。それを知ってるのが何よりの証拠、児童虐待で逮捕だ!」とワッパを掲げました。これぞ万事休す、「たまたま、帰ろう」と幼子を家まで送って行く羽目になりました。

「こんにちは、お嬢ちゃんをお連れしました」
 神社の裏にある広い屋敷の玄関で、私は呼び掛けました。すると奥の方から、きっとこの子の母と思われる女性が現れ、目を吊り上げて、「あなた、どこをうろついてたのよ」とお怒りの御様子。それにしても、これって、誰に対して? 横を見ると、少女はすでに消えていて、さらに女は「祈願札が溜まってるわよ。早く神さんの所へ行って、承諾印もらって、福を持って帰って来てちょうだい。あなた、しっかり働いてよね」ともう訳がわかりません。
 しかし、この女性の言動からして、俺って…この女のハズバンド?
 ならば、こんな行き掛かり上で、妻を娶ることもありか?
 案外この女は俺のタイプ!
 こんな思考の果てに、私は夫としてここに棲み付いてしまいました。

 妻と称する女の名は珠子(たまこ)。そして娘の珠々以外に弟の珠郎がいて、一男一女の四人家族をひょんな拍子でゲットしたわけでありまして。
 仕事と言えば、祈願札を抱え裏山へと登って行き、洞に棲む髭爺に招福の承認印を捺してもらってくることでした。後は神主さんからの差し入れの食事を頂いて、家族みんなで昼寝をしたりの気楽な暮らしです。私はすっかりこの生活が気に入り、サラリーマンを辞めました。

 そんなある日のこと、山でお札を落としてきました。私もここまで神社と関わって暮らしてくると、みな様の願いが籠もった祈願札の大事さが理解できます。早速身支度をして探しに行こうと玄関に立ちました。そんな私に珠子が微笑みながら発したのです。「ご苦労様、私たちは神さまに仕える――猫だからね」と。
 これを耳にした私、珠子たちはニャンコで、俺は猫たちと暮らしてるのかと仰天しました。しかし、そんな私に珠子はさらりと告白したのです。
「あなたも…猫よ」

 私の趣味は世界でも稀な告白収集。
 あなたも…猫よ、こんな告白って、七つ星級の超お値打ちものですよね。私はこんな告白に出逢わせてくれた招き猫神社に感謝し、思わずオヤジ猫の雄叫びを上げてしまいました。
 珠一族の繁栄に、ニャーオー!


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/08/21 そらの珊瑚

鮎風 遊さん、拝読しました。

さらりと告白された中身が自分の生物学的分類が
くつがえされるものだったとは!
それでも幸せで何より♪ ニャーオー!

14/08/21 草愛やし美

鮎風游様、拝読しました。

ニャンダフル、自分のルーツがわかってよかったのではないですか。って、本当に、猫なのですか? オヤジ猫しゃん( ̄-  ̄ ) ンー

告白収集が趣味っていう猫がいたりして。人間社会を面白、おかしく見ているのかもですね。

14/08/22 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

いやいや、これはある意味ぶっ飛んだストーリーでした。
まさかのオチに驚きました。
でも、こんな暮らしも悪くないと思います。

これぞ、最高の告白ですね( 〃´艸`)

14/08/24 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

はい、生物的分類がえらいことになりました。
が、本人は意外にOKだったようでした。

14/08/24 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

確かに、本人はまだ猫だとの自覚をしておりません。
それでまだ告白収集にうつつを抜かしております。

14/08/24 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

そうですね、ぶっ飛び物語、
ひょっとすると私の創作の目指してるところかも知れませんね。

なにか前が開けたようなサジェッションを受けた感じです。

ログイン