1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載31

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

漢字一文字の旅 連載31

14/07/25 コンテスト(テーマ):第三十六回 【 自由投稿スペース 】 コメント:4件 鮎風 遊 閲覧数:1286

この作品を評価する

 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。



連載31 蕗 廃 進 辛 素 六

30−(1) 【蕗】

 【蕗】(フキ)はキク科の多年草。そして春に向けて芽を出す。それが蕗の薹(ふきのとう)だ。
 これを摘まみ、和え物や天ぷらにして食す。
 ほろ苦く、独特な味わいがある。その苦さにより、長い冬を抜け、やっと春の訪れを感じる。

 それから季節は巡り、蕗の薹は初夏に丸い葉を広げ、葉の広さ70センチほどのフキになる。

 アイヌの小人伝説、コロポックル。これはアイヌ語で「蕗の葉の下の人」という意味だ。

 かってアイヌが住む地に、コロポックルと呼ばれる人たちが住んでいた。
 背丈はフキの葉より低いが、動きが素早く、魚を捕るのが得意だった。そしてフキの葉で葺いた竪穴で暮らしていた。

 アイヌとコロポックルとは仲が良く、アイヌからは鹿、コロポックルからは魚を物々交換していた。
 しかし、コロポックルは姿を見せることが嫌いだった。
 日が暮れて夜になってから、アイヌの家の小窓から捕った魚をそっと差し出す。物々交換と言っても、こんな方法だった。

 そんなある日、コロポックルの姿を見たことがないアイヌの若者、一度見たいと、魚を差し出した手を引っ張った。そして、コロポックルを屋内に入れてみると、手の甲に刺青が入った美しい婦人だった。
 しかし、この婦人は若者の無礼に激怒した。

 また、この話しを耳にしたコロポックルの人たちは同じように怒り、北の海の彼方へと去って行ってしまったのだった。

 こんなコロポックル伝説がある。だが、今もあちらこちらで、残されたコロボックルの竪穴や、石器や土器が見付かることがある、という。

 おっおー、なんと情緒ある伝説だろうか。
 それにしても、そこには春に芽吹くふきのとうと同じく、ほろ苦さがあるから不思議だ。


30−(2) 【廃】

 【廃】、「すてる」の意味の字は「法」の元の字だった。そこから形声で、【廃】が「すてる」の意味になったとか。
 そう言われてみても、なんのことかよくわからない。

 他に、「广」(げんぶ)は岩屋の意味、そしてその中に、出発の「発」。それがなぜ「すたれる、すたる」となったのか?
 結局、さっぱりわからない漢字なのだ。

 そんな【廃】の熟語に「廃墟」がある。
 この廃墟が最近なかなかの人気だそうな。
 ネット内で一度は訪ねてみたい所として、写真で多く紹介されている。
 例えば、世界ではアンコールワットとかだ。

 ならば、日本ではどこだろうか?

 堂々の1位は、奈良のドリームランド。
 1961年7月1日に開業、45年の営業後、2006年8月31日に閉園した。
 鮎風も幼い頃、ニ、三度行ったことがある。
 未来の国、幻想の国、冒険の国、過去の国、メインストリートの5つのエリアがあった。

 今から思えば、ほぼディズニーランドのパクリだったのではと思える。
 それでも懐かしいから、不思議だ。

 というのも、今は廃墟だが、朽ちた木造のジェットコースターに夕日が映える。これがなんとも言えね昭和の風景なのだ。

 第2位は、琵琶湖大橋の大観覧車イーゴス。
 1992年に建設、108メートルの世界一の高さを誇った。

 しかし、営業終了後の8年間、廃墟のままだったが、2013年に解体開始。ベトナムへ移転するためだ。
 2014年には廃墟は更地となった。
 惜しいと思うが、ベトナムでのイーゴスの再出発を祝ってやりたい。

 そして、ランク付けをするのはおこがましいが、格違いの番外編の廃墟は──軍艦島。

 長崎港の南西に位置する海岸線1,200mの小さな島。
 一時炭鉱として栄え、東京都の人口密度の9倍の5,200人が住んでいたそうだ。
 現在は無人島で、島全体が廃墟。
 しかし、大正、昭和の名残があり、心霊スポットもある。
 恐いぞ! と、一度は行ってみたい気がする。

 調べてみれば、3,600円の上陸幽霊ツアーがあるようだ。
 いかが? と、まずは他人に勧めてみよう。

 いずれにしても【廃】、岩屋の「广」(げんぶ)に、出発の「発」、岩礁の島の軍艦島からどこかあちらの世界へと旅立つ、それに招かれてるようだ。


30−(3) 【進】

 【進】、「しんにゅう」の上の「隹」は鳥の形。
 鳥占いにより軍の進退を決め、進軍することを【進】と言うらしい。

 軍歌に「露営の歌」というのがある。

  ♪ 勝って来るぞと 勇ましく
    誓って国を 出たからにや
    手柄たてずに 死なれよか
    【進】軍ラッパ 聞く度に
    まぶたに浮かぶ 旗の波  ♪

 この【進】軍ラッパ、これが鳥占いであれば、やっぱり勝てないよなあ。ということで、敗戦。

 そして話しは変わるが、生物が種や属の段階を超えて変わることが「進化」、いわゆるカッコよく言えば、エボリューションだ。

 人類の証は直立二足歩行。
 どのように類人猿から人類へと進化したのだろうか?
 いろいろと説があるようだ。現在はかってのサバンナ説からアクア説が注目されているとか。

 サバンナ説
  類人猿は生きるために何らかの理由で二足歩行が必要になった。
  それをサバンナでやり、人類へと進化した。

 しかし、なぜ人は無毛なのか?
 ここがサバンナ説では説明できない。

 一方、アクア説──なんと、元々人は水棲動物。
 水の中で浮力で二足歩行を覚え、そのまま陸へ上がったとか。

 ホンマかいな? と思うが、
 決め手は……魚と一緒で体毛がない……ということらしい。

 うーん、とにかく言った者勝ちのようだ。
 そこで鮎風の新説を。
 それは本邦初公開の「エエカッコシー」説。

 好きなメス類人猿をものにしたいと思ったオス類人猿が、カッコ良く見せたくて、ウジャウジャの体毛を抜いて、背筋を伸ばして歩いた。
 これで彼女を目出度くゲット。

 この成功体験が親から息子へと、そして孫へと受け継がれて行った。 
 そして気が付けば、それが千回も繰り返され、いつの間にか体毛は退化し、二足歩行で歩いていた。

 どうだ、「エエカッコシー」説は、と言いたいが、どうも脳には【進】という字は似つかわないようだ。


30−(4) 【辛】

 【辛】、象形で、入れ墨をする時に使用する把手の付いた大きな針だとか。
 その時の痛みが【辛】だそうな。

 うーん、入れ墨はしたことがないので、【辛】がどんなものかわからない。だが、飛び上がるほど痛いのだろうなあ。

 だが、そんな【辛】、味覚となれば「からい」となる。
 そして辛いとなればやっぱり唐辛子。
 我々に馴染みのあるものは、ピザに乗ってる輪切りされた緑色のハラペーニョ。またタイ料理に欠かせない小粒なプリッキーヌ。
 そして、日本では鷹の爪。

 その辛み成分はカプサイシン。
 脂肪を燃焼させ、肥満防止に有用だとか。

 では、最も辛い唐辛子はなんだろうか?
 辛さの単位に「スコヴィル値」というのがある。
 これで評価すると

  タバスコ    2000
  ハラペーニョ  1万
  鷹の爪     5万
  ハバネロ    30万

 それでは世界で一番辛い唐辛子は?

 2012年、ニューメキシコ唐辛子会議で紹介された赤い丸形の……トリニダード・モルガ・スコーピオン。
 スコヴィル値はなんと200万。
 タバスコの1千倍、ハラペーニョの200倍辛い。

 このトリニダード・モルガ・スコーピオンを食べた猛者がいる。
 その動画が下記、ご参考に。
   http://www.youtube.com/watch?vU1kqx6giS_0

 いずれにしても【辛】、山椒は小粒でもぴりりと辛いが一番納得できるかな。


30−(5) 【素】

 【素】、糸を染める時、もとのところを結んだまま染め液に浸ける、その形が【素】だとか。
 そして、もとのところだけが白い糸で残る。それが【素】ということらしい。

 これに「元」を頭に付けて、「元素」という熟語になる。
 そうです、水素、ヘリウム、リチウム、ベリリウム、ホウ素、炭素、窒素、酸素、フッ素、ネオン、ナトリウム……

 受験生にとっては、「水兵リーベ僕の船そーだ間がある競輪行こう縁がある」
 もしくは、「HでリッチなK子さん、ルビーせしめてフランスへ、ベッドにもぐってからするはバラ色」……の元素です。

 この元素の名前、最初の方はみんなが注目している。
 しかし、これが終わりの方になってくると、どやねんと言いたくなる、んだよなあ。

  111番目は ウンウン ウニウム。
  113番目は ウンウン トリウム。
  115番目は ウンウン ペンチウム。
  117番目は ウンウン セプチウム。

 最後の118番目は ウンウン オクチウム。
 ウンウンのオンパレードなのだ。

 元素も110個以上発見すると、「またかよ、邪魔くさいのう」となって、ウンウンと頷いて登録しただけだと噂がある。

 実はこのウン、ラテン語の「1」で、後は111とか113の数字を言い、どうも仮称のようだ。
 例えば、最近、111番目のウンウン ウニウムはレントゲニウムに改名されたとか。

 それにしても、「ウンウン ウンコ」がないのだけが救われる。

 とにかく【素】という字、白い糸だが、結構人騒がしい漢字なのだ。


30−(6) 【六】

 【六】を重ねた形の字の音を借り、数の「むつ」となったとか。
 ピンとこないが、とにかく六つだ。

 こんな【六】、四字熟語では六根清浄か五臓六腑くらいしか思い付かない。数字の中では、一や三に比べあまりにもマイナー。
 しかし、王将の餃子の数は6個。
 雪の結晶は六角形で六花と呼ばれてる。

 【六】っていいだろと言いたいが、人はそれぞれ好きな数字を持ってる。
 統計的に人が好む数字の順で並べてみると、
  好き 7 ← 3 ← 8 ← 5 ← 2 ← 1 ← 4 ← 6 ← 9 ← 0

 だが、これだけでは面白くない。
 そこで数字による性格判断、これを紹介させてもらおう。
 ネット内にいろいろと載せられている。それらを要約すると、つまり……

  「1」の好きな人
     ただただ認められたい、そう一途に思ってる人。

  「2」の好きな人
     私の可愛らしさわからないの、とにかくそうアピールしたい人。

  「3」の好きな人
     ニャンコのように、可愛がられたいと思ってる人。

  「4」の好きな人
     岩石より硬い鉱物、頑固な人。

  「5」の好きな人
     ラーメンかカレー、いやうどん、とにかく好き嫌いが激しい人。

  「6」の好きな人
     あれっ、どこへ行ってしまったの? 知らぬ間に、一人で突っ走る人。

  「7」の好きな人
     ああしたい、こうしたい、実現は遠いが、とにかく願望が強い人。

  「8」の好きな人
     なんで? なんで? をただただ繰り返す、生真面目すぎる人。

  「9」の好きな人
     あっちへ行ってよと言ってはみたが、結局あ〜あと、寂しがり屋な人。

  「0」の好きな人
     誰が見ても、どこから見ても普通、それでも特別だと思われたい人。

 ということだが、
 このエッセイ、実は章当たり六つの漢字で構成させてます。
 なぜなら、【六】という数字、結構気に入ってるのですが……。

 ということで「6」、
 漢字一文字の旅、「旅は道連れ、世は情け」なんちゃって、結局一人で突っ走ってま〜す。
 すいません。




コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/07/26 草愛やし美

鮎風遊様、拝読しました。

連載も31、凄いですね。

コロボックルにはまだ会ったことがないですが、一度会ってみたい、ちっちゃいおっさんとどちらが大きいかなあと気になってます。でもちっちゃいおっさんも会えないのよねえ(-_-)ウーム でも、美人女性だったなんて説もあるんですか。ますます妖しいですね。

琵琶湖大橋、こないだ行った時、もうなくなってましたよ。ベトナムで第二の人生を楽しんでいるかもですね、錆びたあの勇姿は切なかったので、良かったなあと思います。

毛深い方はサバンナかもよ。苦笑 昔のベンケーシーとか……にやり。

スコーピオン、怖いですね。昔、シカゴでイタリアンの経営するスーパーで何種類か購入した唐辛子の中にめちゃくちゃ、支離滅裂に地獄のように辛いものありました。舐めただけで全部捨てました。さすがに食えなかった。あれには驚いた〜〜〜〜〜 ((((o_ _)--oまだまだ世界は未知に包まれていますわ。

( ̄ェ ̄;) エッ? 元素名ってそうなの、o(@.@)o ナンジャコリャ!!

六は六道の辻が先日、TVでやってました。東山の「子育て幽霊飴」の話でした。なかなか趣の深い場所らしい。あの世とこの世の境にあるとか……。私は、星占いでラッキー数字が「4」って書いたの見てから、日本では縁起が悪く忌み嫌われる「4」が好きになりました。でも(; ̄ー ̄)...ン? 頑固なのかあ? ほんまかいな。

面白く勉強できました、ありがとうございました。

14/07/26 鮎風 遊

草藍さん

コメント、ありがとうございます。

そうですね、琵琶湖大橋の観覧車、もう跡形もありません。
あの風景が懐かしいです。

メキシコでの唐辛子、シェフに頼んで塩で焼いてもらった。
辛すぎて、舌が痺れて、舌を噛むという代物。
あれには驚きましたよ。

そうですか、4ですか。
頑固一徹、星飛雄馬のオヤジ肌ですな。

さてさて、おもろく旅を続けましょう。

14/07/27 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

よく、まぁ、ネタが尽きないものだと毎回感心してます。

奈良ドリームランドは子どもの頃に行った記憶があります。ちなみに横浜にもドリームランドがあったと思う。
子どもが小さい時に行った記憶があるから、まあ、ディズニーのパクリだから、
本家がきたらもうお終いだよね。

でも、あれはあれで好きだったけどね。

そうそう、宝塚のファミリーランドもなくなったね。
我が町、枚パーは健在ですよ。
今の枚パー兄さんはV6の岡田准一くんだしね(笑)

14/07/28 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

そうなんですよ、ネタ探し大変ですわ。

ヒラパーだけが生き残ってますね。
岡田君が看板兄ちゃんになって、余計に盛り上がってますよね。

町にある、ちょっと思い付いたらすぐに行ける気楽なヒラパー。
廃墟になることはないでしょうね。

ログイン