1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載30

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

漢字一文字の旅 連載30

14/07/10 コンテスト(テーマ):第三十五回 【 自由投稿スペース 】 コメント:2件 鮎風 遊 閲覧数:1191

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。



連載30 紫 能 税 縮 坂 煽

30−(1) 【紫】

 【紫】、上部は人が並ぶ様であり、要はちぐはぐ。
 そして青と赤がちぐはぐに混じりあって、糸となったのが【紫】だとか。

 古代日本では「むらさき」という草の根から取った染料で【紫】に染めた。
 万葉集一番人気の額田王の歌
 ── 茜草指 武良前野逝 標野行 野守者不見哉 君之袖布流 ──
 この「武良前」(むらさき)だ。

 一方古代ローマでは、アッキガイ科の巻貝の分泌物・プルプラで作られた染料で【紫】に染めた。
 いわゆる貝紫(かいむらさき)、英語ではロイヤルパープルと呼ばれている。
 まさに王家の【紫】であり、王家に生まれたことを……「 born in the purple 」という。
 この貝紫、年数を重ねるほどその【紫】はさらに映えてくると言われている。まさに吉兆だ。

 そんなこともあり、アレキサンダー大王はこの貝紫を自分だけの色だと決めた。またシーザーはこの貝紫のマントを纏い、クレオパトラは自分の艦船の旗を貝紫色にした。

 だが染色方法はフェニキア国の秘伝であり、ローマ人は決して作れなかった。
 その後、染色技法は途絶えてしまい、新たな貝紫の布や織物は長年製作されることはなかった。
 それを再現させたのが宮崎県の綾の手紬染織工房だ。
 なんと藍染の原理と同様の方式で発色させたのだ。

 こうなれば、貝紫色、やっぱり手にしたくなる。
 調べてみればネット販売されている。
 王家の【紫】を庶民が纏える、世の中も変わったものだ。

 とにかく【紫】、「 born in the purple 」、王家生まれが味わえる漢字なのだ。


30−(2) 【能】

 【能】、なんと水中に住む昆虫の象形だとか。
 それってタガメにゲンゴロウってことかな。果てはヤドカリに似ているとか。

 それがなぜ能力の【能】になったのだろうか?
 いろいろな説がある。だが、いずれももう一つよくわからない。
 とにかくゲンゴロウに似た字が「能ある鷹は爪を隠す」の【能】なのだ。

 そんな【能】、なんでもOKが「万能」。そして万能細胞がある。
 ヒトは受精卵以外に万能細胞は存在しない。
 しかし、京都大学の山中教授は皮膚細胞に遺伝子を入れ、人工的に万能細胞を作った。
 そして『 iPod 』のように普及して欲しいと願い、『 i 』を先頭に付けて、『 iPS細胞 』と名付けた。

 その後、2014年1月、神戸の理化学研究所の小保方晴子さんは『STAP細胞』、つまり「刺激惹起性多能性獲得」を持つ細胞を発表した。

 細胞分裂は「不可逆」、この常識を最初に覆したのが『 iPS細胞 』。
 小保方さんはさらに世の中の常識をひっくり返す。

 細胞を細い管に通すと,細胞が初期化する、つまり元ある状態に原点回帰すると仮説した。
 小保方さんは実験を繰り返し、最終的に、弱酸性溶液に25分浸し、細胞を瀕死の状態にするのが最も初期化し易いと発見した。
 まさに世紀の大発見だ。

 ということで、ここから鮎風の推論。
 弱酸性のゆず風呂に1回25分浸かり、それを瀕死の状態に、のぼせ上がるまで繰り返せば、メタボの細胞は初期化され、若返る…ってことか?

 うん、確かに、ゆず風呂って、お肌つやつやになり、気持ちがスカッとしませんか?

 だがだが、ここから時は流れ、疑義が生まれ、小保方さんが「ありま〜す」と言っても周りはみんな否定。一大騒動となった。
 ならば小保方さんに頑張ってもらって、早く作ってもらったら良いと思うが、強いアゲンストの風が吹いている。

 いずれにしても【能】という漢字、たとえその形が水中に住む昆虫であっても希望が湧いてくる。

 が、だ。
 【能】の重要ポイントは――脱皮できて、成虫になれるかどうかだ……てなところかな?


30−(3) 【税】

 【税】、左部は農作物、右部は兄、つまり一人前の人からものを剥ぎ取る様を表しているとか。
 そこから一年の収穫の穀物から一部を召し上げる意味となる。

 聖徳太子は十七条の憲法を作った。
 その十二に、天皇に代わり諸国を治める国司や国造は人々から【税】を取ってはならないとある。
 国に二人の天子無し。民衆に二人の主君無し。
 だから徴収できるのは天皇だけだと。

 そして646年、大化の改新が始まった。
 戸籍を作り、民に田を貸し与えた。

 【税】
 祖(そ)は、稲の収穫高の3〜5%を納めること。
 庸(よう)は、一定の布か、一定期間の労働。
 調(ちょう)は、特産物を収めなければならないこと。

 日本の【税】はこのあたりからきちっと仕組みが出来て、始まったようだ。
 それにしても結構きつそう、重税だったような気がするが。

 そして現代、消費税は5%から8%に。次は10%へと。
 しかし他国の消費税は?
  デンマーク   25%
  イタリア    21%
  イギリス    17%
  フィリピン   12%
  韓国      10%

 だから、どやねんということだが、とにかく現時点で8%に上がってしまったし、さらに10%に上がる。

 【税】という漢字、これで充分人からものを剥ぎ取る様を表してるのが納得できるのだ。


30−(4) 【縮】

 【縮】、屋根の下で人が寝ている形の「宿」と、「糸」の組み合わせ。
 そんな【縮】、よくわからないが、元々から「ちぢむ」の意味があったそうな。

 2014年2月、米国の中央銀行のFRB(連邦準備制度理事会)議長にジャネット・イエレン氏が就任した。

 バーナンキ前議長はリーマンショック後の米国経済を立ち直らせるため、国債を積極的に購入した。そして、市場に大量の資金を供給してきた。
 いわゆる金融緩和だ。
 これにより米国経済は回復して行った。そして2013年12月にバーナンキ氏は量的緩和策の【縮】小開始を決定した。

 しかし、米国の金融緩和の資金で恩恵を受けていた新興国のブラジル、アルゼンチン、トルコ、アジアなどの成長が止まると危惧され、金融不安となった。これにより新興国から資金が引き揚げられる傾向となった。

 これにより世界の株式市場は同時安。また日経平均は過剰に反応し、世界最大の下げ幅、一時14、5%の株価が落ちた。余計に世界を震撼させたのだ。

 だが世界経済の不安要素はこれだけではない。
 背後にもっと大きな不安が潜んでる。
 それは中国の経済成長だ。

 現在、GDPは7%台、もし鈍化し7%を割ると、世界恐慌が起こるとみんな戦々恐々だ。
 しかし、いずれ中国は破綻する、というのが一般的な見方だそうな。

 というような情勢下で、新議長のイエレン女史はどう舵を取ってくれるのだろうか?
 今、彼女の手の平の上に世界が乗っていることだけは確かだ。

 【縮】はそれほどまでに恐ろしくあり、目が離せない漢字なのだ。


30−(5) 【坂】

 【坂】、右部の「反」は崖に手を掛けてよじ登る形だとか。そのような地勢が【坂】。

 最近の某カーメーカーのCMに「ベタ踏み坂」がある。
 豊川悦司さんと綾野剛さんが急勾配の橋を上りながら、豊川氏が「ベタ踏みでしょ?」と訊く。それに綾野氏が「いいえ」と答える。

 このCM、ちょっと前知識がないと何のことかわからない。
 まず、「ベタ踏み」は床の間に隙間がないほどべた足で、車のアクセルを踏み込むこと。
 つまりエンジンを目一杯に噴かすことだ。

 「ベタ踏み?」、「いいえ」の会話。
 だからこの車は、映像に映し出されたこんな急勾配の【坂】でも、噴かさず軽々と登れるパワーを持ってるよ、と言いたいのだろう。

 この注目の「ベタ踏み坂」、実は松江市の江島と鳥取県境港市を結ぶ「江島大橋」。
 全長は1,446.2m、最頂点は水面から44.7m、そして勾配は6.1%。

 映像では目の前に急勾配の坂が立ち上がってる。
 そんな印象を持つが、日本一急な坂の勾配は37%、その約6分の1と、正直あまり大したことのないのだ。
 すいません、フーテンの寅さんが〜〜それを言っちゃぁお終ぇよ〜〜と言うかもね。

 それにしても、「まさか」と言う【坂】が一番の急勾配だとも世間では言われております……けど。


30−(6) 【煽】

 【煽】、右部の「扇」は「戸」と「羽」の組み合わせであり、「羽」は左右にあるから両開きの「とびら」のことだとか。
 そこからなぜ「団扇」や「扇」(おうぎ)になったのかわからない。

 そして「火」は「扇」であおるので、人の行動や心情を「火」のごとく「あおる」の意味になったそうな。

 それにしても最近のマスコミやコメンテーターの【煽】は凄まじい。
 外交問題や原発問題、経済問題に流行など、とにかく人心を煽り立てようとしている。
 そのように感じてる人は多いことだろう。

 例えば、ソチ冬季オリンピック。
 終日、日本人選手のメダル、メダルと言い、朝のTVのコメンテーターなどはメダル獲得数予想で大盛り上がりしている。そして視聴者まで引き込もうとする。

 要はある一方向へ人心を誘導する。つまり、そのプロセスを作り出し、視聴者に過大な期待感を持たせる。

 もう少し淡々とした報道が、もう少し偏りのないコメントが出来ないものかと思うが。
 結局、選手たちもこの騒動に巻き込まれ、異常なプレッシャーを掛けられ、メダル獲得数は伸びない結果に。

 コメンテーターたちがさんざん世間を煽っておいて、まるで火事場のようにしておいて、結果が予想外なら火を消して行くという、まさにマッチポンプだ。

 注)マッチポンプ
    日本語俗語辞典によれば
     マッチポンプとはマッチで火をつけておきながら、
     それを自らポンプで消すという意で、
     自ら起こした問題を自分で解決することをいう。

 とにかく【煽】、報道やコメンテーターには煽られないようにしたいものだ。




コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/07/11 草愛やし美

鮎風遊様、連載もいよいよ30ですね、キリ番おめでとうございます。そして、お疲れさまです。ますます頑張ってくださいね、楽しみに待っています。よろしくお願いします。

紫──そういえば、あの奇妙な生物、あめふらしは潰すと綺麗な紫の液を排出するとかで、染料にしての実験をテレビで見たことありますわ。貝紫と似ているかも?あめふらしも貝の中身と同じ? どっちかいうと、でかいなめくじかもですが……。

能──ここからこの話ですか、びっくり。虫なのですか、能楽は虫の動き?じゃないよなあ。(-_-)ウーム しかし、柚子風呂限界って、瀕死で、若返ったが、すでにこと切れていたってことになりかねませんから、やめておきましょう。「ありま〜〜〜す」を待ちましょう。

税──いやはや、嫌というほど剥ぎ取られてます。(-_-;) 先日、相方についに介護保険のお知らせがやってきました。全く、考えてもいなくて、かなりショック受けました。「そうなんだ……払わなきゃ、介護サービスって受けられなかったんだ、ブツブツ」年を取るのは、一人前の収入から、減退していってるはずなんですがねえ、そう思いません?

縮──嗚呼、ああああ、日本は今に縮日本になるのでしょうか? 原発、領土、国益、どれも縮小の一途ですもの。改名しそうな……。減日本でもいいかもですが、それだと滅亡しそうなので怖すぎますしぃ〜大汗。

坂──ええ、そういう意味合いのCMだったんですか、意味わからないのでズルーしてたのか、記憶にないないでした。昔、大坂とか書いていたのに大阪になったのは、坂は尾道に長崎や函館に任せればいいってことで変わったのかしら?

煽る――難しすぎますよ、この漢字。マスコミが火をつけ、屋根の上の猫さん状態の方々、いっぱいおられますよねえ。ほんと、日本人って煽られるの好き?ですよね。すぐに乗るもの。ツイッターでも話題のツイートなんてすぐに万とか、リツイートありますから。いいのか、悪いのか。そんなツイートで事件や事故を調べる私って……充分煽られている人でしょうねえ。

面白かったです、今回も様々なこと考えたり、勉強したりできました。縮み続ける脳細胞と身長に負けず、記憶に留めておきたいと思います。ありがとうございました。

14/07/11 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、漢字一文字の旅 連載30回おめでとう♪

「継続は力なり」で、ひとつのテーマを長く続けるのは精神力が要ると思います。
いつも、タメになるお話を興味深く読ませて貰っています。

今回は【 煽 】この煽るという意味の漢字が気になりました。

確かに、昨今のマスコミの政治的なプロパタンタやマッチポンプは完全に国民をバカにしています。

持論としてはテレビは信用するな! 偏向放送ばかりで、かなり胡散臭いです。

日本人はマスゴミに洗脳されないように注意しよう。

ログイン