1. トップページ
  2. 夜光姫 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

夜光姫 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

14/07/06 コンテスト(テーマ):第六十一回 時空モノガタリ文学賞【 夜に光る 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:2311

この作品を評価する

 都会から遠く離れた山里、夏の夜空には天の川が横たわり、地上の清流では蛍が群舞する。平家の落人たちが細々と暮らしてきたと言われる小さな集落で、殺人事件は起こった。

「この川縁で、夜に光るもの、それは蛍だけです。だけど昨夜、向こう岸の草むらでポーポーと妖しく光ったのですよ。何だろうと見に行ったら…、倒れられてました」
 第一発見者の平貴蜻蛉(ひらきかげろう)と名乗る二十歳そこそこの女性から、捜査一課の百目鬼刑事は現場説明を受けた。
 蜻蛉は村興しのためこの村で観光部門を担当しているという。いずれにしても黒髪に抜けるような肌を持つ。なぜこんな山峡の地に、これほどまでの典雅な女性が、とあらぬ想像を巡らせる。
 そんな美姫に百目鬼が目を見張ってると、部下の芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事が走り寄ってきた。
「百目鬼刑事、被害者の身元がわかりました。今絶頂のトップアイドルのユーリンです」
 芹凛がゼーゼーと息を切らせてることから、百目鬼はこれは大事件だと察した。そして思い出した、仏さんの顔をTV画面で見たことがある。確か不可解な歌を唄っていたと。

 ユーリンは覆い茂った草むらの中で、舶来の皮ベルトで絞殺されていた。
 そこには犯人の指紋が残され、吃驚仰天のことだが、そのベルトも指紋もイケメンで一番人気の平イズミのものだと判明した。
 さらに蜻蛉が見たという夜に光った物は、近くに捨てられたユーリンのケイタイであり、それが着信したためだとわかった。

 ユーリンと平イズミ、芸能界では訳ありの仲との噂がある。そんな二人の密会デートで、この蛍舞う幽玄の世界を訪ねたのだろう。
「有名人だと前もって聞いていましたので、まず私の家でおもてなしをさせてもらいました。それから暗くなって、仲良く川へと出掛けて行かれました」
 蜻蛉が二人の行動をこう証言した。他に何人かの村人たちは口々に、最初腕を組んで歩いてらっしゃったけど、途中から激しい口論になったようで、男性が女性を無理矢理引っ張って橋を渡って行かれました、と話した。
 もちろん捜査本部は平イズミの行方を追った。しかし、イズミの姿はその夜から忽然と消えてしまったのだ。


 ユーリン、恋人平イズミに絞め殺される。
 動機はユーリンの二股か?
 証拠は揃った。殺人鬼となってしまったイケメンに、もう明日はない。
 多くのファンから、雲隠れを止め、早く自首を! との声が。

 こんな報道が連日繰り返されている。だが事件の進展は見られない。デスクで脳みそを絞る百目鬼、うーんと呻き、芹凛に告げる。「もう一度蜻蛉を洗い直そう」と。
「あら、美人だから?」
 芹凛がこう冗談で返すと、「バカモン!」と大目玉が飛んできた。こんなやりとりの後、二人は再度現場へと戻り、丹念に聞き取りをし直した。
 そして捜査本部へと戻ってきた芹凛、「平貴蜻蛉は平家の落人の娘、あんな大きな屋敷のお姫さんだったなんて。さらに驚くことに、村人さえも会ったことがない、蜻蛉に双子の姉、蛍子というもう一人の姫がいたとは。その上に、平貴家を守るため村人は何でもするという掟があるなんて、すべてがミステリーだわ」と呟き、コーヒーでもと百目鬼にカップを差し出した。
 百目鬼はわかってる、芹凛が推理を組み立て終えたのだと。さあ言ってみろと目で指示を飛ばすと、今日の芹凛は違っていた。
「こんなおどろおどろしい因縁話しは、まずは刑事のお考えを聞かせてください」と睨み付けてきた。百目鬼はボス、ここは引き下がれない。苦いコーヒーをぐいっと飲み干した。

 平貴家は由緒ある平家の末裔、家系を守る必要がある。そこで深窓の麗人、長女の蛍子に婿を迎えたい。
 そこへ平家に関わりがあると思われる平イズミがユーリンと現れた。これは千載一遇、村人たちは一丸となりユーリンを絞殺した。そしてその犯人に、平イズミを仕立て上げた。つまりイズミの未来を剥奪したのだ。
 後は世を捨て、落人となり、平貴家の蛍子と暮らして行くしかない。言い換えれば、現在イズミは屋敷の座敷牢で飼われていると考えられる。

 さすが百目鬼、この鋭い仮説に芹凛は感心した。されど基本的なことがわからない。「なぜイズミは犯人でないのですか?」と直球を投げた。
「ユーリンの着信はイズミのケイタイからだった。もしイズミが犯人だとしたら、亡くなった女に電話しないだろ。誰かがイズミのケイタイを取り上げ、蜻蛉の発見タイミングを計って掛けたんだよ」
 芹凛はなるほどと頷くが、「蛍子は別名、夜光姫と呼ばれてるらしいわ。平家の落人のために、このままそっとしておいて上げるのも良いかも」と感傷の言葉を漏らしてしまった。
 これに百目鬼が鬼の目をギョロッと剥いて言う。
「今夜は闇夜、だから夜光姫がよく光って見えるぞ。さっ芹凛、捕まえに行こう」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/07/07 草愛やし美

鮎風遊様、拝読しました。

「夜に光る」は、推理も光ってましたね。平家の落人村の一族の統率力は凄いものだと聞いていますが、そうですか、家系を守るために……。きっと、もう数百年もこんな風にしてお家を守ってきたのかもしれません。今も日本のどこかに、こんな落人たちの村があるかもしれませんね。

蛍を題材にされているので、その仄かな灯と儚さを想いやると、余計に、このお話の切なさが募るように思いました。

14/07/08 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

確かにあります、日本のどこかに落人たちが暮らす村が。
そこの様子はこんなのかなと思い、書いてみました。

一度訪ねてみたいです。

14/07/08 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

「夜光姫 」ですか。
なんとも優美で素敵なタイトルですね。

平家の落人伝説と蛍を使った、典雅なミステリーです。
私は平家が好きなので、このお話を興味深く読ませていただきました。

14/07/09 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

平家はどこを切り取っても物語になりますね。
私もこよなく愛用させてもらってます。

蛍子は別名、夜光姫と呼ばれていました。
だがまだ誰も見たことがありません。
それを百目鬼と芹凛が捕まえに行く、てな奇想天外な話しですわ。

14/07/26 そらの珊瑚

鮎風遊さん、拝読しました。

現代にも脈々とつながっている落人の村。
村ぐるみの犯罪をあばくとは、さすが百目鬼さんですね〜

14/07/28 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

現代でもこんな村が残ってるかも。
今後も百目鬼刑事、頑張りますので、よろしく。

ログイン