1. トップページ
  2. ブランコ

小岩井豊さん

趣味としての物書きです。 http://mypage.syosetu.com/40531/

性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

ブランコ

14/07/01 コンテスト(テーマ):第六十回 時空モノガタリ文学賞【 涙 】 コメント:0件 小岩井豊 閲覧数:808

この作品を評価する

 塾の帰りに寄り道をして、公園に立ち寄った。
 見ると、男の子がブランコに揺られて遊んでいた。男の子といっても、別に、幼い男の子というわけではなかった。暗くてよくわからなかったけれど、たぶん、私と同世代くらいの男の子だった。
 私はブランコに近づいた。男の子が揺れるのを止めて、じっと私を見つめた。あいかわらず、暗くて表情がわからなかった。寒い夜だったので、彼の薄く開いた口から、細く白い息が立ちのぼるのだけは、よくわかった。
 男の子の隣のブランコに座った。すると、男の子が再び揺られはじめた。公園の照明に一瞬、彼の姿が照らされる。学ランで、首もとに赤いマフラーを巻いており、顔は、恐ろしいくらいのぶっちょう面だった。
 揺れる角度がだんだん開いていく。男の子はブランコを楽しんでいるようだった。でも、ぶっちょう面なので不気味でしかなかった。

 次の日も、塾の帰りに公園に寄り道した。
 男の子は今日もいた。私が隣のブランコに座ると、彼はやはり、ぶらん、ぶらん、と揺られはじめた。
「ぶらん、ぶらん」
 口でも言っていた。

 次の日は土曜日だったので、学校も塾もなかった。しかし夜になると、私は制服を着てあの公園に向かった。
 男の子は今日もいた。一昨日と、昨日と同じく、私が来ると揺れるのを止め、私を見つめた。隣に座ると、ぶっちょう面で楽しそうに揺れた。
「ぶらんこ、ぶらんこ」
 たしかにブランコだ、と私は思った。

 それから毎晩、私はあの公園に通った。夜の公園には、毎日かかさず男の子がいた。
 日によって、彼のブランコの揺れ方は違った。違うといっても、変わるのは声の調子だけだ。平坦であったり、楽しそうであったり、悲しそうであったりする。しかし、ぶっちょう面なのだけは変わらなかった。
 そんなある日、彼が泣き顔を浮かべていることを知ると、私はおもむろにブランコから立ち、静かに男の子のそばに歩み寄った。近くで見ると、男の子の顔は傷だらけで、泣き方も漫画みたいで、ちょっとだけおもしろかった。
「ぶらんこ、なんて、ぶらんこ、なんて」
 ブランコの速度が徐々にゆるみ、やがて停止した。
 私はポケットからハンカチを出し、めいいっぱい広げて、男の子の顔に押しつけた。目も、鼻も、口も全部ふさいだ。男の子はしばらく固まっていたが、だんだん苦しくなってきたのか、じたばたと手足を動かした。
 男の子が、私の手からハンカチを取り上げた。空中でぶらんぶらんと揺れるハンカチは、涙と鼻水でべちゃべちゃだった。
「死ぬところだった」
 私は首を振った。
「あなたは、死んでいない」
 男の子はブランコからジャンプして降り、私の両肩を押した。私は尻もちをついた。彼は、怒っているようだった。ハンカチを握りしめ、私を見下ろす。叱られると思ったが、彼は結局なにも言わず、公園出口へと走っていった。
「洗濯して、返して!」
 去っていく男の子の背中に向けて、私は叫んだ。

 翌日、公園に男の子はこなかった。
 次の日も、そのまた次の日も、公園に男の子はこなかった。
 私にとって、あれはお気に入りのハンカチだったので、男の子が来るまで待ちつづけてやる、と心に決めた。

 二週間くらい経って、男の子が公園に姿を見せた。ブランコに揺られており、近づくと、ブランコを止めて、ぶっちょう面で私を見つめた。顔の傷はたいぶ治っているようだった。
 隣のブランコには、きれいに洗濯されたハンカチが敷かれていた。
 おそるおそるハンカチの上から座ってみると、男の子がブランコで揺れはじめた。
「ぶらん、ぶらん」
 楽しそうな声だったので、私は安心した。
 私はここで初めて、ブランコで遊ぶことにした。ぶらん、ぶらん、と揺れて遊ぶことにした。
「ぶらん、ぶらん」
 口にも出してみると、思いのほか楽しかった。どうして今までこうしなかったのだろうと思った。横を見ると、男の子と目が合った。でも、お互いすぐに逸らして、真剣に遊んだ。
「ぶらん、ぶらん」
「ぶらん、ぶらん」
 夜明けまで遊んだ。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン