1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載29

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

2

漢字一文字の旅 連載29

14/06/30 コンテスト(テーマ):第三十四回 【 自由投稿スペース 】 コメント:4件 鮎風 遊 閲覧数:1089

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。


連載29 霧 六 午 静 兆 窓

29−(1) 【霧】

 【霧】、「雨」と「務」の組み合わせ。
 なぜ「務」なのだろうか?

 「務」は、矛(ほこ)をあげて、人にせまり、矛を使いこなす意味だとか。
 そして、字の中の「力」は耒(すき)の形で、農業につとめることを言うらしい。

 【霧】は以上のような理屈っぽい「務」の上に「雨」だが、それとは関係なく、音が(ム)ということであり、単に「きり」となったようだ。

 なんだよ、これ! と文句を付けたくなる【霧】だが、そこには哀愁がある。
 特に1960年代、【霧】をテーマにした歌がよく唄われた。

 霧の摩周湖         布施明
 夜霧よ今夜もありがとう   石原裕次郎
 霧のかなたに        黛ジュン
 夜霧のむこうに       西田佐知子
 霧にむせぶ夜        黒木憲

 昭和世代の人たちには懐かしい歌ばかりだ。

 そんな【霧】がよく発生するのが京都の亀岡盆地と九州の湯布院盆地。
 これが世界ではとなると、ロンドンとサンフランシスコだろう。

 1962年
 I Left My Heart In San Francisco
 これはトニー・ベネットの歌、その時の邦題は「霧のサンフランシスコ」
 しかし、今は原題に近い「思い出のサンフランシスコ」となっている。


 I left my heart in San Francisco
 High on a hill, it calls to me
 To be where little cable cars climb halfway to the stars

 『 The morning fog 』  may chill the air, I dont care
 ……♪

 『 The morning fog 』 : 朝霧が冷たいけど、私はかまわないわ
 1960年代の日本人の皆さん、余程【霧】が好きだったのか、この一説から当時の日本人は邦題を「霧のサンフランシスコ」としたようだ。

 そんな【霧】ブーム、また近々に復活して、人たちに哀愁を呼び起こしてくれることだろう。
 こんな予感がするのだが……。
 なぜならば、今のアベノミクス時代が、景気活況へと躍進した1960年代にどことなく似ているような気がするからだ。


29−(2) 【六】

 【六】、小さなテントの形だとか。
 これを積み重ねた字があり、(むつ)と言う。その音から数の【六】(むつ)の意味になったようだ。

 【六】は整数、多くの言葉に使われている。
 例えば、五感を越えた知覚の第六感。
 また金沢の兼六園。
 この【六】は宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望であり、この六つを兼ね備えた庭園だそうな。

 そして、六書(りくしょ)という書物がある。
 漢字の「偏」は意を表し、「つくり」は音を表すというルールがある。
 その上に、漢字の成り立ちを次の六種類に分類。その書物が六書だ。

 (1) 象形
      物の形の字形
             ── 日・月・山・木・耳・川 ──
 (2) 指事
      位置や状態の概念、その字形の組み合わせ
             ── 上・下・凹・凸・本・末 ──
 (3) 形声
      意味を表す意符と音を表す音符との組み合わせ
             ── 江・草・河・銅 ──
 (4) 会意
      象形と指事の組み合わせによって、新しい意味を表す
             ── 岩・信・武・林・炎・家 ──
 (5) 転注
      用字法の一つ、しかし定説はない
 (6) 仮借
      他の同音・類字音の字を借用
             食物の器の意の「豆」を、穀物の「まめ」
             矛の一種の「我」を、「わたし」の意に

 という具合に、【六】という漢字、とにかく五臓六腑に沁みわたる。


29−(3) 【午】

 【午】、杵(きね)を上下に動かす様の象形だとか。
 読みは(ゴ、うま)で、杵の動きのように、折り返しの意味がある。そこから十二支の7番目の「馬」となる。

 一方よく似た字の「牛」、これは「うし」を前から見た形。
 真ん中の一本が少し上へと突き出ただけで、「うま」と「うし」の違いがあるから驚きだ。

 【午】の方位は南、子(ね)は干支で「ねずみ」。その方位は北だ。
 これらを結んだ線が子午線、地球の北極と南極を通る大円となる。
 経線とも呼ばれ、日本の標準時は東経135度、明石市を通る。

 そんな【午】、さてさて午年生まれの人は……どんな人?
 一説によれば、いつも明るくほがらか、リーダーシップがあり、配偶者に恵まれるとか。
 そして連れ合いに合わせて、運は変わっていくらしい。

 されど、こんな解説ではちょっとピンと来ない。
 そこで午年生まれの有名人にお出まし願おう。
 田中角栄に小泉純一郎、石田純一と小泉今日子、浜口京子、そしてキム ヨナとなる。

 なるほど、なるほど、なんとなくこんなタイプだとイメージできるよね。
 それにしても皆さま、【午】
 いつも杵を振り上げていそうな人たちばかりで、メッチャ強そう!


29−(4) 【静】

 【静】、「青」と「争」が組み合わさった漢字。
 「青」は青丹から作られた絵具、器物を聖化させる。また「争」は鋤を持つ形。
 鋤を青色の顔料で清めることにより虫の害を防ぎ、安らかな実りとなる。ここから「やすらか、しずか」の意味になったとか。

 こんな【静】、「一人静」という花がある。
 イメージとしては……大変さびしそう。

 5月頃に、日本の各地の山地の日陰に高さ20センチほどの茎を直立させ、穂状に白い花を咲かせる。
 実に可憐だ。

 名前の由来は静御前から付いたそうな。
 確かに吉野の山で義経と別れた静御前、それ以降一人となった。
 そんなヒロインをイメージさせる花なのだ。

 では、この「一人静」を季語にして、俳句/和歌でもあるのかなと調べてみたが見つからない。
 これはひょっとすると、「一人静」を使えば、大穴俳句になるかもと一句詠んでみた。

 いずこにか 香りほのかに 一人静(ひとりしずか)

 めちゃくちゃ下手だけど、これぞ世界初の季語「一人静」の俳句だぞ。
 と、騒ぐのは【静】に失礼かな。


29−(5) 【兆】

 【兆】、亀の甲を灼いて占う時、左右にひび割れた形が表れる。その象形だそうな。
 占うから「きざし」となるとか。

 そして数字の世界では【兆】(ちょう)、最近馴染み深い。
 1,000,000,000,000と10の12乗、1億の1万倍だ。

 最近の米国、金融緩和の縮小を目論んでいるが、なかなか踏み切れない。
 縮小したとしても日本円で毎月8兆円、1年で100兆円分のドル紙幣を増やし続けている。
 1兆円は日本人の人口が1億人としたら、100兆円は一人当たり100万円の規模だ。
 これを続ければバブル、きっとバブルへの道を突き進んでいるのだろう。

 話題は飛ぶが、
 北斗七星のしっぽの先から二番目の星・ミザール、その傍にアルコルという変光星(明るさが変化する星)がある。
 別名「死兆星」と呼ばれている。伝説の不吉な星だ。

 昔、この星が見えるかどうか、兵士の視力検査に使われた。
 この死兆星、今ではゲームの中によく現れ、ゲーム好きにはお馴染みのようだ。

 こんな【兆】もあるが、やっぱり願いたいのは「吉兆」しかない。


29−(6) 【窓】

 【窓】、元の字は「窗」、ウ冠の屋根に「まど」を開けた形だとか。

 そんな【窓】に、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した割れ窓理論がある。
 割れてる窓を放置しておくと、その内誰も気を遣わなくなり、やがて他の窓もすべて割れてしまう、というものだ。
 つまりちょっとしたことであっても、すぐに対策を取らないと住民のモラルは低下し、軽犯罪が増える。
 そして凶悪犯罪が起こる。

 アメリカの都市はこの理論に従い、軽微な秩序違反を取り締まり、成果を上げているとか。

 この割れ窓理論、なにも犯罪撲滅だけのためではない。
 東京ディズニーランドでは、清掃や修繕、そして保全を徹底的に行い、従業員や来客のマナーを向上させることに成功しているとか。

 他にはこんな【窓】もある。
 「essere amato amando」
 ペンリン城の一室の窓に書かれてある落書きだ。
 ラテン語と思われていたが、実はイタリア語、意味は「愛する限り愛されたい」ということ。

 一体誰がこんな熱い想いを書いたのだろうか?

 さらに調査すれば、1880年頃、実業家の娘・アリスがこの城に住んでいた。
 アリスは庭師の男性と恋に落ち、父にこの部屋に幽閉された。そして男と別れさせられた。
 まさに悲恋だ。

 しかし、アリスはその思いを【窓】に、「愛する限り愛されたい」と走り書きした。
 乙女の恋のせつなさが150年の時を超えて伝わってくる。

 そんなあれやこれやの【窓】、近年になってからは「Microsoft Windows」になったりで、古今東西大活躍の漢字なのだ。



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/07/01 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

【窓】のアメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングの話が興味深かったです。
すぐに対策を取らないとモラルが低下するって、確かに、そうだと思った!


14/07/01 草愛やし美

鮎風遊様、拝読しました。

連載お疲れ様です。いよいよ、29にもなりましたね。霧は、全く関係ないですが、あのサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジはてっきり金色だとばかり思っていた私。訪問した際に赤い姿の橋を見て、驚愕しました。霧は全く出ず、ロマンティックでない夏場でしたっけ。夏なのに寒くてまたまた驚きました。慌てて上着をフィッシャーマンズワーフで購入したことは今もよい思い出になっています。

恐るべし「六」ですね。全く目から鱗ぼろぼろでした。そういえば、仏教用語で「六道」という世界観がありましたか、「六」は深いものなのですね。

あらまあ、我が下の息子は「午年」です。いいのかしらん(-_-)ウーム ちなみにその父親は「牛」ですねん。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

そういえば、昔は静を使った名前が結構見かけましたが、最近は見ないですね。現代女性は、静より動だからでしょうか。苦笑

一千万も一億のお金も見たことのない私。一兆ってどんくらいあるんでしょうねえ。そんなことしか考えなかった私って。大汗(; ̄ー ̄川 アセアセ 吉兆はお料理屋さんとしか……ヽ(;´Д`)ノあちゃ〜

窓と言えば、家をリフォームしていますが、窓に窓をつける工法は素晴らしいと思います。省エネ効果抜群です。夏は涼しく、冬は暖かく。金額も比較的お安いので、お勧めです。――決して、建築関係の会社と関係ないですけど。笑

今回もたくさん勉強できました、ありがとうございました。





14/07/02 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

【窓】、そうですね、いつぞや中学が荒れた時、
窓は割れっ放しでした。

モラル低下を防ぐ原点だと思います。

14/07/02 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

そうですか、午と牛、ややこしいですね。
吉兆、確かに料理屋、だけど目が飛び出るほど高級ですね。

いつもたくさんのコメント、ありがとうございます。
反対に勉強させてもらってます。

ログイン