1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載28

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

漢字一文字の旅 連載28

14/06/20 コンテスト(テーマ):第三十三回 【 自由投稿スペー ス】 コメント:4件 鮎風 遊 閲覧数:1615

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。


連載28 冬 寒 華 悪 命 馬

28−(1) 【冬】

 【冬】、上部は編み糸の末端を結びとめた形であり、下部に氷りを加え、「ふゆ」の意味になったとか。

 ♪ 春が来た 春が来た ♪
 こう歌えば誰しも浮き浮きする。

 しかし、高村光太郎、余程【冬】にこだわりがあったのだろう、「冬が来た」と詩を書いた。

  きっぱりと冬が来た
  八つ手の白い花も消え
  公孫樹(いちょう)の木も箒(ほうき)になった

  きりきりともみ込むような冬が来た
  人にいやがられる冬
  草木に背かれ、虫類に逃げられる冬が来た

  冬よ
  僕に来い、僕に来い
  僕は冬の力、冬は僕の餌食だ

  しみ透れ、つきぬけ
  火事を出せ、雪で埋めろ
  刃物のような冬が来た


 人にいやがられる冬、それを餌食にしてやると、なんと力強い詩だろうか。
 しかし、ちょっと……火事を出せって、おいおい、大丈夫か?

 いずれにしても、寒さは辛い。
 早く ♪ 春が来た 春が来た ♪ と歌いたいものだ。


28−(2) 【寒】

 【寒】、上のウ冠を含めて三分割される。
 ウ冠は屋根、中段は草の意味。そして下部は氷。
 この組み合わせで、家の中で草を敷き詰めて、寒さを凌ぐ。そんな状態が「寒い」ということらしい。
 なるほど、【寒】とはそういう事態を言うのかと、納得。

 では、世界で一番寒い村はどこか?
 それはロシア東シベリアのオイミャコン、マイナス71.2度(ギネス認定)を記録した。
 約900人が住んでるらしいが、その極寒の中で、一体どんな暮らしをしているのだろうか?
 とはいっても、夏は夏で30度の暑さなのだ。その差、70度、冬は毛皮で夏は水着ってことかな?
 うーん、まことに忙しいことだろうなあ。

 こんなことを考えていたら、最近報道があった。
 南極で、マイナス93度が観測されたと。
 これが地球上で観測された最低気温だそうだ。
 それにしても一体どんな寒さだろうか?
 されども、きっと我が財布より暖かいだろう。

 とにかく【寒】、割に極寒は身近にあるようだ。

 参考: オイミャコンのYouTube動画がありました。
 http://www.youtube.com/watch?vQfSnJUXI8B8


28−(3) 【華】

 【華】、まさに花が美しく咲き乱れている形だそうな。
 確かに【華】、その通り見場が華やかだ。

 そんな【華】、栄華栄耀、豪華絢爛などいろいろな四字熟語を作る。
 その中でも、拈華微笑(ねんげみしょう)、
 釈迦が華を指で摘まんだ。すると多くの弟子の中で迦葉だけが意味を理解したと納得し、微笑んだ。
 それに応えて、釈迦は迦葉に仏法の奥義を授けた。

 こんなやりとりを言葉を換えて言えば、あうんの呼吸、いや、以心伝心ということだ。
 とは言え、釈迦が花を摘まんだ時、弟子の迦葉は何を理解したのだろうか?
 その何かが知りたい。
 ということで、いろいろ調べてみたが、答えが見つからない。

 だが、説はあった。
 釈迦が「これは、ありのままの華だよ」と言いたかったとか。
 それを迦葉は……「その通り、華ですね」と微笑んだとか。

 こんなん誰でもわかってまんがな。
 釈迦が摘まんだのは華だと。

 いずれにしても【華】という漢字、こんな単純な拈華微笑でも【華】となる。


28−(4) 【悪】

 【悪】、上部の「亜」は地下の墓室の形で、死者が住むところ。それに「心」が付いて、忌み慎む意味となったとか。
 そこから憎悪となり、後に「わるい」となったそうな。

 女がこの【悪】を冠にしたらコワーイ……悪女。
 その悪女の中でも、飛び切り恐いのが世界三大悪女。
 その女性たちとは、メアリー1世(イギリス)、江青(中華人民共和国)、エレナ・チャウシェスク(ルーマニア)だとか。

 まずメアリー1世、プロテスタントを迫害し、300人以上を処刑した。そのためブラッディ・メアリー(血まみれのメアリー)と呼ばれた。そして死後200年間、迫害から解放された祝日とされてきた。

 江青(こうせい)は毛沢東の4番目の夫人、文化大革命を主導し「紅色女皇」と呼ばれていた。
 ケ小平を失脚に追い込み、周恩来の追い落としも計った。毛沢東の死の直後に、「四人組」の1人として逮捕され、無期懲役となったが、最終的に自殺する。

 エレナ・チャウシェスクはルーマニアの元首であったニコラエ・チャウシェスクの妻。
 夫の独裁政治を支え、江青のようになるように望んでいたとか。
 法律でもって、女性は5人以上の子供を産むことを強要したりした。
 6万人の虐殺で、最終的には銃で処刑された。

 恐い恐い世界三大悪女、ならば日本の三大悪女は?
 北条政子と日野富子、それに淀殿だそうな。

 同じ【悪】でも、みなさん可愛いし……、日本に生まれて良かったと思う。


28−(5) 【命】

 【命】、神のお告げを受ける人の形の「令」と、祝詞(のりと)の入った器の「口」とが組み合わさった漢字だとか。
 ここから神から与えられるものが【命】なのだ。

 ♪♪
  いのち短し 恋せよ少女(おとめ)
  朱(あか)き唇 褪(あ)せぬ間に
  熱き血潮の 冷えぬ間に
  明日の月日は ないものを

 これは「ゴンドラの唄」、大正4年、劇団 ・芸術座公演の『その前夜』における劇中歌。
 それを黒沢明は映画「生きる」のラストシーンで、余命幾ばくもない市役所の課長に、小雪舞う中、ブランコに乗りながら歌わせた。

 確かに思う──いのち短し 恋せよ少女(おとめ)──だと。

 さらに、ここにベートーヴェンの言葉がある。
   私にはどんな障害をも乗り越える決心がある。
   何人に対しても、臆することなく力比べができる。
   私は「運命」の首を絞めてみせる。「運命」には絶対伏しない。
   生きるということは、なんて美しいことなのだろう。

 運命、我々は神から与えられた【命】をコントロールできない。
 しかし、ベートーヴェンはこんな思いで、交響曲第5番「運命」を作曲したのだろう。
 だから、いのち短し 恋せよ少女ってなものではなく、「運命」の首を絞めてみせると、ダダダダーンで始めたのかな?

 いずれにしても凡人にとっては――【命】あっての物種、
 【命】が付く漢字、「寿命」を大事にしたいものだ。


28−(6) 【馬】

 【馬】、まさしくたてがみのある「うま」の形だそうな。

 モリンホール、モンゴルの民族楽器だ。
 二本の弦の擦弦楽器で、棹の先端部分が馬の頭の形をしている。
 モンゴル語で「馬の楽器」であり、日本語では「馬頭琴」(ばとうきん)と呼ばれている。

 そんなモリンホールには「スーホの白い馬」という言い伝えがある。
 遊牧民の少年スーホは、ある日、白い子馬を拾い、大切に育てた。
 それから数年後、王が競馬大会を開いた。目的は姫の結婚相手を探すためだ。
 スーホは成長した白馬に乗馬し参加した。そして見事に優勝した。

 しかし、王は貧しいスーホに姫を結婚させなかった。その上に、スーホにはたった三枚の銀貨を渡し、白馬を取り上げてしまった。

 その後、王は祝いの宴を催したが、白馬は矢を体中に射られながらも、スーホのもとへと逃げ戻ってきた。
 瀕死の状態の白馬、スーホの看病むなしく逝ってしまう。
 スーホはこれが無念で、幾晩も眠れない。しかし、ある夜夢を見る。

 その夢の中で、愛馬はスーホに告げる。
 自分の亡骸で楽器を作れと。

 これに従って作られたのがモリンホール(馬の楽器)、馬頭琴だ。

 【馬】という漢字、とにかく世界中に伝説や格言が多くある。
 そして、2014年の干支は【馬】、いろいろと新しい物語が生まれることだろう。



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/06/22 草愛やし美

鮎風遊様、連載お疲れ様です。今回も楽しませていただきました。目から鱗ボロボロもある、「漢字一文字の旅」です。

高村光太郎さん、冬の覚悟でしょうか、東北辺りに住んでおられた時の詩なのでしょうか。冬も違った目で見られました。いやびっくりしました。

シカゴでマイナス25度くらいまでは、体験しましたが、71度とか93度は、業務用冷凍庫でも、せいぜいマイナス40度くらい(息子は仕事柄、毎日入っていますが)のもの、よく生きておられると思いますねえ。

華も、中ほどの華は最近、日本も含め、東南アジアで不穏な動きをしていて怖いです。いい意味があるのに、残念ですね。お料理は、大好きなんですけどねえ、中華特に、四川系好きです。華といえば、それしか思いつかない私でした。苦笑

悪女、最近では保険金をだまし取って、次々と殺し逮捕された結婚詐欺師いましたよね、めちゃ綺麗な女かと思ったら……、マスコミが騒いでましたね。思わず、画面を食い入るように見入った私です。←ミーハーの阿呆やん

黒澤監督の、「生きる」の名場面、あれは歌が良かったですね、印象にとても残りました。私は、寿命つきるまで、下手の横好きですが、創作続けられればと願っています。

馬頭琴にそのような悲しい物語が……、ということは、表面に馬の皮が張ってあるのでしょうか? 想像(∇〃)。o〇○♪ 色は白いのかなあ〜〜。今年は、午年、息子は年男、跳ね回ってアルゼンチンまで行ってしまいました。苦笑

ますます連載が継続されますこと願っています、ありがとうございました。


14/06/24 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

高村光太郎の詩、衝撃的ですね。
やっぱりスゴイかな。

馬頭琴、この楽器にモノガタリがあったのですね。
なかなか面白いかな。

よろしく。

14/06/28 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

「ゴンドラの唄」は有名ですよね。
やっぱり乙女と呼ばれる時は短いです。

後は女 ⇒ おばさんですわ。
たぶん、女性に取って「おばさん」と呼ばれる時期が一番長いかも。

14/06/29 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

一瞬の紅顔の美少年。
20歳過ぎれば、あとはオヤジかオッサンですわ。


ログイン