1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載27

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

漢字一文字の旅 連載27

14/05/31 コンテスト(テーマ):第三十二回 【 自由投稿スペー ス】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:1433

この作品を評価する

 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。


連載27  無 線 非 偽 蔦 葉

27−(1) 【無】

 【無】、象形で元々は舞う人の形だとか。
 その舞い始めの時間が止まった瞬間、何もない状態を【無】とも言われている。

 そんな【無】、無理、無駄、無能と多くの熟語を作る。
 だが、その中でも最近気になるのが「無茶苦茶」。
 語源は客が来ても、茶も無く、出てきたとしても苦い茶。要は無茶苦茶。

 だったら滅茶苦茶は?
 これがよくわからない。
 滅びた茶、要は腐ったような茶が出されたのか?

 他に「無味無臭」、この言葉を気に入ってる。
 化学物質では「H2O」、水だ。
 えぐ過ぎる味と悪臭で生きてきた我が幾星霜。残る生涯は滅茶苦茶でなく、無味無臭で生きて行きたい。

 そんな【無】に憧れる今日この頃だ。


27−(2) 【線】

 【線】、糸偏に「泉」。
 「泉」は崖から流れ落ちる水の形だとか。その細い筋を【線】というそうな。
 これが英語では「line」(ライン)。

 そんなライン、無料通話/無料メールが最近大賑わい。
 スマートフォンやパソコンで、複数の人たちとのチャットやグループ内だけのコミュニケーションができる。
 またメールは絵文字でなくオリジナルスタンプと言われる絵、イラストを貼り付けての会話。
 いよいよ文字は不要となってきた。

 そんなLINE(ライン)、便利だがグループ内での虐めやシカトもあり、犯罪も起こり、社会問題にもなっている。
 この先、どう進化して行くのだろうか? 興味津々かな。

 そして、これを運営しているのがLINE株式会社。ハンゲームジャパン(株)からNHN Japan(株)となり、2013年4月に現商号となったようだ。
 社員数約650名、資本金125億円の時代の最先端を走る会社だ。
 しかし、未だ未上場。だが最近2014年夏に東証に上場するとニュースが流れた。
 これによりラインに絡む銘柄が噴き上がった。しかし、会社発表では「現段階では決定の事実はない」と否定報道された。
 これでマーケットは右往左往、いや悲喜こもごも。

 いやはや、事ほど左様に【線】という漢字、いろいろ縺(もつ)れながらの水の細い筋を引くということか。


27−(3) 【非】

 【非】、左右に歯が並んだすき櫛の形だとか。
 うん、確かにこれはわかり易い。
 そして昔、この櫛を非余(ひよ)といった。

 それがなぜ「あらず」の否定の意味になったのだろうか?
 一説によれば、【非】は左右互いに背を向けいるから。そこから「そむく」→「あらず」に。

 そんな【非】、非常識、非公開、非常勤などいろいろな熟語を作る。
 そして最近よく使われる四字熟語が「是々非々」(ぜぜひひ)。
 正しいこと(是)は正しい、正しくないこと(非)は正しくないと認める意味だ。
 しかし、正しいとしていることが最初から間違っていたら、これは……えらいこっちゃ。
 「是非非是」という反対バージョンの四字熟語があっても良さそう、と老婆心ながら思ってしまう。

 そして【非】、他の漢字と組み合わされて「罪」、「悲」、「扉」などと多くある。
 さてさてここで、魚に非ずの「鯡」って、何?

 そう二つに身を裂いて食べる「二身」 →→ ニシンなのだ。
 で、なぜニシンは魚に非ず?
 アイヌの人たちはニシンを米だと言い伝え、また米の獲れない貧しい江戸時代の松前藩、年貢はニシンだったそうな。
 だから、ニシンは魚に非ずであり、「鯡」の漢字になったとか。

 とにかく【非】という漢字、他の字と組み合わさって歴史をも背負ってきたことになる。


27−(4) 【偽】

 【偽】は人偏に「為」。この「為」は「手」と「象」を表し、【偽】は人が象を手なずけるさまを表しているとか。
 ここから人の作為により姿形を変える意味だとか。
 したがって【偽】(にせ)という言葉には従来変化だけの意味で、悪い意味はなかった。

 しかし、最近世間は大騒ぎ。一流レストランの当事者側はメニューの誤表示だったと主張を繰り返すが、それは偽装だと問題となっている。
 その一例がバナメイエビを芝エビとメニューに書いていた。
 バナメイエビの仕入れ値は1kg1400円、芝エビは2500円、倍ほどの価値に偽っていたということだ。

 バナメイエビはクルマエビ科、体長200mmほどでメキシコからペルーの東太平洋の海洋で獲れる。
 またタイやインドネシアで養殖され、大量に輸入されている。
 食感はプリプリ、日本人好みだ。

 一方、芝エビは同じクルマエビ科、体長は150mmまで、内湾の泥底に生息する。
 食感は……、うーん、食べたことがないので、わからない。すいません。

 いずれにしても、「海老で鯛釣る」でなく、「海老で客釣る」ということか。
 それにしても【偽】という文字が、右部の「為」は象ではなく、エビに見えてくるから不思議なものだ。


27−(5) 【蔦】

 【蔦】、草冠に「鳥」でツタ。調べてみたが、なぜツタなのかわからない。

 そんな【蔦】、紋となれば、かたばみ、蝶と並び女性が好むバスト3に入る。いわゆるこれが八代将軍・徳川吉宗が用い始めた蔦紋だ。
 ツタは他の樹木や建物に絡まり茂る。秋には紅葉し美しい。
 したがって女紋として好まれてきたようだ。

 そんな【蔦】、英語では「 ivy 」(アイビー)と言う。
 よく耳にする言葉にアイビーリーグ ( Ivy League )がある。それはアメリカ東部のエール、ハーバードなどの名門私立八大学であり、そのスポーツ連盟だ。
 きっと古い校舎にツタが絡まっているのだろうか、それとも八大学すべてが茂り繁栄を続けているからなのか、そこからアイビーリーグと呼ばれるようになった、……かな?

 とにかく【蔦】、このような話題はあるが、【蔦】を含めた漢字熟語がまったくない。
 どうして?
 あっても蔦屋書店、それもローマ字のTSUTAYA。

 ということで、結論、
 【蔦】は樹木や建物に絡まるが、他の字には一切絡まらない孤高な漢字なのだ。


27−(6) 【葉】

 【葉】、草冠の下の部は木に新しい三本の枝が伸びてる形であり、草冠で木の葉となったとか。
 そんな【葉】、秋となると赤や黄に色づく。まことに美しい。
 その「秋の夕暮れ」を下の句にした有名な三句・三夕(さんせき)がある。

 寂しさは その色としも なかりけり 槙(まき)立つ山の 秋の夕暮れ (寂蓮法師)
 心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ    (西行法師)
 見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ     (藤原定家)

 それにしても、いずれももの哀しい。
 さてさて、こんな秋は遠慮して、「天高く馬肥ゆる秋」を兼ねて、紅葉狩りにでも出掛けたい。
 早速、どこへ? となるが、日本人が訪ねたことがある紅葉名所は、嵐山、日光、箱根、香嵐渓、京都東山、十和田湖の順だとか。
 えっえー、香嵐渓と十和田湖はまだ行けてない。
 おいおい焦らすなよと言いたいが、日本に居座る秋雨前線が去ってしまえば──

 秋の夕日に照る山もみじ
 濃いも薄いも数ある中に
 松をいろどる楓(かえで)や蔦(つた)は
 山のふもとの裾模樣(すそもよう)

 さあ、出掛けてみよう、まずは近場の紅葉狩りに。
 こんな覚悟、春夏秋冬、一年中しておく必要があるかな。




コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/05/31 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

私は【蔦】では、蔦屋書店ってイメージしちゃいます。

何しろTSUTAYAは枚方市が発祥の地です。

14/06/01 草愛やし美

鮎風遊様、連載継続素晴らしいです。拍手

ニシンは米でしたか、それほど獲れたのでしょうね。あっ、そうかあの数の子って米っぽいかもですね。昔、私の亡き両親の時代には、数の子は山ほど獲れたそうですね。今や、ロシア産とか、カナダ産とか、そんなところばかりです。そういえば、雲丹もチリが主流、蛸はモーリタニア。行ったこともない地域のものを食べている不思議、バナメイであろうと、芝であろうと、わからない日本人。産地にここまでこだわるのは、世界中でも珍しいとか、海老はエビでいいじゃないかと思いますね。食べられれば何でもよい草です。無は非を越えますから、無いよりは、非なるものでも、偽でも可でしょう。――って、蟹かまぼこって日本からの大ヒット輸出品らしいですよ。あれは名作かも。

わたしゃ、ツタヤに行ったことが4回ほどしかないという希少な人です。はいな〜〜。

14/06/02 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

そうなんですか、枚方ですか。
岡田君のヒラパーにTSUTAYA、めっちゃ価値あり都市ですね。

14/06/02 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

数の子、小さい頃正月に友達の家におよばれに行ったら、
どんぶり鉢に数の子がてんこ盛りで出てきたのを覚えてます。
あれは米って感じでした。

蟹かま、大好物です。
最近はより進化し、本物の味はよく知りませんが、もう越前ガニですわ。
その食感は感動ものです。

TSUTAYAは行くのに波があるのですよね。
24にはまった時は通ってましたが、最近は遠のいとります。
何か面白いシリーズもの、ないかな?

14/06/03 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

ありましたね〜食品偽装事件。
ブラックタイガーもバナエイエビも味の違いなどわからないから
お高い芝海老でなくて全然構いません(笑い)
ああ、でも伊勢海老だけは別格かな。もう何年も食べておりませんが。

14/06/06 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

はい、ありました。
もう遠い昔のこととなりましたが。

伊勢エビですか、
値段の割には身が少ないようでして、あまりお得感ないような、
食べてないのでわかりませんが。

ログイン