1. トップページ
  2. 天上の妖精

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

5

天上の妖精

14/05/20 コンテスト(テーマ):第五十七回 【 私を愛したスパイ 】  PRIVATE:I’S賞 コメント:11件 鮎風 遊 閲覧数:2047

この作品を評価する

「星が煌めいているわ。ここでも宇宙が近くに見えるのね」
 陸がオフィスビルの屋上で何気なく夜空を眺めていると、背後からさりげなく囁かれた。だが、あまりにも唐突で、心臓がドキンと打つ。その驚きを隠し、陸が振り返ると、そこにはスラリと背の高い女が立っていた。

 最近世界は緊迫状態が続いている。陸は国家機密機関に勤める情報部員。昼夜を問わず情報収集に追われ、今夜も徹夜になりそうだ。そんな中息抜きにと屋上まで上がってきた。
「星から星へと、もし旅できたらいいですね」
 女はこのビルのどこかに勤めてるのだろう、ここは当たり障りなく、それでも少しキザに返してしまった。これに女はフフフと意味ありげに笑う。
 それにしても真っ白なワンピースを着こなし、そこはかとなく色香を放つこの女、決して国家うんぬんに関わってるようには見えない。

 独身の陸が可移羅志(かいらし)という風変わりな名を持つこの女に出逢ったのは、1年前の夜だった。
 神のお導きなのか、それともオフィスラブ禁止への抵抗なのか、その後二人は屋上デートを重ねた。されども陸は公務員、自制が働いたのだろう、女が働く部署さえしばらく訊かずにいた。しかし、可移羅志のことをもっと知りたい。そして軽く、何階にいるのと尋ねた。すると可移羅志は――713階、ナイミツよ、と。
 このビルは40階そこそこの高層だ。それにも増して桁外れのナイミツ階とは、陸は二の句が継げなかった。

 それから1週間、可移羅志は姿を見せない。嘘か真かわからないが、陸はナイミツに行ってみようと無人エレベーターに乗り込んだ。もちろん713のボタンなどはない。だがカラクリがありそうだ。脳みそを絞り、そしてハタと気付いた。要は閉ボタンをシフトキーとして使い、7、1、3と押せばよいのだ。
 それを実行すると、驚くことなかれ、エレベーターはスムーズに上昇して行くではないか。
 やがて停止し、扉が開いた。そして、そこには標高03510mの表示があった。
 それにしても03510とは? これはお見事という駄洒落かよとズッコケながら、陸は廊下の先へと進む。
 すると風景が変わり、面前に冠雪の山々が連なる眺望が。また大地には真っ青なケシの花が咲き乱れてる。陸はきっとヒマラヤの麓にワープしたのだと推測した。そんなファンタジックな世界の中をしばらく歩き進むと、白い石を積み上げた家がある。そして門前で、可移羅志がこちらよと手招きをしてくれているではないか。
 これを目にした陸、決心した。出勤はここからエレベーターに乗って通えばよい。だから可移羅志とここで暮らそうと。

 可移羅志はこの男の熱い決断を受け入れてくれた。しかし入籍はできなかった。その理由は、可移羅志の弁によると、青いケシの花と同様、私は天上の妖精、それ故に無国籍なのと。それでも陸は幸せだった。ただ一つのことを除けばだが…。
 と言うのも、一緒に暮らし始めてから、可移羅志は機密情報を教えて欲しいと要求してきた。陸は女のねだりに負け、寝物語として漏らした。そして翌朝、可移羅志はどこかと交信してるようだ。
 これでも陸は国家公務員、己の行為を恥じ、可移羅志の電子情報へと侵入した。そして知ったのだ。

「地球破壊計画というファイルがあったのだが、これって、どういうこと?」
 陸は恐る恐る尋ねてみた。「そうよ、第三次世界大戦を勃発させ、地球を壊してから、私たち青ケシ星人が乗っ取るの、そんな策略よ」と可移羅志は悪びれる風もない。さらに「青ケシ星人の地球破壊計画に協力し、私への愛を貫くか、それとも私を捨て、人類を守るのか、陸はどちらを選択するの?」と詰め寄ってくる。これは予想だにしなかった展開だ。陸は思わず後退りをし、近くにあったナイフを握り締めた。
「私を愛したスパイ、それは宇宙人だったのか」
 こう絞り出した陸の言葉に、いつも柔らかな面持ちの可移羅志がキリリと身を正し、イエッサーと答えた。
 陸は迷った。可移羅志との愛をもっと育みたい、そのためナイフを投げ捨てようかと。それとも地球滅亡を目論む宇宙人を刺し殺してしまおうかと。
 一方可移羅志は、なぜか愛してしまった地球のオスの苦悩がどことなくわかる。そのせいか惻隠の情をもって微笑み返す。
 その瞬間だった、陸はナイフを高く振り上げる。そして…エイ! 雄叫びとともに、己の胸にナイフを突き立てたのだ。

 深紅の血が噴き上がる。
 可移羅志はすぐさま陸を抱きかかえ、天上の妖精の青い瞳を潤ませる。
「陸、あなたは自決を選択したのね、まさにまほろばの星の男の子だわ。私絶対にあなたを死なせないから。さっ任務を終え、私と一緒に出掛けましょ、星から星への、愛の旅へと」
 それからすぐの事だった。ヒマラヤの上空に天車が、つまりUFOが着陸態勢に入ったのだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/05/20 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

これはまた、妖艶な女スパイさんですね。
ミステリアスな美女のためなら、機密情報の一つや二つは・・・
売ってしまってもいいと思う男心もよーく分かります。

青いケシってきれいですもの。

14/05/20 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

エレベーターのからくり、青いケシ、宇宙を舞台にした壮大なスパイ作戦、
そして最後に陸は彼女との愛を選択したのですね。
もしかしたら新しい命を手に入れたのかなあ。

14/05/21 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。
妖艶かつミステリアス、こんなスパイに騙されてみたいです。

ヒマラヤの青いケシ、別名は「天上の妖精」です。
この間、植物園を訪ねたら咲いてましたので、
この青さに物語を重ねてみました。

14/05/21 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。
妖艶かつミステリアス、こんなスパイに騙されてみたいです。

ヒマラヤの青いケシ、別名は「天上の妖精」です。
この間、植物園を訪ねたら咲いてましたので、
この青さに物語を重ねてみました。

14/05/21 鮎風 遊

みなさまへ
上のコメント返し、エンターキーをポンポンと二度打ちしてしまいました。
申し訳ございません。


そらの珊瑚さん

エレベーターのからくりは鮎風流で、割に気に入ってます。
陸は蘇生し、今頃白鳥座辺りを可移羅志と旅してると情報が入ってます。
ベービーも出来たようです。

14/05/21 笹峰霧子

私を愛したスパイ、というとても私には書けないようなテーマですが、
みごとな展開のファンタジーの構想に驚きました。
絵画的にも美しい場面が散りばめられていて、アニメにしたらさぞきれいだろうなと思いました。

14/05/21 草愛やし美

鮎風遊様、拝読しました。

おお、この推理は素晴らしい。エレベーターの秘密の設定や、その場所設定など、大変興味深く読ませていただきました。面白かったです。
スパイを愛したオノコは、男らしかったのですねえ。大和男児ここにあり〜〜なんちゃって。笑

14/05/22 鮎風 遊

笹峰霧子さん

コメントありがとうございます。

アニメ、いいですね。
これでフォト音(on)小説でも作ってみますか。
よろしく。

14/05/22 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

オノコです。
苦悩の上に自決、それを宇宙の妖精が助けるファンタジーでした。

14/05/22 黒糖ロール

推理要素あり、イエッサーのくだりでギャグ要素あり、
いろいろありのお話として楽しませていただきました。
「かいらし」はやっぱ京ことばなのですかね。

14/05/23 鮎風 遊

黒糖ロールさん

コメントありがとうございます。

かいらし、そうなんです、京言葉では可愛いは「かいらし」なんです。
バレバレですんまへん。
好きなんです、可移羅志が。

陸がうらやましいですわ、一緒に宇宙の旅ができて。

ログイン