1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載26

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

2

漢字一文字の旅 連載26

14/05/18 コンテスト(テーマ): 第三十一回 【 自由投稿スペース 】  コメント:4件 鮎風 遊 閲覧数:1290

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。


連載26  漠 火 神 鰻 寝 時

26−(1) 【漠】

 【漠】、右部の「莫」は「暮」の元の字で、草と草との間に太陽が落ちていく形だとか。
 この「莫」は音読みで(ボ、バク)、そして訓読みで(な)いと読み、否定を表す。

 【漠】の代表的な熟語、「砂漠」がある。
 なぜ水を意味する「さんずい」が付いて、「砂漠」なのだろうか?
 それは水が「莫」(な)い所という意味、だから「砂漠」だとか。
 なるほど、たったそれだけのことだったのかと納得する。

 そして【漠】は、もともとはゴビ砂漠のこと。
 このゴビ、これは砂漠そのもののことで、ゴビ砂漠は「砂漠砂漠」と言ってるようなもの。
 こういう形態を畳語(じょうご)というらしい。
 幼子に「おめめ、いたいいたい」、「おめめ」も「いたいいたい」も畳語。

 こんな畳語のゴビ砂漠、中国のモンゴル地区にある。1600kmx970kmの世界四番目に大きい砂漠だ。
 夏は45度、冬は−45度まで下がる、まさに荒漠の地。
 そんなゴビ砂漠で、世界で最も過酷なマラソンが開催される。
 それは7日間で約250キロをラリー形式で走破するというもの。
 過酷そのものだ。

 そして参加料は3,300U$、約33万円。
 これも大変チャレンジャブルで厳しい。

 【漠】、水がないということで、それに纏わるものはすべて過酷なようだ。


26−(2) 【火】

 【火】、見ての通り燃える火の形だ。
 この【火】、二つ重なれば、「炎」(ほのお)となり、
 三つ重なり
      「  火
        火 火 」(エン、ほのお)、

そして四つ重なり
        「 火火
          火火 」(イツ、イチ)となる。

 火はどんどん燃え盛り、すべてを焼き尽くしてしまうという恐ろしい字だ。
 そして……
   ♪ 肥後は火の国よ 恋の国 ♪
 坂本冬美は「火の国の女」を歌い上げる。

 この火の国は肥国(ひのくに)、現在の長崎/佐賀/熊本を含む広い地域だ。
 昔、不知火(しらぬひ)に導かれ、天皇が八代県(やつしろのあがた)に上陸した。そのことから、その一帯が「火の国」と名づけられたと『日本書紀』に書かれてある。。

 だが現在、火の国と言えば、阿蘇山を中心に熊本をイメージする。
 そんな火の国の女は猛婦と呼ばれた時期があり、頑固で情が熱い。
 お付き合いはかけひきや遊びではなく、本音本気でなければならないと言われている。

   ♪ 惚れた女おなごを 抱きたけりゃ
     火傷かくごで
     抱かんとね 抱かんとね      ♪

 こう歌は続くが、火の国の女、【火】どころではない。
 まさに「 火火
      火火 」レベルなのだ。


26−(3) 【神】

 【神】、右部の「申」は稲妻の形だとか。
 それは天にある神の威光であり、そこから神の意味になったそうな。
 【神】という字の字源、意外と単純ないきさつだったようだ。

 そして……
 日本は自然のものがすべて神、八百万(やおよろず)の神の国。
 山に森に川、そして滝にほこら……などなど、すべてが神。
 そして最近ではトイレの神さま、信号機を上手に操る信号の神さままでおられる。日常の生活で、神さまたちに随分とお世話になっている。

 そんな神さまたちだが、時々いたずらをされる。
 それは神隠し。

 荻野千尋(おぎの ちひろ)は10歳の少女。
 夏のある日、両親と引越し先の町に向かう途中、奇妙なトンネルを見つける。
 そこを歩いて抜けると、そこに草原が広がっていた。
 こんな忘れられないシーンから始まる宮崎駿のアニメ、「千と千尋の神隠し」
 そこには不思議な世界があった。

 さらに時代を遡ってみよう。
 遠野に纏わる民話を編集した『遠野物語』(とおのものがたり)がある。
 柳田國男は天狗、河童、座敷童子の他に、神隠しについて綴った。
 その中の一つに、こんな話しの紹介がある。

 遠野の裏町に、こうあん様という医者があって、美しい一人の娘を持っていた。
 その娘はある日の夕方、家の軒に出て表通りを眺めていたが、そのまま神隠しになってついに行方が知れなかった。
 それから数年の後のことである。この家の勝手の流し前から、一尾の鮭が跳ね込んだことがあった。
 家ではこの魚を神隠しの娘の化身であろうといって、それ以来いっさい鮭は食わぬことにしている。
 今から70年ばかり前の出来事であった。
 短文ではあるが、どことなく郷愁を覚えるから不思議だ。

 このように【神】に纏わる物語は、天にある神の威光のせいか、いつも神々しいのだ。


26−(4) 【鰻】

 【鰻】は、ウナギ。
 右部の「曼」という字は、頭に深く被る頭巾に手を掛けて引き、目があらわれる形。そこから婦人の目が長く、美しいことを意味することとか。

 この優雅な「曼」に「魚」が組み合わさって、【鰻】(うなぎ)。
 川底の穴からにょろっと出てきたウナギ、流し目で美しいということか。
 そういえば、蒲焼き前のウナギの目、どことはなしに憂いがある……ように見えるが。

 そんなウナギ、日本で年11万トンが消費されている。
 しかし、太平洋のマリアナ海溝生まれのニホンウナギの稚魚・シラスウナギ、その漁獲量が激減している。
 それにより鰻丼も鰻重も高騰の一途。いや、ウナギ登りだ。
 早く完全養殖できないかと願うばかり、そんな昨今だ。

 しかし、待てない。
 そこで最近注目されているのが、ナマズの蒲焼き。
 かっての江戸時代、ウナギもナマズも夏場の大事な栄養源、いずれもよく食べられていた。
 しかし、ある店で、ウナギが売れず、店主が蘭学者の平賀源内に相談した。
 当時言われてた。土用の丑の日に「う」の字がつく物、例えば梅干しや瓜を食べると夏負けしないと。
 そこで源内は店主に「土用の丑の日は鰻」と張り紙させた。これで店は大繁盛となり、そのキャッチフレーズが現代にまでも影響を与えている。

 されども鰻丼高騰の折、この習慣をひっくり返そうと、ナマズの蒲焼きキャンペーンが始まった。
 で、お味の方はどうかということだが、鯰丼、まったく鰻丼と見極めがつかないほど美味しいとのこと。
 どんなものかナマズの蒲焼き、一度食したいものだ。

 「鯰」は英語で「catfish」、いわゆる「猫魚」。
 そして【鰻】という漢字、婦人の目が長く、美しいという意味。
 一体どちらが美味かな?


26−(5) 【寝】

 【寝】、元の字は「夢」という字と夢魔に襲われていることが組み合わさってできているとか。そこから「ねる」の意味になったそうな。
 しかし、悪夢じゃたまったものじゃない。
 そこで【寝】を楽しみながら、旅のロマンを満喫する。こんなことが最近流行り、身近に実現しつつある。

 それは豪華寝台特急。
 大阪発札幌行きのトワイライトエクスプレス。22時間かけて、日本海沿いに走り行く。まさに夢の中のジャーニーだ。

 また上野発札幌行きのカシオペア。
 これも同様、車窓から流れ行く風景を眺めながら、優雅なスイートルームで愛する人とくつろぐ。もちろんディナーはボルドーの赤ワインに本格フランス料理。まさに至福の一時だ。

 そして……お待ちどおさま。
 いよいよ日本版オリエント急行の幕開けだ。
 『ななつ星 in 九州』、クルーズトレインが2013年10月からスタートした。
 1泊2日コースと3泊4日コースが用意され、週1回ずつ運行されているとか。
 九州を豪華寝台列車に揺られ、ゆったりと一廻り。途中駅で停車すれば、温泉にもつかれるという。
 これに続けと、JR東もクルーズトレインを2016年に運行を開始すると発表した。
 10両編成で、ダイニングにラウンジ、そして1両当たり2、3室の客室、他に2スイートルームなどで構成されるとか。

 こんな極楽のような豪華寝台列車、人生に一度で良いから、至福の【寝】を味わってみたいものだ。


26−(6) 【時】

 【時】、「日」は太陽の形、中に中身があるから線を加えた。
 それに「寺」、なぜ「寺」なのだろうか?
 【時】は、「寺」でものを時間的に持ち続けていることを意味し、そのことが【時】ということだそうな。

 一方、「持」という字がある。これは「寺」がなにか物理的に持っていることであり、これが「持つ」ということだとか。
 「寺」に絡んだ似たような字源があるものだ。

 さてさて……
 『うかうか三十きょろきょろ四十』としている内に、歳月人を待たず。
 光陰矢の如しで、気が付けば十年一昔となっている。
 さらに、昨日は今日の昔と時は流れ、髪に白いものが混じる。
 そして知るのだ、人生は白駒(はっく)の隙(げき)を過ぐるが如しと。

 小学生の頃、夏休みは永遠に続き、終わらないと思えるほど長かった。
 しかし、最近は一週間。いや一ヶ月。いやいや一年が、猛烈な速さで飛んでいく。
 年を取ると時が経つのが速い。これは一体どういうことなのだろうか。
 ネットで検索すると……、年を重ねると、その日常生活は知ってることや経験したことばかり。
 そこには驚きや感動がないため、記憶に残ることもなく、あっという間に時は流れ去って行くのだ、と説がある。

 そして、さらに訓示まで。
 時の流れを遅くするためには、驚きや感動のある日々を送れ。つまり日々一喜一憂し、ハラハラと暮らせと。
 【時】という漢字、「寺」が付いているだけに、纏わる話しの解釈も説法めいている。

 しかし、もうやってまっせ、毎日。
 最近の株の乱高下、一喜一憂のハラハラ生活を。
 されども――【時】は超特急ですがな。
 どうしてくれんねん!



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/05/20 草愛やし美

鮎風遊様、お疲れ様です、今回も楽しく拝読させていただきました。

漠の莫は「なし」とおう意味合いなのですか、なるほど、ケモノへんつくと、獏、いないわなあと感心しました。
八百万の神様、近年でも、「トイレの神様」で印税をしこたまもたらされた幸せな歌手さんがおられましたよねえ。神様は、たまには庶民みなに等しく分け前をと思ってしまった私です。こんなこと書いているときっとお咎めがあるやもと、辺りをきょろきょろうかがいながらコメント書いています。苦笑
鰻、お高くなりましたねえ。あの中国産でさえ今や買えない我が家です。先日、鰻もどきが市場で売られていましたよ。たぶん、かまぼこっぽいものかなあとチラ見しました。いえ、買いませんよ、鰻は鰻でしょうから、代用品はないかと。鯰に頑張って貰ったら、もしかして、地震の予知ができるようになったりして……、売れますぞ、これなら。
そういえば、私は乗ったことないのですが、昔、ツアーでご一緒したご夫婦が、トワイライトには中年夫婦では、乗るものじゃないと話してくれました。「会話がなくってあれはあきまへんよ」と旦那さん。奥さまも、「そうなんですよ、始めはよかったのですが、だんだんと話すことがなくなってしまって、週刊誌も読み終えた後、することがなく困ったわあ」との弁。なるほどなあと、固く脳に刻んだ言葉です。憧れってツアー冊子には書いてありますが、案外そんなものかもですよ、はい。
昔、時を駆けた少女がいましたね、今では、株が時を超特急で、駆け抜けているのでしょうか。笑

勉強させていただきました、面白かったですよ。これからも連載期待しています。ありがとうございました。



14/05/20 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

日本の【神】は八百万でいろんなものに宿っています。
最近、神社の神様の説明文をGODとしないで、KAMIと表示するようになったそうです。

それは、日本人にとって正しいことだと思います。

14/05/20 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

そうですか、トワイライトには夫婦で乗るものでないのですか。
確かに、ずっと週刊誌読んで、スマホやってるかも知れませんね。
納得しました。

なるほどケモノ編に莫、いないですな。

面白いコメントありがとうございます。

14/05/20 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

KAMIですな。
GODより趣がありますね。

Oh、my Kami! ですな。

ログイン