1. トップページ
  2. 天空の城 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

天空の城 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

14/05/11 コンテスト(テーマ):第五十七回 【 私を愛したスパイ 】  PRIVATE:I’S賞 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:12178

この作品を評価する

 晩秋の晴れた早朝、円山川に霧が立つ。それは但馬の山あいに立ち込め、藍白色の雲海となる。
 竹田城はそれを天へと突き破り、宙に浮かぶ。まさに天空の城だ。
 その風景を眺望できるポイントが城と対峙する立雲峡。そこからは、まさに幻想的な情景を目にすることができる。
 京田一郎は崖の上から望遠レンズで、これから現出する夢幻の窮まりを撮ろうとカメラを構えてる。
 そんな時だった。雲海の下からブーと音が聞こえてきた。そして、あっと言う間に、最近市販されてる小型無人ヘリコプターが現れた。
 きっと有視界飛行機能を使った遠隔操作なのだろう、まるで鳶のように面前で輪を描く。今までとは異なったアングルで天空の城を撮影する。たとえそれが理由だとしても、まったく迷惑な話しだ。
「消え失せろ!」
 一郎が手を振り上げた瞬間だった。
「あっ!」 身体が宙に浮き、一郎は崖下へと。岩に頭を強打し、即死した。

 一郎は父・京田龍介が全国展開する多国籍料理ロサ・ブランカの会社専務。自由を好む芸術家肌で、経営に向かないタイプだ。一方弟の次カは常務、上昇志向が強く、ビジネス社会に熱く生きる。それでも互いに認め合い、仲良くやってきた。
 しかし、ここへきて父が病に倒れた。こうなれば跡取り問題だ。家督の順位で行けば、長男の一郎が社長を継ぐことになる。これにより兄は弟の目の上のたんこぶとなり、最近兄弟仲が悪い。
 そんなある日、一郎は居酒屋「天空の城」を開設し、次カに任せようと考えた。その看板にと竹田城を撮りにきたのだ。だが不幸にも転落死してしまった。
 そして四十九日が終わり、社長は次カで一段落したかと思われた矢先だった。事もあろうか次カが本社ビルの屋上から飛び降りたのだ。
〈兄、一郎の社長昇格が我慢できず、私が立雲峡で転落死させました〉
 こんな遺書が残されていた。そして、背後から兄に体当たりする次カの、ヘリからの写真が添えられていた。さらに〈私は人殺しです、会社と一族の名を汚し、死をもってお詫びします〉と結ばれてあった。

 こんな事態に陥り、再捜査を命ぜられた百目鬼刑事、「無人ヘリは次カが一郎を突き落す瞬間を狙っていたのだろう。よって、第三者が首謀者ってことか」と独り言ちる。これに耳を貸す風もなく、次カが残した写真をスキャンし、PCでチェックしていた部下の芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事が唸った。「奥の木陰に、ケイタイで誰かと話す女性がいます。拡大してみると…、これって社内メールにアクセスできるブラックベリー、そういえば、ロサ・ブランカの幹部はこれを使ってたわ」と。
 百目鬼はこれを無視し、見出し『次期社長は、同族外の斉藤常務が濃厚』の朝刊を芹凛の前に置く。そして「すべてが繋がってるようだな。さっ、ロサ・ブランカの本社へ行くぞ」と表へと飛び出した。芹凛はただ追い掛けるしかなかった。

 すべての聞き込みが終わり、無言のまま百目鬼と向き合っていた芹凛が、コーヒーでも入れましょかと席を立った。百目鬼は悟った、芹凛の思考が一段落したのだと。そしてすかさず「お嬢の推理を聞かせてくれ」と促すと、芹凛はコーヒーをカップに注ぎながら語り始める。
「斉藤が下界から無人ヘリを操作し、それに怒る一郎を、次カが後ろから崖下へと突き落としました。その状況を木陰から斉藤にレポートしてたのは、社長秘書のカナカです。互いに連絡を取り合って、斉藤は次カが体当たりする一瞬をヘリカメで撮ることに成功しました。今度はそれをネタにし、斉藤は次カを屋上へと呼び出し、突き落としたのです。もちろん遺書は偽物です」
 百目鬼はこれに特段の興味は示さず、「ところで、斉藤とカナカの関係は?」と。
「カナカは貧しい家で育ちました。幼馴染みの斉藤はカナカが愛おしく、まるで妹のように金銭含めて援助してきました。社会人となり、カナカはその恩返しにと、いや、もうそれは愛でしょう、ロサ・ブランカの乗っ取りを企てていた斉藤のスパイになったのです。社長秘書の立場を利用して、すべてのお膳立てをしたのです」
「うーん、およそ解けてきたな」
 その割には百目鬼の表情が厳しい。そしてポイントを突く。
「なぜカナカは、社長の秘書になれたんだ?」

 これは盲点だ。芹凛は必死に考えた。そして、やっと「カナカは京田龍介と愛人との間に出来た娘では?」と。
「だから、次期社長は――カナカだ」
 百目鬼が言い切った。これに「カナカは直接的に人を殺してないわ。すべての罪を斉藤に被せるつもりなのね」と芹凛の目が鋭く光る。
「それが一族、骨肉の争いはある、だが最後に、血によって守られるということだよ」
 こう吐き捨てた百目鬼、不敵な笑みを浮かべる。
「斉藤にとって、私を愛したスパイはとんでもない魔物だった。今回はこんな仮説だ、さっ、芹凛、証明するぞ!」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/05/13 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

天空の城、竹田城を舞台に面白いサスペンスが繰り広げられましたね。
いくつもヒネリが入って、なかなか読みごたえがありました。

芹凛の推理も冴えて、キャラクターが生きてきましたね!

14/05/13 草愛やし美

鮎風遊様、拝読しました。

せりりんさん、最近の推理素晴らしいじゃないですか。女性の鑑ですわ、憧れます。
百目鬼シリーズ頑張ってくださいね、楽しみにしています。トリックと真犯人の真相にいくまで、予想を裏切る内容で面白かったです。

追伸:武田城、人気ありますが、早朝のほんの一瞬しか幻想的な霧が発生しないとか……。一度は見たいものですが、季節の選択などもあって、なかなか見られないでしょうね。

14/05/16 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

ちょっとゴツゴツした感じになりました。
芹凛、随分と鍛わってきました。
よろしく。

14/05/16 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

大阪から多分二時間くらいで竹田城に行けるようです。
最近は人気で、人が多いようです。

全貌が見える向かいの山に登ったのですが、帰りは道に迷いかけました。
危なかったです。

14/05/16 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

今回は観光スポットも押さえて楽しかったです。
無人ヘリ、某国が飛ばしているようですが……。
カナカのこの犯罪の動機に復讐の意味あいもあったのでしょうか。
せりりん、ますます冴えてますね。

14/06/02 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

今回、観光兼ねての話しにさせてもらいました。
これからは他も訪ねてみたいと思ってますので、よろしく。

ログイン