1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載24

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

漢字一文字の旅 連載24

14/04/22 コンテスト(テーマ): 第二十九回 【 自由投稿スペース 】  コメント:5件 鮎風 遊 閲覧数:1727

この作品を評価する

 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。


連載24  梵 業 玉 綺 暑 麦

24−(1) 【梵】

 【梵】、「林」に「凡」、時々見かける漢字だ。
 (ハン/ボン)と読み、風が木の上を吹き渡って行く様だとか。
 古代から中世、インドで用いられた言語、サンスクリットのことを【梵】という。
 バラモン教の最高原理のことであり、「梵天」のように仏教に関する物事の前に付く語だそうな。

 そして、【梵】は(そよぎ)と読む。
 「けがれなき清浄」/「真理をつく」という意味があり、かつ響きが良いことからこの漢字を使うことが静かなブームとなっている。
 日本酒にレストラン、そしてマンションなど【梵】(そよぎ)と多く名付けられている。

 こんな【梵】、広島県では【梵】さんという名の方がいるとか。
 調べてみれば、日本名前順位で約7万位、全国で20人ほどおられるとか。
 貴重な名前で、うらやましい限りだ。
 そして昔においても、【梵】は価値があったのだろう。
 伊達政宗の幼名がなんと「梵天丸」。
 梵天は仏教の守護神、政宗はその子供と名付けられた。藩主の願いが込められたものと想像できる。

 こうなってくると、【梵】という漢字を使いたくなるから厚かましい。
 例えば鮎風は凡人、これを『梵人』と言い換えたいが……、鉄面皮過ぎるかな?


24−(2) 【業】

 【業】は象形文字。
 えっ、どこが? となるが、楽器を並べて懸ける器の形だとか。
 どうも上部は吊り下げるための、ぎざぎざのある木が横向けに渡してある。そして下は台座だそうな。
 うーん、【業】、なんとなくそう見えてくるから不思議だ。
 鐘や鼓の大きな楽器がこれ見よがしにそこに懸けてある。
 そんな状態は大げさであり、『業業しい』と言ったとか。その後「仰仰しい」になったようだ。

 そんな【業】、これにはいろいろな字がつき、数え切れないほどの熟語を作る。
 しかれども事業/工業/商業と、いわゆるすべて仕事絡みだ。
 そして任務を受け仕事する意味の「務」と一緒になって、「業務」となる。
 サラリーマン社会では、業務委託に業務妨害、そして業務不履行。このように業務が含まれる言葉はずしんと重い。

 しかし、その抑圧をふうっと解放してくれる魔法の言葉がある。
 それは……『業務の一環』
 飲み会もゴルフもすべて……『業務の一環』。
 果ては、社内のちょっと可愛い女性社員を誘って、下心一杯で食事に誘っても、それは――『業務の一環』だ。
 と、自分に言い聞かせれば罪悪感はどこかへ飛んで行く。

 こうなれば何でも『業務の一環』、気が付けば、いつも呪文のように唱えてる。
 たとえ部長の前で、そして女房の前でも言い放っても、すべてが許されたような気分になる。
 もう手放せない言葉『業務の一環』なのだ。
 それにしてもサラリーマンたちは、いかにこの言葉に救われ、サバイバルしてきたことか。
 こんなことから座右の銘にしたヤツまでいるのだから、戒名も「釈業務之一環」にすれば良い。

 いずれにしても【業】という漢字、すべての熟語は重々しい。
 だが、その中でたった一つ、この『業務の一環』だけが、こよなく愛されているのだ。


24−(3) 【玉】

 【玉】、元々の字は「王」、三つの玉をひもで結び貫いた形だったとか。
 そしてもうひとつの「王」、王様の「王」(おう)は大きなまさかりの頭部の形。
 かってまさかりの刃の部分は王位を表し、王座の前に飾られていた。そこから王のシンボルとなり、君主の意味となった。

 以上のように、元々「王」には二つの意味、三つ玉と君主があった。
 しかし、これではこんがらがる。これらを区別するため「王」に点を付けて、三つ玉の方は【玉】(ぎょく)、翡翠(ひすい)の宝石としたそうな。
 これで……【玉】(たま)に疵(きず)……になっとか、これは冗談かな。

 シャボン玉飛んだ
 屋根まで飛んだ
 屋根まで飛んで
 こわれて消えた

 同じ【玉】でもシャボン玉はすぐに壊れる、とされてきた。
 しかし、いろいろ試行され、その結果、最近は割れない。
 割れないシャボン玉の作り方、それは……ぬるま湯に洗剤/グリセリン(薬局で購入可)を1:1:3で混ぜたら良いとか。

 いずれにしても、玉磨かざれば光なし。
 【玉】は労を惜しまなければ、高価な翡翠から遊びまで、いろいろ楽しませてくれるのだ。


24−(4) 【綺】

 【綺】、斜めの模様が綾織りされた光沢ある絹織物のこととか。
 これに薄絹の意味のある「羅」が付いて『綺羅』となる。
 いわゆる今流行りの「キラキラ」だ。

 キラキラネーム、注目を浴びている。
 希空に澄海、琥珀、結愛、心美とあり、そして心愛、大翔
 これらが人気があるとか。しかし、読めませ〜ん。
 答えは
 のあ、すかい、こはく、ゆあ、ここみ、ここあ、ひろと……だと。

 だが驚きだ。
 ほとんどがPCでひらがなから漢字変換できた。
 できなかったのは「のあ」と「すかい」だけ。後は一発変換、すでに市民権を得てるということか。

 そして、こういうのをDQNネーム(ドキュン)とも言うらしい。
 さらに範疇を広げれば、オノマトベ(フランス語)。
 これは猫をミャオミャオと呼ぶ擬音語、他に擬態語、感覚語などを総括している。
 つまりキラキラという言葉、それはオノマトベの一つになる。
 そして、こんなのを普段から使えば、なにか時代の最先端を走ってるような気分になってくる。
 が、そんな舞い上がってる気分に水を差すようで申し訳ないが……。

 「見上げたまへれば、 人もなく、月の顔のみ きらきらとして」とか、「御容貌(かたち)など……隈なくにほひ きらきらしく」と。
 これは一千年前の源氏物語の一説。
 まさに紫式部はキラキラを多用していたのだ。
 そしてキラキラネームもてんこ盛り。
 光源氏を筆頭とし、藤壺中宮に夕顔、花散里に末摘花、そして浮舟に匂宮。
 このように一千年前にすでにキラキラネームだらけだったのだ。

 綺羅綺羅の【綺】という漢字、神代の昔からいろいろなものを輝かせ、そして今も衰えないパワーを持っているのかも知れない。


24−(5) 【暑】

 【暑】、「者」の上に「日」があり、日光が照り、「暑い」ということらしい。
 それにしても、近年の夏は異常気象。とにかく暑い。
 感覚的には「熱い」と言いたいが、この言い方は少し違うようだ。
 要は、気温が高いことにはあくまでも【暑い】の字を使い、
 気温以外のもの、例えばスープとか鉄、その温度が高いことを「熱い」という。

 さて、日本の最高気温は何度だろうか?
 2007年8月16日、埼玉県熊谷と岐阜県多治見で40.9度を記録した。
 そして2013年、7月の初旬にもかかわらず猛暑日(1日の最高気温が35℃以上の日)が続く。
 年初にNASAは発表した。2013年は過去最高に暑いと。
 この調子で行けば、40.9度の記録を破りそうだ。

 確かに地球温暖化の事実が確認できる。
 明らかに過去データーを見れば、ここ30年の平均値に比べ、最近は2〜4度高温だ。
 さらに年とともにより暑くなってきている。
 実感としては、50年前、夏の気温は30度前後だった。それが今は35度以上になったのだから、地球の何かがおかしい。
 日本の夏は、これから一体どうなって行くのだろうか?

 暑さ寒さも彼岸まで
 こんなことわざも遠い昔のものになってしまった。
 それに代わって、猛暑酷暑は彼岸まで……になるかも。


24−(6) 【麦】

 【麦】、上部はムギの形であり、下部は足跡を逆さにした形。これで麦踏みしている意味だとか。
 こんな【麦】に「酒」が付けば「麦酒」……ビールだ!
 「ビール1杯と命の保証さえ手に入れることができたら、名誉なんかくれてやってもいい」
 シェイクスピアは作品「ヘンリー五世」の中で、主人公にこう言わせた。
 うーん、確かに。
 鮎風には名誉なんてないが、1杯のビールで命は蘇生する。
 夏の暑い日はとにかくビール、グビグビと。美味い!

 ビールは発芽した大麦の麦芽をビール酵母で発酵させて作られるとか。
 そんなビール、慶長八年(1613年)に長崎の平戸に入り、それから徳川吉宗に献上された。
 その味は……決して美味しいものではなかったそうな。
 それでも長崎の出島で醸造され、各地に広まって行ったようだ。
 そして最近ブームになっているのが黒ビール。特に競馬場に行けば、やっぱ黒でしょ! となる。
 焙煎され、少し焦げた味。
 それが脳を活性化させ、ドーパミンが溢れ、勘が冴え渡る。
 万馬券的中も……、そんな気にさせてくれるから不思議だ。

 事ほど左様に、【麦】という漢字、「酒」を従えて、
 夏に、遊びに、ギャンブルに、なくてはならない飲み物になったのだ。



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/04/22 草愛やし美

鮎風遊様、連載も進みましたね。24、西ですね。関係ないかあ。苦笑

業務の一環で、経費で何でも落しちゃう方、おられますよねえ、新地のお姉さま方の餌食かもですよ。仰々しいスーツ姿でお仕事してますって恰好をしておられますが、ちゃんと中身見られてますよ。

シャボン玉の歌、この前、都市伝説で調べている時に、幼い子供さんを亡くされた方のお歌だと知りました。とても、悲しい歌詞だったことに切なくなりました。虹色の綺麗なシャボン玉は、ガムシロップとか砂糖系を少しだけ入れるといいとか……、昔、シャボン玉兄弟さんが言っておられましたね。

心愛ってわんちゃん知ってま〜〜す。大きな声で言うとお子さんに漬けてられる方から叱られる?かもね。

綺羅に都(みやこ)とかっつけて、綺都羅古墳のほうがいいと思うんだけどなあ、亀虎古墳って書くそうなんです┐(~ー~;)┌

多治見に創作仲間のポカさんって人が住んでいます。夏場は彼女のところには行かないほうがいいと言われてたので、秋に女子会しました。やっぱりですね、秋にしてよかったです。

麦酒、えーっとまてよ、なぜ、日本酒は、一般的に米酒と書かないのかなあって、調べたところ、台湾の蒸留酒が「米酒」と書くお酒があるのですね。だから、日本の酒かあと一人で納得しちゃいました。苦笑

お疲れ様でした、今回も勉強させて戴きました、ありがとうございました。



14/04/28 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

今回はこの【綺】が面白かった!

ホント、キラキラネームというか、DQNネームが多くて、見たことないような漢字を
当て字にしてるので読めないよ!

普通に名前に神とか王とか皇とか使って、名前負けで早死にしそうだ。

14/04/29 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

シャボン玉の歌、そうだったのですか。
歌にはいろいろといわれあるのですね。

連載も24、ずっとお付き合いいただき、ありがとうございます。
あちこちに寄り道だらけですが、旅は道連れでこれからもよろしく。

14/04/29 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

シャボン玉の歌、そうだったのですか。
歌にはいろいろといわれあるのですね。

連載も24、ずっとお付き合いいただき、ありがとうございます。
あちこちに寄り道だらけですが、旅は道連れでこれからもよろしく。

14/04/29 鮎風 遊

みな様へ
上の草藍さんのコメント返し、投稿するをクリックすると「待機」になりまして、
ぐちゃぐちゃっとクリックしてる内に2度入力になったみたいです。
繰り返し記述、申し訳ございません。



泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。
【綺】という漢字、いい字ですね。
それにしてもホント最近多いですね、読めないキラキラネーム。
大きくなってご本人さんはどう思うのかな?




泡沫恋歌さん

ログイン