1. トップページ
  2. 死の天使 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

死の天使 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

14/04/15 コンテスト(テーマ):第五十五回 時空モノガタリ文学賞【 予感 】 コメント:8件 鮎風 遊 閲覧数:9753

この作品を評価する

「私たちの再会に、乾杯!」
 藍沢蘭子の発声で始まった小さなパーティ、それは高峰秋月の個展会場での二人の再会が切っ掛けだった。
「蘭ちゃんじゃない、ホントお久しぶり。見に来てくれたのね、ありがとう」
 幻想的な日本画を得意とする秋月、最近もてはやされてる。
「得意なイマジナティブなタッチ、ますます磨きがかかってきたようね。おめでとうございます」
 蘭子は、朝靄に消え行く淡香色の月に、まるで目を奪われたかのように祝った。それからくるりと踵を返し、「学生時代に、私たちバーベキューしたでしょ。また山の、私の家に四人集まらない?」と誘う。
 思わず懐かしさが込み上げた秋月、「もちろん寄せてもらうわ、大輝を連れてね」と二つ返事でオーケーを出した。
 こうして、高峰秋月と会社経営する夫の大輝、そしてホスト側の蘭子と夫の藍沢伊蔵、この二組の夫婦が集った。

 振り返れば、四人は画家になることを夢見て美術大学に入学した。そして知り合った。それからは若者同士の世の常、恋が芽生え、大輝と蘭子、伊蔵と秋月のカップルができた。学園での煌めく日々、それは巡り行き卒業。当然二つのカップルは結婚へとゴールインするはずだった。
 しかし、会社社長の長男、大輝は親の猛烈な反対に会い、蘭子から資産家の娘の秋月に鞍替えしプロポーズした。秋月は秋月で、農家の二男坊の伊蔵と一緒になったとしても、費用が嵩む日本画は続けられない。そう打算的に考えたのだろう、大輝を選んだ。
 蘭子はこれで大輝から捨てられた。いわゆるどんでん返しが起こってしまったのだ。
 その上に蘭子の実家の陋屋へ、自暴自棄となった伊蔵が転がり込んできた。
 貧しさ故に行き場を失った男と女、行き掛かり上夫婦になるしかなかった。それでもいつか絵画の世界で天高く羽ばたこうと二人は精進した。
 されども絵の具も買えない事欠く生活。そんなことから伊蔵は貧困スパイラルに落ち、安酒に溺れた。
「私は大輝の妻になるはずだったのに、なぜこんな男と暮らさなければならないの」
 毎日不満抱く蘭子、さほど絵の具を必要としないボタニカルアートへと転身した。そして悔しさをバネに一筆一筆描き続けた。その甲斐あってかやっと画集が出版でき、また町で教室を持てるようになった。
「さあ、猪肉に雉肉、それと山鳥のつくねもあるわ。自然薯と一緒に召し上がれ」
 蘭子の奨めで、三人は好みのものを皿に取る。それを見ていた蘭子、自慢のつくねを、美味しいわよと言いながら配る。
 確かに、この四人には振り返りたくない過去がある。だが今日ここに参集した。これを歓迎するかのように、初夏の青葉が映え、時折吹き来る涼風が心地よい。四人は学生時代へとタイムスリップし、楽しい一時を過ごした。

  女流日本画家・高峰秋月、食中毒死する。夫の大輝は入院中。
  油絵画家・藍沢伊蔵も逝く。妻の蘭子の症状は軽い。

 翌日の新聞にこんな見出しが躍り、不幸な出来事を報じた。世間は新鋭の秋月の死に驚くとともに、どんな悪いものを食べたのかと強い関心を持った。
 一方当局は事件の可能性もあり、刑事・百目鬼 学(どうめき がく)が捜査に当たった。

 それから一週間後、死因は環状ペプチドの毒と判明した。
「藍沢蘭子の植物画集の中に、ペプチドの猛毒のドクツルタケがありました。別名『死の天使』と呼ばれてます」
 芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事が真っ白なキノコを指差した。これが七転八倒で死に至る毒キノコかと眺め入った百目鬼、徐に顔を上げ、推理を述べろと目で合図する。芹凛はこんな無愛想な要求に臆することもなく背筋を伸ばし、後はとうとうと。
「つまり蘭子に、死の天使が舞い降りたということです。蘭子はドクツルタケを描くことにより、その毒性を知った。――本来なら大輝と一緒になっていた。それを奪った秋月への憎悪、それとだらしない夫への嫌悪、とどのつまりが、つくねに毒キノコを混ぜ込み毒殺したのよ。あたかも食中毒のようにね。その証拠に自分は僅かしか口にしていないわ」
「ほぼ正解だな」と頷いた百目鬼、今度は「ところで、大輝は?」と厳しい視点で問う。これに芹凛は自信たっぷりに、「蘭子は大輝とやり直したいから、生かしたのだわ」と。

「甘い!」
 百目鬼から厳酷苛烈な一喝が。そして「蘭子に死の天使が舞い降りたんだろ」と鬼の目をギョロッと剥いた。これに芹凛はブルッと身を震わせた。だが、その瞬間にハタと気付く。
「蘭子が一番憎んでるのは大輝。だから最後に、大輝をなぶり殺しにする。こんな予感がします」
 この芹凛の推理に、百目鬼はニッと笑みを零し、上司としての思いを告げるのだった。
「仮説は今のところ事実ではない。さっ芹凛、我々の予感、それは最後に大輝が殺さる。そうならない内に、早くこの事件を解決してしまおう」と。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/04/16 草愛やし美

鮎風遊様、百目鬼シリーズ快調ですね。せりりんさんに会うのも楽しみにしています。彼女も最近推理が冴えていますものねえ。素晴らしいこと。

やはり、恋の恨みは何年経とうと消えないものというのが、世間の常なのでしょうねえ。悲しいけれど、未然に事件を防げますようにと祈ります。そんな毒物あるのですか? 死の天使、怖いですねえ、意味不明のきのこには要注意ですね、面白かったです、ありがとうございました。

14/04/16 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

ドクツルタケは――毒鶴茸、Amanita virosa です。
欧米では―― destroying angel (死の天使)と呼ばれてます。
なぜなら、食べれば語るのも恐ろし苦しみで死に至るから。
そして、一旦口にしたら、死は免れないと言われてます。

そんな恐ろしい死の天使、
日本のあちらこちらで普通に自生しているのですよ。
表紙絵のキノコ、見たことありませんか?
私は見たことあります。絶対触りませんが。

せりりん、これからも応援してやってください。
よろしく。

14/04/16 泡沫恋歌

鮎風 遊 様、拝読しました。

百目鬼シリーズ、今回も面白いですね。
こういう復讐絡みの・・・? ミステリーにはわくわくします。
2,000文字でよくここまで細かい設定が書けると感心させられました。

「死の天使」ミステリーにぴったりの呼び名の毒キノコですね。
これからも百目鬼刑事と芹凛の活躍に注目してます。

楽しめる内容でした、ありがとうございました。

14/04/16 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

毒キノコは猛毒を持つものがあると聞いたことがあります。
「死の天使」というからにはきっと美しいキノコなのでしょうね。
面白かったです。

14/04/16 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

復讐絡みの2,000文字、なんとか書けました。
まだまだ百目鬼とせりりんは活躍して行きますので、
よろしく。

14/04/16 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

死の天使と呼ばれるキノコ、真っ白で美しいです。
だけど、絶対に間違えて食べないように。
1本、いやたった8グラムで死にますから。

14/04/17 朔良

鮎風遊さん、拝読いたしました。
このシリーズ楽しみにしてます。
せりりんさんの推理、鋭いですねー!
そして、百目鬼刑事の予感…。あたってしまわぬうちに解決できるとよいのですが…。
今回の表紙(画像)は、死の天使のキノコでしょうか?
お話にぴったりに加工された惹句付きの表紙もいつも楽しみです^^

14/04/19 鮎風 遊

朔良さん

コメントありがとうございます。

そうですよ、表紙のキノコは死の天使です。
ちょっと天使でなく、笠を被り、白装束を着た娘さんに見えますが、
こわ〜い写真です。

あまり関わらない方がよろしいかと。
よろしく。


ログイン