1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載23

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

2

漢字一文字の旅 連載23

14/04/04 コンテスト(テーマ):第二十八回 【 自由投稿スペース 】 コメント:2件 鮎風 遊 閲覧数:1553

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。


連載23  慈 迷 絵 今 巴 茄

23−(1) 【慈】

 【慈】、「心」の上の部は「やしなう」の意味があり、その心が「いつくしむ」だとか。
 ここから慈愛、慈雨、慈悲、慈母などの熟語が生まれた。

 こんな愛深き【慈】を使った野菜がある。
 それは【慈姑】。
 「姑」(しゅうとめ)の慈愛ある野菜、それは一体何なんだろうか?
 苦労してる嫁から「そんな野菜なんてあり得ない、巫山戯ないで!」と声が飛んできそうだ。

 【慈姑】、それは「クワイ」だ。芽が出ることから縁起が良い。おせち料理の定番。
 しかし、苦い。まさに姑か?

 そんな慈姑が頭に貼り付けば、「慈姑頭」となる。
 これは江戸時代、町医者などが結った髪型で、髪を一本で後頭部で束ねる。慈姑のひょろっとした芽が出ているように見えるから、「慈姑頭」だ。
 ポニーテールなら色気もあるが、貧乏そうで滑稽な髪型、……、いや失礼しました。

 しかし、最近町中で時々慈姑頭のおっちゃんを見掛けるから不思議だ。江戸時代にタイムスリップした脳外科医、JIN(南方仁)きどりなのだろうか?
 いやいや【慈】の漢字が付いているから、人生を楽しみ、慈しむ気持ちがあるのだ、ということにしときましょう。


23−(2) 【迷】

 【迷】、「しんにゅう」の上に「米」が乗る。
 一説によると、「米」は四方八方に通じる道。そして歩いて行く意味の「しんにゅう」と組み合わさって、どの方向に行けばよいのか分からない状況を表しているとか。
 結果、道に迷い、「迷子」となってしまう。

 さてさて、この道に迷うという事態、人によって差がある。
 いわゆる方向音痴の人がいる。
 目的地に向かう時、人は誰もが脳内に地図を広げる。
 だが方向音痴の人は自分を動かさず、地図を上げ下げ、さらにぐるぐる回してしまうのだ。例えば角を曲がった時、脳内地図を九〇渡回す。
 挙げ句にずっと回しっ放しで、最終的に訳がわからなくなるそうな。

 一方、方向音痴でない人は脳内地図を固定する。そして、その上を自分のキャラクターを歩かせて行く。
 どうもここに迷う迷わない差が出ると言われている。

 だが、最近随分と便利になった。例えば車移動の場合、ナビがある。
 しかし、これでも油断大敵。
 目的地付近になれば、案内が終了してしまう。
 実はそこからが勝負。
 百メーター内にあって、迷ってしまうことがあるのだから、笑い話にもならない。

 とにかく【迷】、四方八方に通じる道の前に立っているのだから、そりゃあ迷いますよね、と居直るしかない。
 そんな漢字なのだ。


23−(3) 【絵】

 【絵】、元の字は【繪】、左の部は「會」(会)だ。
 この「會」はいろいろな食材の入ったごった煮の鍋のことらしい。
 そして「糸」偏で、彩り良く色織りすることが【絵】だとか。
 うーん、なるほど、元は……ごった煮ね。妙に納得できるから不思議だ。

 さてさて江戸時代、ことわざがよく絵にされた。
 そのようなものを集めた本がある。それは【絵で楽しむ江戸のことわざ】、著者:時田昌端。
 まず「犬も歩けば棒に当たる」、いろはかるたの「い」であり、小さい頃の昭和カルタで、犬が電信棒にぶち当たってる絵を見たことがある。
 他に
  親の脛かじり
  蚤の夫婦
  馬鹿につける薬はない
  人の口に戸立たぬ……など、これらの【絵】があり、面白い。

 てなことで、現代版はと探してみると、それがあったのだ。
 それは「サラリーマン川柳」。

  いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦
  電話口 「何様ですか?」と 聞く新人
 こんなのに、やくみつる氏の絵(イラスト)が付いている。
  http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/26th/best_10.html

 【絵】という漢字、ごった煮の鍋に、「糸」偏で彩り良く色織りすること。
 江戸時代も現代も、日本人は言葉に絵を添えて色織りするのがどうもお好きなようだ。


23−(4) 【今】

 【今】、壺や瓶の蓋の形だとか。それがなぜ【今】なのかわからない。
 この上の部が「人」の意味の「ひとやね」。
 そして下の部は昔から集まり続けていること、これで【今】となったそうな。なにかよくわからないが……。

 いつやるか? 【今】でしょう!
 これは東進予備校の林修先生の名言。CMで使われ有名となった。
 元々は、現代文を理解するためには漢字の勉強が重要。そのため予備校生に向かって、漢字の勉強、いつやるの?
 【今】でしょ! となった。
 確かに現代社会、急がば回れより、【今】でしょ! かな。

 この「急がば回れ」、室町時代の連歌師・宗長が「もののふの 矢橋の船は速けれど 急がば回れ 瀬田の長橋」と詠んだ。
 要は琵琶湖の海路は比叡おろしがあり危険、陸路を旅した方が良いとのこと。
 しかし現代、そんなことでは悠長で、待ってられない。
 【今】でしょ! となる。

 では、これを英語にしたら。
 込められた意味からすると、次が適切だそうな。
  If not now, then when?

 確かに、ね。
 だけど、【今】でしょ! ほどのインパクトはないのだ。


23−(5) 【巴】

 【巴】、器物の取っての形、また蛇や虫が身を丸めている形だそうな。
 また【巴】(ともえ)は勾玉の形をした日本の文様の一つである。それは巴紋(ともえもん)と呼ばれ、家紋となっている。

 平安時代末期の武将・源義仲の側妾に【巴】御前がいた。
  巴は色白く髪長く、容顔まことに優れたり。
  強弓精兵、一人当千の兵者(つわもの)なり。
 平家物語で、こう紹介されている。

 木曾義仲は源義経の初陣の宇治川の戦いで敗れ、巴御前と落ち延びる。
 義仲は「お前は女であるからどこへでも逃れて行け」と巴御前を促したが、「最後のいくさしてみせ奉らん」と敵将・御田(恩田)八郎師重を馬から引き落とし、首をねじ切って捨てた。
 その後、義仲は討ち取られ、巴御前は鎧甲を脱ぎ捨て東国の方へ落ち延びたとか。
 こんな武勇伝のある巴御前、日本のジャンヌ・ダルクと言われるようになった。

 また、三強が競い合うことを三つ巴と言う。
 つまり甲乙丙といた場合、甲の敵は乙と丙、乙の敵は甲と丙、丙の敵は甲と乙となる。こんな入り乱れた状態だが、日本歴史上こんな事態はあったのだろうか?

 それがなかなか見つからない。
 大概は甲の敵は乙と丙。だが乙と丙は同盟結び味方同士となる。
 それがだ、現代にこの三つ巴の状況がある。
 それは今ホットな尖閣諸島問題。中国の覇権主義で、日本/中国/台湾が三つ巴状態となっている。

 【巴】は蛇が身を丸めた形。日本は、他の蛇に飲み込まれないように、と願いたいものだ。


23−(6) 【茄】

 【茄】、音読みは(カ)、訓読みでは(はす、なす)。

 夏の野菜は茄子(なす)、そして赤茄子。
 赤茄子って? そう、トマトのこと。
 
 トマトは膨らむ果実の意味。
 そしてその赤さはリコピンという色素。生活習慣病の原因となる活性酸素を消去する働きを持つ。
 そんな健康野菜のせいか、西洋には「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがある。
 英語では「A tomato a day keeps the doctor away.」であり、「1日1個のトマトは医者を遠ざける」ってことかな。
 簡単に言えば、医者いらずということだ。

 しかし、茄子は赤だけではない。
 白茄子、僧侶の仲間内では卵のこと。
 小茄子は煙草入れ。
 腰茄子は腰巾着。

 いろいろあるようだが、いずれにしても赤茄子、トマトを一杯食べて、医者いらずで暮らしたいものだ。




コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/04/05 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

今回は【慈】と【絵】が面白かった。

姑の野菜がクワイですか? 
あれは関西圏だけで関東では食べないようです。
正直、あんまり美味しくもない食材。

14/04/12 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

慈姑、そうなんですか、食べるのは関西だけなんですか。
まあ、正月に1個だけですが、割りにあの苦み気に入ってます。

大きな芽が出ることから、食べれば出世できるそうですよ。

ログイン