1. トップページ
  2. 七つ雨殺人事件 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

七つ雨殺人事件 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

14/03/30 コンテスト(テーマ):第五十四回 時空モノガタリ文学賞【 激しい雨がふる 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:2480

この作品を評価する

 山峡の地に七つ雨温泉がある。名の由来は一年に七回激しい雨が降るからと言われてる。その時、近くの鶯川(うぐいすがわ)は増水し、俗界の因縁を洗うがごとく流れる。
 橋を渡ると天魔堂がある。宇宙のすべての縁(えにし)を仕切る縁生魔王尊(えんしょうまおうそん)の立像があり、左右には縁戻し爺神(えんもどしじじいしん)と縁切り婆神(えんぎりばばあしん)を従えてる。
 この世の腐れ縁、人は時としてその扱いに困る。篠突く雨の折、天魔堂に参れ。そして念ぜよ。縁を戻すか切るか、魔王尊が爺婆神(じじばばしん)に命じ、うまく采配してくれるであろう。

「一体、これ、なんなの?」
 芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事は、七つ雨温泉に一軒しかない温泉宿、合縁奇縁荘の女将からもらった観光案内を読み直し、思わずのけ反った。捜査一課の百目鬼 学(どうめき がく)も「奇々怪々だなあ」と首を傾げる。こんな上司の反応を見て、芹凛は「花坂は事故ではなく、きっと事件だわ」と言い切り、デスクに頬杖を付いた。

 一週間前、百目鬼と芹凛はたまたま地元警察の、次のような事故報告書を目にした。
 アパレル会社の部長職、花坂祐介の遺体が鶯橋から500メートル下流で発見された。岩にぶつけた打撲痕が頭部にあり、橋から転落した可能性が高い。
 花坂は一人合縁奇縁荘に宿泊した。翌朝はまさに一年に七回あると言い伝えられる激しい雨。それでも花坂は午前8時にチェックアウトし、豪雨の方がきれいに因縁を洗い流せると女将に言い残し、天魔堂へと向かった。
 死亡推定時刻は午前9時。天魔堂へは徒歩15分で到着できることから15メートル下の川へと落下したのは帰り道のことであろう。
 橋の上には女将が手渡した2本のペットボトルが残されていた。だが殴打のための凶器はなかった。また客は花坂だけであり、目撃者はいない。
 花坂は落下時、頭部を岩にぶつけ即死、その後流されたと断定できる。

 長年の刑事の勘か、百目鬼は読後どことなく仕組まれていると感じた。そこで上司の許可を得て調べてみると、驚愕な事実が判明した。ほぼ一年に一度、合縁奇縁荘の泊まり客が首吊り自殺をしたり、崖から落ちて死亡する事故を起こしていたのだ。しかも、良からぬことの証拠をすべて流してしまうためなのか、激しい雨が降る日に起こっていた。
 一体これはどういうことなのだろうか?
 百目鬼と芹凛は現地へと飛んだ。まず温泉宿の主人と女将に会った。そして二人は証言した。
 前夜、自宅の奥さんから花坂に電話があったと。この件は既に花坂宅の固定電話と宿との間の通話記録で確認されている。これにより妻のアリバイは証明された。
 だが、仮面夫婦であり、花坂の死亡後、妻が多額の保険金を受け取ったことを百目鬼たちは知っていた。
 調査をまだ諦めるわけには行かない。当然、百目鬼と芹凛は鶯橋と天魔堂の現場確認をする。
 川には大きな岩がゴロゴロとある。橋から落下すれば、少なくとも瀕死の重傷は負うだろう。また天魔堂の三尊は手入れ良く祭られていた。宿の夫婦が面倒みてるのだろう。
 そして偶然出会った木こりに聞き込みをすると、驚くべきことを話す。
 噂だが、合縁奇縁荘には――特別料金がある。それ以上のことは口をつぐんだ。

 ここまでを振り返っていた百目鬼、やにわに「増水で岩は水面下。岩で頭は打たないぞ。だから、これは殺人事件だ」と口火を切った。これに芹凛は、謎は解けたわと手を上げた。さっ、その推理をと百目鬼が目配せすると、芹凛は大きく深呼吸し、ゆっくりと己の思う所を述べ始める。

 すべては花坂の妻の陰謀。まず夫婦の良縁を取り戻そうと夫を誘い、合縁奇縁荘に二人で泊まった。もちろん妻は特別料金で予約していた。
 すなわち――殺人付き宿泊プラン:推定一泊500万円
 花坂の自宅の鍵を預かった女将、その夜、花坂の家へと出向き、固定電話より宿に電話した。直接花坂と会話せずとも通話記録だけは残るため、これで花坂の妻は在宅していたというアリバイが工作された。
 そして翌朝、激しい雨降る中、宿の主人は花坂夫妻を天魔堂へと案内した。そこで念じて、まるで花坂の妻と宿の主人に縁切り婆神が取り憑いたかのように、その帰り道、二人は鶯橋の上で花坂を撲殺した。そして川へと。

 以上が七つ雨殺人事件です、と締め括った芹凛に、ブラボーと声が飛ぶ。だが芹凛は、凶器が何なのか、自信がない。
 ここで百目鬼はニッと笑い、「凍らせた二本のペットボトルだよ。発見時には普通のお茶に戻ってたがね、チャンチャン」と軽い。これに反し、いつも強気の芹凛が殺人付き温泉宿の存在にどことなく脅えてる。こんなちょっと可愛い相棒に、百目鬼は活を入れるのだった。
「仮説は今のところ事実ではない。さっ芹凛、ひるまず、一つ一つの真実を明かすぞ」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/03/31 泡沫恋歌

鮎風 遊さん、拝読しました。

ミステリーだけにネタばれするような迂闊なコメントは入れられませんね。
こんな旅館があったら怖い!

推理も楽しく、面白かったです。

14/03/31 草愛やし美

シリーズ快調ですね、鮎風遊様、拝読しました。

推理物を何篇も投稿される力量が素晴らしいです。今回は、怪しげな旅館が舞台ですね。あの有名な「密会の宿」を彷彿させる(佐野洋作)なあと思いました。
特別宿泊プラン怖いですねえ、あったら凄いけど、なるほどと、読後、しきりに頷いていました。面白かったです、ありがとうございました。

14/04/02 朔良

鮎風 遊さん、こんにちは
拝読いたしました。

百目鬼シリーズ、今回のお題でどんな展開になるのか楽しみにしていました。
おお、そうなりますか!
他の方もおっしゃってますが、実際こんな宿があったら怖すぎます。

事件の経緯やトリック、凶器もよく考えられていてすごいな、と毎回頭が下がります。
おもしろかったです。

14/04/05 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

こんな旅館、割りに人気があるようで、
流行ってるようですよ。
恐!

14/04/05 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

快調? 一見ね。
特別宿泊プラン、人気ありまして、
旅館サイドの準備もあり、予約待ちが続いてます。

まあ、ペースとしては、年1、2でしょうね。

ご予約はお早めに。

14/04/05 鮎風 遊

朔良さん

コメントありがとうございます。

はい、怖すぎます。
だけど、あるのですよね。

凶器はあの手この手で、いろいろあるようですよ。

だけど百目鬼がいる限り大丈夫です。
見破って捕まえてくれます。

ログイン