1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載22

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

2

漢字一文字の旅 連載22

14/03/20 コンテスト(テーマ): 第二十七回 【 自由投稿スペース 】  コメント:2件 鮎風 遊 閲覧数:1417

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。

 また、本エッセイは平凡社出版、著・白川静先生の「常用字解」、並びに著・白川静先生/津崎幸博先生の「人名字解」から、漢字解釈について引用させてもらってます。


連載22  妖 冠 剛 亮 違 鱧

22−(1) 【妖】

 【妖】は、神に仕える女が両手を振りかざし舞い踊る形だとか。
 確かに妖しい姿に見える。
 いわゆる「妖艶」で、【妖】とはなんとぞくぞくとする漢字だろうか。

 だが、同じぞくぞくでも恐いのが「妖怪」。
 古くから日本に多く棲み、今もあちこちでウロウロしている。
 いくつか列挙してみよう。

 奥山に棲み、人を食らう山姥(やまんば)。
 ネコの妖怪の猫又(ねこまた)。
 つむじ風に乗って現れて、両手の爪で鎌のように切りつける鎌鼬(かまいたち)。

 頭が牛で、首から下は鬼の胴体、それは牛鬼(うしおに)。
 こいつは獰猛で、浜辺を歩く人間に毒を吐きつけ、食い殺す。

 滑稽でお馴染みのヤツは、提灯お化けにろくろ首。
 他にもいる。
 五徳猫(ごとくねこ)に蟹坊主(かにぼうず)、お歯黒べったりに砂かけ婆。
 並べれば枚挙にいとまがない

 そしてこんな妖怪たちがぞろぞろと練り歩くのが「百鬼夜行」。
 この行進日は昔から決まっていて、正月、二月子日、三、四月午日、五月六月巳日……とある。

 こんなにも頻繁にあるとなれば、不運にも出くわしてしまうことがあるだろう。
 その時は呪文を唱えること。
「カタシハヤ、エカセニクリニ、タメルサケ、テエヒ、アシエヒ、ワレシコニケリ」と。
 こう「拾芥抄」(しゅうがいしょう)という中世日本の百科事典に書かれてある。

 意味不明だが、とにかく「カタシハヤ……」と唱えなければ、妖怪たちに弄(もてあそ)ばれて、最後は食われてしまう。

 だが男にとって、もっと日常的で、注意しなければならない妖怪が縁障女(えんしょうじょ)だ。別名、飛縁魔(ひのえんま)。
 菩薩のように美しい女性だ。
 しかし、中身はそれはそれは恐ろしい夜叉。
 色香で男の心を迷わせ、家を失わせ、そして身を滅ぼさせる。
 果ては命まで取ってしまうのだ。
 こんな縁障女、あなたの近くに棲み、あなたを狙ってるかも知れないぞ。

 とにかく【妖】という漢字、人をぞくぞくさせるのだ。


22−(2) 【冠】

 【冠】は、「冖」(べき)と「元」、そして「寸」が組み合わさったもの。
 これで廟(びょう)の中で、髪を結った頭(「元」の意味)に、手の意味の「寸」で冠を付ける形だとか。
 ここから男子の成人式の儀礼を意味するそうな。
 また頭上にのせることから「最上のもの」、「すぐれる」の意味ともなる。

 こんな崇高な【冠】、それを八つも頂いているヤツがいる。
 それは「ヤツガシラ」、渡り鳥だ。
 大きさは三〇センチ弱、頭に扇の冠羽を被ってる……生意気なヤツだ。

 この「ヤツガシラ」、北方で繁殖した後、冬季南方へと渡る。
 その途中、たまたま日本に立ち寄ることがある。
 そんな時、人たちはまるでアイドルに遭遇したかのように、そいつを写真に収めようと大騒ぎとなる。

 そんな「ヤツガシラ」、戦後その一羽がたまたま皇居に飛来した。
 その時、昭和天皇は皇居内の畑で芋ほりをされていたが、そやつを見つけられたのだ。
 そして侍従に、すぐ双眼鏡を持ってくるように命じられた。
 しかし、侍従は何のことかわからない。
 思わず「芋を掘るのに、なぜ双眼鏡がいるのですか?」と聞き返したそうな。
 こんなほのぼのとしたエピソードがある。
 昭和天皇までもがあわてられた「ヤツガシラ」、一度出会ってみたいものだ。

 とにかく【冠】を付けたヤツから目が離せないのだ。


22−(3) 【剛】

 【剛】、「岡」と「刀」の組み合わせ。
 「岡」は堅い鋳型であり、鋳込んだ後に「刀」で裂き割ることだとか。
 だが堅くて、それは容易なことではない。そこから「かたい、つよい」の意味になったそうな。
 ほう、そういうことかと納得してしまう。

 そんな【剛】、自然界で最も硬いのが「金剛石」、ダイヤモンドだ。
 炭素の結晶で、炭素原子がしっかりと共有結合している。モース高度で10。そのため切削や研磨の工業用途でも重宝されている。
 だが「金剛石」はやっぱりダイヤモンド、高価な宝石だ。
 ブリリアントカット(58面体)され、永遠に光り輝く。
 大粒のものは4C、つまり色(カラー)、透明度(クラリティ)、カラット(重さ)、カット(研磨)で評価され、値が付く。

 その値段は目が飛び出るほど高く、庶民には到底手が届かない。
 1カラット(0.2グラム)のダイヤモンド、直径6.5ミリの粒となる。それが、少し良いものだと100万円が相場だとか。
 とんでもない話しだ。

 しかし、こんなダイヤモンドより高価な石が発掘された。
 それは「パライバ トルマリン」という石。
 1989年にブラジルで初めて発見された。神秘なブルーの蛍光色を放つ珍しい鉱石らしい。
 産出量が少なく、たちまちダイヤモンド以上の値が付き、「幻の石」と言われるようになった。
 そんな石に一度お目に掛かってみたいものだが、それにしても金【剛】石に強敵が現れたのだ。

 そんな「パライバ トルマリン」、もし和名を付けるなら「青剛石」となるのかな?
 いや、【剛】ではちょっと可笑しいかな?
 「青蛍石」で、どうだろうか?


22−(4) 【亮】

 【亮】、「京」に「人」を組み合わせた形。「京」はアーチ形の城門で、その前で儀礼が行われた。
 つまり【亮】は祈ることから生まれたそうな。

 また【亮】に似た字に「涼」、「諒」がある。【亮】と同じく(まこと、あきらか、たすける)の意味がある。
 こんな格式高い【亮】、明治時代にこの字を名前にした女性がいた。
 陸奥亮子(むつりょうこ)という。
 今も写真が残るが、オードリー・ヘプバーンのような清楚な雰囲気がある。
 亮子は没落士族の長女だった。
 娘時代、東京新橋で一、二を争う美貌の名妓と名を馳せる。だが男嫌いで、身持ちも堅い、そんな評判だったとか。
 そんな亮子、十七歳の時に陸奥宗光の後妻に入る。
 その後、宗光は政府転覆運動に荷担した疑いで山形監獄に収監された。その獄中から亮子、つまり妻への想いを伝えた。

 離合は常理といえども
 相思の情に何ぞ極まりあらん
 南北ふたつながらに地を異にするも
 夫婦この心は同じ

 きっと宗光は夫婦の絆を確かめたかったのだろう。その後出獄し、ヨーロッパへと留学した。そして帰国し、政府に仕える。
 これを機にして、亮子は社交界へデビュー。その洗練された面立ちや振る舞いから、たちまち戸田極子とともに「鹿鳴館の華」と呼ばれるようになった。
 その後、駐米公使となった宗光とともに渡米する。
 そして今度は――「ワシントン社交界の華」――と称されるようになった。

 亮子、たった四十四年の生涯だったが、きっと波瀾万丈だっただろう。
 しかし、「新橋花柳界の美貌の名妓」→「鹿鳴館の華」→「ワシントン社交界の華」と華麗な花を咲かせたのだった。


22−(5) 【違】

 【違】、「韋」は都市の城壁に足跡の形の「止」が右に左にとある形。これで進む方向が異なるので、違(たがう、ちがう)となったとか。
 こんな【違】、世の中には【違】が一杯ある。
 例えば、男の生き様はそれぞれ違う。だがその違いは多くはない。
 誰しも次の三つの内の一つだと言われている。
 (1) 貴族のごとく、……美しくそうに生きる
 (2) 野武士のごとく、……不満を抱えながら生きる
 (3) 盗賊のごとく、……騙しながら生きる

 なるほど、鮎風の場合は(2)というところだろうか?
 そして女はこの(1)、(2)、(3)の中から男を選び、共に暮らし、そこから得られる結果は……、またこれが次の三つだと言われてる。
 (1) 優越感
 (2) 苦労
 (3) 富

 だが不思議なものだ。
 ほとんどの女は異口同音に、(2)の「苦労」だと言う。
 「優越感」に「富」、こんな答えが返ってきたためしがない。
 要は、たとえ男が違ったように生きても、女に至っては同じ結果になる……ということか?
 男の【違】いは女の「同」じ、こういう定理となるようだ。


22−(6) 【鱧】

 【鱧】(はも)は「魚」に「豊」、卵を多く抱き、美味しく心豊かになる魚だからだ。

 夏の京都、魚が少ない時季ではあるが、旬の魚は【鱧】。
 鱧おとしに鱧しゃぶ、鱧のたれ焼き等々、美味の極みだ。
 こんな鱧、その生命力は並大抵のものではない。
 昔、海から遠く離れた京都で鮮魚がなかなか手に入らない。夏場となれば余計にだ。
 だが、僅かな海水の箱に入れられて、山道を運ばれた鱧、それでも死なない。
 たとえ山道で海水ごとひっくり返しても、ヌルヌルとどこかへ逃げて行く。
 後日、山の人が鱧を発見する。
 そして噂された。「鱧は山で捕れる」と。
 鱧にはこんな伝説までもがある。

 だがこの魚、いざ食べるとなると結構やっかいだ。頭から尾っぽまで小骨だらけ。そこであみ出されたのが骨切りという技法。
 とにかく小刻みに包丁を入れて、骨を切ってしまう。
 板前さんは一寸約3センチの身の長さの中に、24切れ包丁の目を入れるとか。そして、よりプロとなると、やれ26、いや27の切れ包丁の腕前があると競われてきた。

 古都に夏が巡りくる。鴨川の床で、東山の月を愛でながら、伏見の冷酒一献。
 もちろんお伴は、白身の鱧おとし。
 これこそ至福の一時でもあり、【鱧】の強い生命力を頂くことにもなるのだ。



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/03/22 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

今回の漢字一文字の旅では【 妖 】と【 亮 】を面白く読ませていただきました。
特に【 妖 】を主人公にしたお話は好きです。

漢字にまつわる時空を超えた旅を楽しみにしています。

14/03/25 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメント、ありがとうございます。
まだまだ続きますので、よろしく。

ログイン

ピックアップ作品