1. トップページ
  2. 弱虫にゃんこの家出

泡沫恋歌さん

泡沫恋歌(うたかた れんか)と申します。

性別 女性
将来の夢 いろいろ有りますが、声優ソムリエになりたいかも。
座右の銘 楽しんで創作をすること。

投稿済みの作品

8

弱虫にゃんこの家出

14/03/17 コンテスト(テーマ):第五十二回 時空モノガタリ文学賞【 勇気 】  コメント:18件 泡沫恋歌 閲覧数:2436

この作品を評価する

 猫カフェ『にゃんこの館』のスタッフ、クーは見た目は凛々しい黒猫なのに、実はとっても弱虫な男の子です。
 先日、部屋のお掃除で窓を開けたら雀が飛び込んできました。スタッフの猫たちは色めきだって、雀を追いかけ回して大はしゃぎでしたが……その中で一匹だけ、ソファーの下に隠れていた子がいます。
 クーは見たこともない雀を怖がって震えていたのです。そのことで姉貴分の蘭子に散々笑われて、みんなにも「ヘタレのクー」とからかわれました。

 クーはそんな自分が恥かしくて、家出して自分を鍛えようと思い立ったのです。
 猫カフェでは外へ猫が飛び出さないように、二重扉になっています。その日は団体のお客さんだったので、外側のドアと内側のドアとふたつとも開いていました。お客たちの足元を黒い影がサッと駆け抜けたことを誰も気が付いていません。
 クーがいないことに気づいたのは閉店間際でした。蘭子がクー探し始めて、みんなも心配して大騒ぎになったのです。オーナーの美弥さんは懐中電灯を持ってクーを探しましたが、暗闇の中で黒猫を探すのは難しい。

 その頃、クーは小高い山の神社の境内をウロウロしていました。
 辺りが真っ暗になってお腹も空いてきたし、引き返そうと思ったけれど、猫カフェ『にゃんこの館』へ帰る道が分かりません。
 家出なんかするんじゃなかったと早くも後悔します。室内でしか暮らしたことのない『温室育ちの猫』には冷たく夜風がしみて……。クシュン! クシュン! くしゃみの連発で震えながら、神社の賽銭箱の裏で蹲っていると、誰かの声がしました。
「おや? おめぇ、見掛けないツラだなー」
 黒猫のおじさんが見降ろしています。
「おいら猫カフェで働いていたけど……家出中です」
「ねこカフェ? なんだそりゃあ?」
「猫のサービス業です」
「――なんか知らんが、行くところがないようだな?」
「はい」
「ワシは黒猫団の団長のくろ兵衛っていう者だ」
「黒猫団?」
「黒猫たちで作られた野良猫のグループのことさ」
「おいらクー、よろしく」
「よっしゃ! ワシについてこいや」

 神社の裏手の森の中に古いお社があります。
 今はあまり使われていないので、黒猫たちがここをねぐらに暮らしていました。神主は猫好きで黒猫たちを保護してくれているのです。
「今、帰ったど!」
 お社の中には黒猫ばかり、いっせいに黒い顔を向けました。
「父ちゃん! 大変だよ。神主さん家で飼ってた小鳥がイタチに襲われた」
 一匹の黒猫が話しかけます。
「またイタチか、悪さばかりしおって……」
 神社の森には黒猫団の他に大きなイタチが棲みついています。
 凶暴なイタチは近所のペットや小学校の兎小屋などを襲って捕食しているのです。それが黒猫団の仕業ではないかという悪い噂が広まっています。黒猫もイタチも夜中だと見分けがつかず、イタチは日中姿を見せないので、その存在を忘れられています。しかし、黒猫団は神社にたむろしているので犯人だと疑われているのです。
 神主に餌を貰っている黒猫団は悪さをしません。ゴミだって漁ったことのない善良な猫たちです。――このままではイタチの罪を被って神社から追放されてしまうかも知れません。
「その子は?」
「ああ、寒そうにしてたから連れてきた」
「おいらクーです」
「あたいはくろ兵衛の娘のキララだよ。毛艶がいいし、飼い猫だろう?」
「猫カフェのスタッフです」
「三丁目にあるお店だね。外から覗いたことがあるよ」
「おいら、弱虫を鍛えるために家出中なんだ」
 クーは恥かしそうに笑った。
「父ちゃん、うちのチビクロ見なかったか? 境内で遊んでると思ったのにいないんだよ」
 キララは仔猫のお母さんです。
「ヤバイ! 日が暮れるとイタチが出没するぞ」
「お父ちゃん……」

 その時、仔猫の鳴き声がして黒猫たちが外へ飛び出すと、大きなイタチが仔猫を銜えていた。
「チビクロ!」
 キララが叫んだ。
「その子を離せ!」
「こいつは俺さまの飯だ」
 イタチはもの凄く臭いオナラをするので、迂闊に手出しができません。くろ兵衛が突進したが身軽なイタチにかわされました。
「老いぼれめ! 勝負にならねぇー」
 仔猫を銜えたまま巣穴に帰ろうとしたイタチに、弱虫クーは仔猫を助けたい一心で体当たりをぶちかまし! ガツンという衝撃に思わず口から仔猫を離してしまったイタチの背中にクーが乗って押え込んだ。飼い猫は栄養状態が良くどの黒猫より体が大きいのです。
 イタチが怯んだ隙に黒猫たちがいっせいに襲いかかった。騒ぎを聴きつけて神主も出てきました。無残なイタチの姿に、こいつが小鳥を殺した真犯人だと分かってくれることでしょう。

 翌朝、クーは黒猫団に見送られて猫カフェ『にゃんこの館』帰還しました。――その勇気を黒猫たちに讃えられて!


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/03/17 泡沫恋歌

お馴染の猫カフェ『にゃんこの館』では、
12匹+ゲスト猫のスタッフが働いています。

その一匹、一匹のにゃんこにストーリーがあります。


この作品は猫カフェ『にゃんこの館』のシリーズ(ω゚∀^ω)ニャンニャーン♪


画像はその可愛さに癒される黒猫画像まとめ[随時更新していきます]からお借りしています。http://matome.naver.jp/odai/213494285670618601?&page=3

14/03/17 そらの珊瑚

恋歌さん、拝読しました。

クーの家出、最後に勇気を持つことができて、良かった!
このことはきっと大きな自信になることでしょう。
野良猫たちとクーの交流の様子に心がほんわかしてくるようです。

14/03/17 メラ

恋歌さん、拝読しました。

昔実家で飼っていた猫が、近所の野良猫の集会に参加しているのを見かけショックを受けました。一つはそんな集会が本当に存在していたという事(家のすぐ横の路地で)、そしてウチの猫は飼い猫なのに一員だった事。
猫はいったい何を話しているんだろうと、考えると未だに不思議な気分になります。こんな闘争やドラマがたくさんあるのかもしれませんね。

14/03/17 草愛やし美

泡沫恋歌様、拝読しました。

猫ちゃんたちにもいろいろな性格があるようですね。昔、我が家にやってきた野良猫二匹は、兄弟のようでしたが、一匹は凄く用心深く決して私達の与えるエサを食べませんでしたが、もう一匹は野良なのに、人懐こくて餌は食べるし、飼い猫のように縁側で昼寝はするわでした。私は、その猫に「ポイ」と名付けて可愛がりました。ポイと来た猫だったからです。黒白のぶちでしたが、その猫を思い出しました。
勇気を出したクーはもう弱虫なんかではないですね。可愛いお話でした。

14/03/22 泡沫恋歌

そらの珊瑚 様
コメントありがとうございます。

実はこのクーには本物のモデルがいるんですよ。
知り合いの飼い猫なんですが、ものすごいヘタレのオス猫で
神社で仔猫の時に拾われたそうです。

14/03/22 泡沫恋歌

メラ 様
コメントありがとうございます。

猫の集会って、何度か見かけたことはあります。
群れ社会だとは思わないけれど、案外、猫って群れてますよね。
そこに首輪のついた飼い猫も交じってることあるよね。

猫の集会で何を話し合ってるんだろう。
やっぱりボスを決まる選挙とかやってるんでしょうか?

14/03/22 泡沫恋歌

草藍 様
コメントありがとうございます。

猫にも、それぞれ性格があるようですよ。
一般にオスよりもメスの方が気が強いし、トラ猫よりも白猫の方が
用心深いと言われています。

白猫は目立つので敵に襲われやすいためにそうなったらしいです。

ポイって可愛い名前だなぁ〜(○^o^○)ニコッ♪

14/03/22 泡沫恋歌

OHIME 様
コメントありがとうございます。

猫はしたたかな生き物だと思う。
自分のことを好きな人間をちゃんと知ってて、媚びてる訳でもないのに
ちゃんと、心を掴んでいます。

あのツンデレな可愛さに猫好きは魅了されてしまう!

猫は飼うといわずに、「お世話させていただく」という、しもべ目線で一緒に
暮らしている人間も多いようです(ω゚∀^ω)ニャンニャーン♪

14/03/22 光石七

拝読しました。
にゃんて可愛いお話でしょう!
私、現在黒猫を飼っておりまして、手放しでクーたちを応援してしまいました。
最後の勇気も素敵、ニャンダフル!

14/03/23 ドーナツ

猫カフェ、今日寄らせてもらいました。大ファンです。

猫カフェの猫ちゃん、それぞれ個性的でかわいい、
クーちゃんも、ほんとは、一番正義感強くてタフなネコちゃんだったんだよね。
こういうのを「かっこいい」っていうんだろうなと思います。


猫カフェのますますの発展と、猫ちゃんたちの今後の活躍  楽しみにしてます。

14/03/23 泡沫恋歌

光石七 様
コメントありがとうございます。

いつも、マイページの黒猫ちゃんのお写真を拝見させていただいてます。
黒猫って、本当に凛々しい感じで、性格も人懐っこい子が多いと聴いてます。

実は、この物語のクーは知り合いが飼ってる黒猫がモデルなんです。

14/03/23 泡沫恋歌

ドーナツ 様
コメントありがとうございます。

いつも、ドーナツさん家の猫ちゃんの写真をブログで使わせていただいています。

猫カフェの話は私の作品のシリーズで12匹+αのにゃんこの話を書き切るのを
目標にしています。
今作で7作目かあ〜まだまだ、先は長いけれど猫たちのお話をじっくりと書いていくつもりです。

いつも、猫カフェ『にゃんこの館』に応援ありがとう!

14/03/25 鮎風 遊

猫カフェ『にゃんこの館』、クーの大活躍。
これで錦を飾れるかな。
鮎風の友達、クー君、これからも活躍して欲しいです。

14/03/25 泡沫恋歌

鮎風 遊 様
コメントありがとうございます。

ヘタレ猫のクーもこれでいっぱしの男(雄)になったと思います。
可愛い子には旅をさせろですね(笑)

鮎風さんのお友達のクーはこれからも猫カフェで頑張って働いて行くことでしょう。

14/03/25 朔良

泡沫恋歌 、こんにちは〜^^
拝読いたしました!

にゃんこたちが可愛いです(//∇//)
弱虫なクーちゃん、頑張りましたね!
可愛いにゃんこたちにめちゃ癒されました^^

シリーズということはこれからも猫たちの活躍が読めるのでしょうか?
楽しみにしてます^^

PS
鬼獣丸の受賞おめでとうございます!
恋歌さんの歴史もの好きなので嬉しいです!

14/03/25 朔良

恋歌さんごめんなさい!
最初の“さん”が抜けて、呼び捨てに;;
失礼しました、ごめんなさい。

14/03/27 泡沫恋歌

朔良 様
コメント&お祝いありがとうございます。

猫カフェ『にゃんこの館』は、シリーズで自分のブログやHPに
載せています。
この話で7作目になります。

さん、が抜けても気にしてませんから(○^o^○)ニコッ♪
私もよく、こういうポカミスをやらかします。


PS
果たして、シャム双生児の兄弟と巫女の関係で三角関係と言えるかどうか?
かなり奇想天外な設定でしたが、主宰者の方に気に入って貰えたようでした。

ログイン