1. トップページ
  2. 獄門磔(ごくもんはりつけ)の刑 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

6

獄門磔(ごくもんはりつけ)の刑 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

14/03/12 コンテスト(テーマ):第三回OC 【 廃 】  コメント:10件 鮎風 遊 閲覧数:3296

この作品を評価する

 町の外れに老舗料亭の廃屋がある。
 風光明媚な景観を売りにしていたが、リーマンショック後廃業となった。今では木々が館を覆い、また庭園にあるベンガラ色の獄門は朽ち、一面雑草が生い茂ってる。まさに由緒ある料亭は過去の遺物と化したと言える。それ故に危険、鉄条網が張り巡らされてる。
 こんな廃墟で、凄惨な斬首事件が起こった。所轄署は直ちに捜査に乗り出し、その第一報告書がここにある。

 有山弘喜は庭園内の獄門の門柱にロープで括り付けられ、5本の矢で射貫かれた。その上、首がすっぱりと切り落とされていた。
 有山という男、弱者を脅し、金品を巻き上げる犯罪歴がある。町では胡麻の蠅と呼ばれていた。また最近、女子高校生の白滝雪菜に執拗につきまとっていた。女高生はこれに悩み、自殺した。
 こんな事態を受け、ウェブ内で人民裁判なるものが秘密裏に開かれた。これにログインした人民からの投票で判決が下った。
 白滝雪菜を死へと追い詰めた罪は重い。まさしく町の恥。よって死罪の『獄門磔の刑』とする、と。
 その1週間後、有山は人民に拿捕されたのだろう、刑は執行され、首が撥ねられた。
 その第一発見者は散歩中の老人。連れていた犬がいきなり敷地内へと。鉄条網を潜り追い掛けると、獄門に生首が転がっていた。
 老人は驚き、まず友人の記者に携帯で相談した。その後警察へ連絡する。これによりマスコミ関係者が先に現場に到着することとなり、現場は荒らされた。初動捜査は遅れたが、現時点での主な判明点は次。
 1.犯行推定時刻は前日の18時
 2.有山に射られた矢は、白滝雪菜が通っていた高校の洋弓部の矢

 以上が報告書、だが一方の新聞は『獄門磔の刑は執行された』と生々しい現場写真を載せ報じた。そして無法者が殺され、町民はこれに喝采しているところもあると。
 だが決して許されることではない。警察としては早く解決したい。その一環で、捜査一課の百目鬼 学(どうめき がく)と部下の芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事が急遽捜査に加わることとなった。二人は早速報告書に目を通した。しかし、二人とも頭を抱える。なぜなら、この犯罪は町ぐるみであり、かつ学校ぐるみであると直感したからだ。

「芹凛、まず人民裁判の首謀者を見つけ出そう。俺は町で聞き込みするから」
「じゃ、私、学校を当たってみるわ」
 こんな息の合った会話後、飛び出して行った二人、夕刻に顔を合わせ、まず芹凛が報告する。
「一つわかったのですが、白滝雪菜の担任は女性教師の政所真可。独身で、なかなかの美人よ。それにしても、まだ詳細不明ですが、この女教師も白滝と同じように有山からストーカーされてたようです」
 有山のストーカーは金目当て、やっぱり他にも被害者はいたか、と考えを巡らす百目鬼に芹凛が続ける。
「だけど意外なんですよ、少し弱々しい政所はカリスマ性があって、指導をしている新聞部では女王様的存在です。部員たちは政所に絶対服従で、結束が強いんですよね、しかも異常なやり方で」
 これに耳を傾けていた百目鬼、「どんな異常なんだよ?」と間髪入れずに突っ込む。芹凛はこんなリアクションに怯むことなく、「団結のために一つまでの嘘は許す。こんな掟を強いてるのよ。これって自己中で、悪だくみがありそうだわ」と眼差しを鋭くする。
「その悪だくみとは?」 さらなる百目鬼の切り返しに、芹凛は顔を赤らめる。そして、「部員全員が、あの殺人のあった時間、政所先生は私たちと一緒だったと言うのですよ。これって、掟通りで、全部嘘ですよね」と。
 百目鬼は手を頬に持って行き、伸びた髭を無造作に摩る。「第一発見者の老人は人民裁判の一員、また5本の矢は5人の執行者を表す。何か見えて来たようだが、町の者や女教師の周りの者は全員嘘を吐くってことか、この事件の解決はちょっと」といつもの切れがない。そして徐に、「俺は政所のような女は苦手だ、だから芹凛、お前が落としてくれないか」と弱気。なぜなら、たとえ百目鬼が百戦錬磨であっても、正義感の強過ぎる女教師なんて、どこを攻めれば良いのかわからない。

 毒を以て毒を制す、ここは芹凛に委ねるのが一番。もちろん芹凛はそんなこと合点承知だ。
 それでも百目鬼、「Okie Dokie」と二つ返事の芹凛が気になる。「どうゲロさせるんだよ」と一応上司としての確認をすると、芹凛はフフフと不気味に笑う。
「もちろん政所真可には、無法者を獄門磔の刑で処罰した、立派だわ。これであなたは正真正銘の女王様よ、と持ち上げて、最後は、部員は全員白状した、あなたは裏切られたのよ、って追い詰めてやるわ」
 百目鬼はこの魔女、芹凛の執念に背筋を凍らせた。だが後は、前のめる部下の勢いを少し鎮めてやるのだった。
「仮説は今のところ事実ではない。明日から一つ一つ確かめて行こう」と。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/03/12 朔良

鮎風 遊さん、こんばんは。
拝読いたしました。

このシリーズいつも楽しみにしています。
老舗料亭の廃屋で斬首事件、舞台だけでもおどろおどろしい雰囲気が伝わってきます。
今回は、百戦錬磨の百目鬼さんの意外な弱点と、芹凛さんの怖い一面が印象的でした。

14/03/12 泡沫恋歌

鮎風 遊さん、拝読しました。

ミステリー物、読んでてワクワクしましね。
百目鬼 学と芹凛の息のあったコンビも見ものです。

2,000文字での謎解きは大変だと思うけれど、
このシリーズ、これからも続けてくださいね。

14/03/12 草愛やし美

鮎風遊様、拝読しました。

シリーズ化に決定しましたね、この字数で、推理物に挑戦される姿勢が素晴らしいです。

老舗の料亭が廃屋、もうこれだけで舞台はできあがっていますよ、おどろおどろしい事件が起こってしまうと思います。猟奇的事件が、町ぐるみなんて、リアルではあって欲しくないことですが、物語としては面白く、楽しませていただきました、ありがとうございました。

14/03/14 タック

鮎風 遊さん、ご投稿ありがとうございます。拝読いたしました。

廃墟、斬首、町ぐるみの犯行とワクワクするような材料が詰め込まれていますね。その素材を、文字数が限定された中で物語へと昇華する力量は素晴らしいと思います。

14/03/15 鮎風 遊

朔良さん

コメントありがとうございます。

実は芹凛、結構やり手なんです。
おどろおどろしいと感じて頂ければ、嬉しいです。

14/03/15 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

このコンビで、これからも続けさせてもらいますので、
よろしく。

14/03/15 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

町ぐるみの犯罪、これの解決は難しいですよ。
それに今回百目鬼と芹凛は挑戦です。

14/03/15 鮎風 遊

タックさん

身に余るコメントを頂き、ありがとうございます。

これからも、世の中で一番面白い物語を探すため、
精進して行きますので、今後ともよろしくお願いします。

14/03/15 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

獄門磔って、今回は金田一耕助さんが出てくるような話でしたね。
一話ごとに芹凛が成長しているような…気のせいかな〜
面白かったです。

14/03/16 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメント、ありがとうございます。

そうですね、芹凛、ちょっと成長したかな?
事件の数だけ強くなるタイプなんでしょうね。

ログイン