1. トップページ
  2. 湧く泉

かめかめさん

http://ameblo.jp/kamekame1976/ ブログデシセイカツバクロチウ

性別 女性
将来の夢 印税生活
座右の銘 ハワイに行きたいと思ったら、一歩踏み出さないといけない。 ハワイは向こうから近づいてこない。

投稿済みの作品

4

湧く泉

14/02/24 コンテスト(テーマ):第五十二回 時空モノガタリ文学賞【 勇気 】  コメント:8件 かめかめ 閲覧数:1662

この作品を評価する

 まあるい夕陽が沈む。
 うすくひろがる雲のすきまから、光の帯が垂れていて天使が舞いおりてきそうだ、と由佳は思う。白百合を手にしたガブリエル。キリストの母、マリアに神の子を宿したことを知らせた精霊。知らぬ間に孕んだ妻を、夫のヨセフはどう思ったのだろう。我が子を抱けないと知ったヨセフは?
 窓の外でかわいた洗濯ものがゆれている。よく晴れた一日だった。とはいえ、早春のこと。陽がかたむくまで干しておいては湿ってしまうと思うのだが、なんだか体を動かしたくなくて、ぼうっとしている。

 病院通いも最初のころは、こわくてこわくて泣く思いで道を行ったものだ。それが最近はだんだん苦にならなくなってきている。だが、抗がん剤のつらさには慣れない。だるさ、吐き気、脱毛、それらに耐え続ければ、いつかはまた元の生活に戻れると思っていたのに。
「進行スピードが速すぎるのです。子宮を切除しないと、転移の危険性があります」
 主治医の言葉がいまだ耳の表面に張りついて止まっているようで、意識の中にきちんと入ってこない。その言葉をどうやって言えばいいのかと考えるだけで寒気がする。
 見つめているうち夕陽は沈み、美しい赤だけを残し、部屋は薄暗くなっていった。
 
 手術を拒否することもできなくはない。転移の可能性は、あくまで可能性だ。起こらないかもしれないことだ。もちろん切除してしまうのが一番安心だ。だが夫はなんと言うだろう。誰よりも由佳が治ることを願ってくれたのは夫だ。いつも優しい彼が、さらに手取り足とりするほどに親身になって看病してくれた。苦痛でままならない家事も、夫が率先してやってくれた。
「由佳はゆっくり体を治すことだけを考えてくれたらいいんだよ」
 優しい言葉を思い出すのが、今はつらい。

 叔母の聡子が乳房切除したときのことがつれづれ思い出される。子育ても終わり、もうすぐ孫も生まれようというのに、自分の身を抱いて泣きわめいていた。ふくませる乳も枯れていように、と由佳は陰で呆れていたものだ。友達が流産した時には見舞いにも行かず、同情すらしなかった。
 どうしてあんなに優しくなかったのだろうと悔やんでも悔やみきれない。今なら。そう、今なら誰よりも、彼女たちに同情できるのに。
「……バチがあたったんだわ」
 由佳は下腹部を撫でさする。まるでいとし子を孕んでいるかのように。

 夫は子供好きな人だ。いつだったか二人で公園にピクニックに行ったことがある。よく晴れたまぶしい日曜日だった。広い公園のあちこちで小さな子供連れの親子が、思い思いに楽しそうに過ごしていた。夫はそれをにこやかに見ていた。
 芝生に座ってサンドイッチをつまみながら、夫がにやにやして言った。
「オレ、子供をダースで作って、サッカーチームを作りたいんだ」
「十二人? なんで十一人じゃないの?」
「一人は審判だよ」
 くだらない冗談を思い出し、由佳はクスッと笑う。口に当てた左手に、ぽたりと滴が落ちた。手をやると、いつのまにか目には涙が浮かんでいた。由佳自身はそれほど子供を望んでいないと思っていた。それなのに。

「どうしたの? 電気も付けないで」
 部屋に入ってきた夫が電気のスイッチを入れるまで、暗くなっていることにも気がつかなかった。夫は由佳の目が赤いことを見つけると、ゆったりと歩み寄り由佳を抱きしめた。
「ごめんな、由佳」
「どうしてあやまるの?」
「君が辛いのに、オレは何もしてやれない」
「そんな……」
「オレが代わってやりたいよ」
「あなた……。あなた、ねえ、このまま私が治らなかったら、どうする?」
 夫は由佳の両肩を強く握って、その顔をのぞきこんだ。
「どうやっても治そう。他の医者を探してもいい。外国に良い医者がいると言うなら、そこまで行こう。オレは由佳がいれば何もいらない」

 由佳はギュ、と口を引き結んだ。そうしていないと泣いてしまうと思って。
 私はなぜわからなかったんだろう。夫は由佳の命だけを心配してくれていたのに。由佳はもう一度、下腹部をさすると夫の顔を見上げた。見慣れた夫の顔。優しい微笑みが、なによりも頼もしく由佳の背を押してくれた。
「私、子宮を摘出します」
 あんなに恐れた言葉が、今はするりと口から出てくる。夫は由佳を見つめると、しっかりとうなずいてくれた。
 この人と一緒ならば、私はなんだってできる。由佳の目から、大粒の涙がぼろぼろとこぼれた。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/02/24 草愛やし美

かめかめ様、拝読しました。

女性には最も辛い選択だと思います。子供を産めない体は、女でなくなってしまうような気がするものです。命が一番だとわかっていても、できればとないものねだりをしてしまいます。今までそれほど子供なんて望んでいないと思っていたのにというくだりが切ないです。
いい旦那様でよかったですね。世の男性がみなさんこんな優しい思いやりがあれば、子供を持てない女性も生きていけると思います。複雑な心境を書かれていて心情がとてもよく伝わってきました。

14/02/24 草愛やし美

かめかめ様、拝読しました。

女性には最も辛い選択だと思います。子供を産めない体は、女でなくなってしまうような気がするものです。命が一番だとわかっていても、できればとないものねだりをしてしまいます。今までそれほど子供なんて望んでいないと思っていたのにというくだりが切ないです。
いい旦那様でよかったですね。世の男性がみなさんこんな優しい思いやりがあれば、子供を持てない女性も生きていけると思います。複雑な心境を書かれていて心情がとてもよく伝わってきました。

14/02/24 草愛やし美

かめかめ様、すみません、PCの不具合か、接続がうまくいかなかったからでしょうか、なかなかサイトが開けなくて……コメントが二重になってしまいました。ごめんなさい。

14/02/25 朔良

かめかめさん、こんばんは。
拝読いたしました。

かめかめさんの描写はとても美しいですね。いつもそれに引き込まれてしまいます。
女性にとっては最もつらい選択を勇気をもってなした由佳さんにエールを!
素敵な旦那様がそばにいてくれて、本当によかったと思いました。

14/03/06 かめかめ

>草藍さん
コメントありがとうございます。
二回でも三回でも四回でも、何度でもお待ちしています^^
主人公の心情を汲んでいただけて嬉しいです。

>朔良さん
ひえ〜
描写をほめていただけるなんて思ってもみませんでした。
ありがとうございます。
夫が素敵と思って頂けるように描けて良かったです^^

14/03/19 gokui

 読ませていただきました。
 勇気、というと自分自身の決断だと思っていましたが、夫婦の勇気というのもあるんだなあと感心してしまいました。いい切り口の作品でした。

14/03/25 そらの珊瑚

かめかめさん、拝読しました。

子宮を摘出するという決断は、命を最優先しなければいけないということがわかってはいても、辛い選択であるだろうと思いました。
でも一番そばにこんなにも優しい夫がいる。
主人公はある意味すごく幸せな人ですね。

14/04/07 かめかめ

>gokuiさん
夫婦で一つの気持ちになれたら、幸せでしょうね、と思います。
コメントありがとうございます。

>そらの珊瑚さん
夫を褒めて頂いてありがとうございます。名前もない男ですが、夫冥利につきると思います。
コメントありがとうございます。

ログイン