1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載21

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

漢字一文字の旅 連載21

14/02/22 コンテスト(テーマ): 第二十六回 【 自由投稿スペース 】  コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:1720

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。


連載21  得 座 絶 鹿 矢 替

21−(1) 【得】

 【得】の左の行人偏は「行く」の意味。
 そして右部は、手の意味のある「寸」に「貝」が乗ってる形だとか。

 これらの組み合わせによる意味は、南方へと出掛けて行き、価値ある子安貝(貨幣)を手に入れること。
 つまり、ここから「える」の意味になったそうな。
 うーん、なるほどと感心してしまう。

 さて、この【得】は(とく)と読むが、同じ(とく)でもすぐれた品性を表す「徳」がある。
 ちょっとこの二つの関係がややこしい。

 店舗に物を買いに行ったら、店主が「これ、おとくですよ」と言い寄ってくる。
 この(とく)は【得】ではなく、「徳」だ。
 要は、「気高き商売をしてます、嘘はついてませんよ」という「お徳」なのだ。
 本当はお【得】の方が安いようで、思わず買ってしまうと思うが……。

 また、「早起きは三文のとく」、これも「徳」が正しい。
 三文の【得】ではないのだ。
 なにか早起きした方が儲かるような気がするが……。

 どうも【得】という漢字、いつも暮らしの欲が絡まってしまうようだ。


21−(2) 【座】

 【座】、中の「坐」は裁判を受けるため、神の左右に人が「土」に座る形だとか。
 そして、それは廟で行われたため、その屋根の形の「广」が被せられたそうな。

 こんな【座】、寺院や神社、あるいは権力者の保護を受けた組合を【座】と呼ぶ。
 例えば、中世の油商人の組織が「油座」、また青苧商人が結成した座を「青芋座」とした。

 そんな閉鎖的で権力的な【座】を打ち破るように、織田信長は安土城城下に商業特区、つまり「楽市楽座」を開いた。
 当時としてはなんと斬新なアイデアだっただろうか。

 この「楽」という漢字はフリー(自由)という意味であり、要は買う側に対してはフリーマーケット。
 また売る側に対しては楽座、つまり組織に属す必要はないということなのだ。

 そして時を経て、豊臣秀吉は「銀座」を全国展開させた。
 秀吉は大坂に常是座(じょうぜざ)を開設させた。
 銀貨に刻印を打ち、銀貨の品位を保証するためだ。

 その後、覇権を握った徳川家康は慶長六年(1601年)に京都伏見に「銀座」、貨幣鋳造所を開設した。
 その後の慶長十七年、江戸新両替町に「銀座」、貨幣鋳造を開いた。
 このように「銀座」の歴史は古い。

 また「星座」、なぜ【座】なのだろうか?
 かっての中国では北極星が皇帝であり、その周りの家臣たちの位置を【座】と言ったとか。
 それに見立てて、星の集まりを「星座」と呼ぶようになったそうな。

 事ほど左様に、【座】という漢字、いろいろなものを座らせてくれているのだ。


21−(3) 【絶】

 【絶】という漢字、織機の糸を切断する形だとか。
 そこから「たつ」、「たえる」の意味になったそうな。

 また元の色糸の意味もあり、それははなはだ優れていて、そのはなはだの意味を込め「絶妙」という熟語が生まれた。

 そんな【絶】だが、「絶望」、「断絶」、「絶命」と悲観的な熟語を多く作る。
 そして「絶食」などと、食いしん坊にとっては話題にもしたくないが、四年以上も「絶食」し、頑張ってるヤツがいる。

 それは鳥羽水族館に棲むダイオウグソクムシという深海生物。
 その姿は、言ってみればダンゴ虫の海底版。
 掃除屋と呼ばれている。

 そんな絶食ヤローに係員が美味いアジを与えても、知らんぷり。こうして四年の歳月が流れてしまったそうな。
 こいつ、何が楽しみかは知らないが、とにかく食べることに興味がないのだ。

 さそかしダイエットでスリムだろうと想像するが、ダンゴ虫のように鎧を着ており、誰もそのナイスボディを確認していない。

 とにかく【絶】という漢字、「絶食」などと厳しい字だが、これを実行してしまうヤツがいるのだから……。
 いずれにしてもダイオウグソクムシを精一杯応援し、【絶】賛してやりたい。


21−(4) 【鹿】

 【鹿】、動物の「しか」を横から見た象形文字だとか。
 そう言われれば、そのようにも見えてくるから不思議だ。

 奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く【鹿】の 声きく時ぞ 秋は悲しき

 そんな【鹿】の鳴き声は穏やかで、哀愁が漂う。
 そして、【鹿】が鳴くことを「鹿鳴」(ろくめい)と言う。

 明治十六年(1883年)、鹿鳴館が落成した。
 その思いを外務卿の井上馨は宣言した。
 「国境の為に限られざるの交誼(こうぎ)友情を結ばしむる場となさんとする」と。
 ここから鹿鳴館時代が始まった。

 毎夜、外国人賓客を招き舞踏会が催された。
 そして当然ながらそこには華が咲いた。

 鹿鳴館の華と呼ばれた大山捨松(おおやま すてまつ)、戸田極子(とだ きわこ)、そして陸奥 亮子(むつ りょうこ)だ。
 いずれも美貌の貴婦人たちだった。

 その一人の大山捨松は新島八重より十五年遅く会津若松で生まれた。
 幼い時は「さき」と呼ばれていた。

 さきが十一歳の時、津田うめを含む少女たちと共に、米国へ留学した。
 その旅立つ時、横浜港まで見送った母が「娘を一度捨てた、だが帰国を待つ(松)」とし、「捨松」と改名させたそうな。

 十一年間米国に滞在し、勉学に励み、また西洋文化を吸収し帰国した。
 その後、参議陸軍卿の伯爵・大山巌と結婚する。
 披露宴は鹿鳴館で開催され、一千人の人たちが招待され、それは盛大なものだったとか。
 美貌の大山捨末はドイツ語、フランス語、英語に堪能であり、鹿鳴館の華と言われるようになった。

 こんな華やかな鹿鳴館、本当のところ外国人にはどのように映っていたのだろうか?
 フランスの海軍仕官、ピエール・ロティは後の小説に描写した。
 鹿鳴館は温泉町の娯楽場、振る舞いは笑劇、まったく猿真似だ、とまことに辛辣。
 しかし、どうもその通りのようで、まんざら嘘ではなかったようだ。

 明治二〇年四月二〇日、時の権力者・伊藤博文は鹿鳴館の横滑りで、首相官邸でファンシー・ボール、つまり仮装舞踏会を開催した。
 これに四〇〇名が参加し、牛若丸、白拍子、七福神などと着飾って……、とどのつまりが乱痴気騒ぎに。
 男たちは酔っ払って服を脱ぎ、女たちは悲鳴を上げて逃げまどう始末。

 結果、「某所の宴会」での、「某」と「某候の妻」が……との噂が流れた。
 なわち、好色の伊藤博文が岩倉具視の次女・鹿鳴館の華の戸田極子夫人を庭の茂みに誘い込み、強姦しようとした、と。

 さらに、極子は裸足で逃げ、なんとか無事だった、と言い訳がましく。
 こんなスキャンダルを新聞が報じた。

 このような目に余る風潮を批判し、「女学雑誌」は社説で、鹿鳴館は「姦淫の空気」と断じた。

 いやはや【鹿】という漢字、本来は
 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 【鹿】ぞ鳴くなる 

 と趣のある漢字だが、……、それ以来、全国の【鹿】が怒ってるとか。


21−(5) 【矢】

 【矢】、まさに矢の形だ。

 【矢】は神聖なものであり、誓約の時に矢が使われるため、「矢う」(ちかう)とも読まれる。
 また音読みでは(シ)、誓う言葉は「矢言」(しげん)、流れる矢は「流矢」(りゅうし)という。

 さてさて、時代は「今でしょ」のアベノミクス。
 (1)大胆な金融政策、(2)機動的な財政政策、(3)民間投資を喚起する成長戦略
 これらが三本の矢だという。

 元々三本の【矢】は毛利元就(もうりもとなり)の伝説。
 矢一本なら一人の力で折れる。だが三本となれば折れない。
 従って三人で力を合わせれば強い、という息子たちへの教え。

 だが、この伝説は後から作られたものだとされている。
 それ以外に、実は三本の矢はバキッと折れてしまった、という説もある。
 それは、三人協力し合っても、折れる時は折れるものだという悲観的な教訓となっている。

 いずれにしてもアベノミクスの三本の【矢】、折れないことを祈るが、毛利元就の【矢】も含めて、真実はたった一つなのだ。

 そう、いつの世も、光陰【矢】の如しなり……なのだ。


21−(6) 【替】

 【替】、上の部分は正面を向いて立つ人の姿。
 そして下の「日」と組み合わさって、裁判で宣誓する原告と被告を表すとか。

 裁判で敗れた者は棄てられるため、【替】はここから「あるものを除き、別のものを置く」の意味になった。

 その通り、政権であっても【替】、あるもの(民主党)を除き、別のもの(自民党)、つまりアベノミクスの政治となった。
 そして甘利大臣は高らかに、2013年年末の日経平均は一万三千円になる、とぶち上げた。

 それは早々と達成されてしまったが、石川さゆりの名曲・天城越えまでもが【替】え歌にされた。

 『甘利越え』

  隠しきれない デフレ香が
  いつしか日本に 染みついた
  誰かに盗られる くらいなら
  バブルを起こして いいですか

  値乱れて サプライズ
  九十九折り 常連の買い
  株上がり 円落ちる
  肩の向こうに あなた……兜町(しま)が燃える

  何があっても もういいの
  黒田と燃える 火をくぐり
  あなたと 越えたい 甘利〜越え

 まさに世運隆【替】(せうんりゅうたい)、
 時勢は衰えたり、盛んになったりするものだと思い知った今日この頃と言わざるを得ないのだ。

 あ〜あ、♪ 何があっても もういいの ♪ とヤケクソで、思わず口ずさんでしまいそう。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/02/23 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

ダイオウグソクムシはついに絶命しましたね。たしか・・・
一日でも絶食できない、私にとってまさに奇跡のような存在でした。

鹿鳴館のお話を興味深く読ませていただきました。
当時はやっぱり、紳士淑女の社交場なんてお上品にはいかなかった
ようですね(笑)

14/02/23 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

鹿の鳴き声ってきいたことがないので、いつかきいてみたいです。
深海から替え歌まで、自由な旅にお伴させていただき、楽しかったです♪

14/02/24 草愛やし美

鮎風遊様、拝読しました。

連載も21回ですか、継続は力なり、素晴らしいですね。  
「得」ってそうでした、「徳」がありますね。商品がお徳は、お得って使われていますね。意味の違いあるのも気づかず、知らなかったです。

「座」中学くらいかな、確かに習いました。楽市楽座とか、思い出しました。最近は、膝が駄目で正座ができませんわ。

「絶」ダイオウゾクムシ死んじゃいましたね。生きることを拒絶したかのように。
余談ですが、絶で、即、絶頂を思い出した私って、若い? 苦笑

「鹿」鹿鳴館、そんな時代に生きていれば、たぶん路頭に迷っていた身分だろうかと思います。今の世でよかったと思う馬鹿ものです。午年に鹿となれば、馬鹿しかない。妙なことしか頭に浮かばない私。大馬鹿かも。

「矢」三本の矢でも、弱ければ折れますよね。どうぞ、阿部さんの矢が折れないようにと祈っています。もはや1・2本折れているのに気付いてないだけだったりして……。苦笑

「替」ええ、こんな替え歌あったのですか、巧いなあ。どなたのお作なのかしらん。面白いですわ。

今回も充実した内容、私の空っぽの脳みそにも刺激を与えられ、少しは賢くなったかと期待しております。ありがとうございました。

14/02/27 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

そうなんですか、ヤツは絶命したのですか。
生涯一回も腹一杯食べずに。
夢でも食べてたのかな?

鹿鳴館は名前はしゃれてますが、中身はどうも破廉恥な場のようでした。

14/02/27 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

はい、自由な旅です。
気軽にお付き合いのほどを。

14/02/27 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

買い物は「お得」の方がピンときますがね。
ダイオウゾクムシは亡くなったんですね。何か食べさせてやりたかったですが。

そうですね、安部さんの矢、金属製なら良いのですが。
曲がるくらいなら辛抱しまっせ。

『甘利越え』、名作ですね。
作者は双日総合研究所の吉崎達彦さんだとか。

♪ 何があっても もういいの ♪
この一節が心に響きますが、やっぱりしっかり越えて欲しいです、甘利さん。

ログイン