1. トップページ
  2. 鬼獣丸

泡沫恋歌さん

泡沫恋歌(うたかた れんか)と申します。

性別 女性
将来の夢 いろいろ有りますが、声優ソムリエになりたいかも。
座右の銘 楽しんで創作をすること。

投稿済みの作品

9

鬼獣丸

14/02/21 コンテスト(テーマ):第五十回 【 三角関係 】 ターザン山本賞 コメント:20件 泡沫恋歌 閲覧数:3783

時空モノガタリからの選評

モノガタリへの旅。それはホラーへの誘惑。いつだっておぞましい。誰だって怖いもの見たさ。行きはヨイヨイ、帰りは…。お待たせしました。タイムマシンエキスプレス号。VIP待遇特等席。時空を超えてさあ。行き先は「平安京」。それはまるで白黒映画、影絵の世界。兄と弟。実はひとりの人間の中の二重人格。モノガタリ、モノガタリ、ようこそホラーをもう一度。

ターザン山本!

この作品を評価する

 殿上人の姫君が鬼の子を産んだと京童たちの間で噂になった。
 治部卿の娘、一の君が父親の分からぬ赤子を産んだが、それは鬼の子だったというのだ。
 産み落とした我が子をひと目見るなり、余りのおぞましき姿に発狂し姫は身まかった。治部卿は異形の孫を葬り去ろうとしたが、陰陽寮の技官に鬼の祟りがあるやも知れぬゆえ、殺さず、人目に触れぬように生かせと助言された。一の君の産んだ男児は、屋敷の奥深く密かに育てられていた。

 時は流れ、治部卿はこの世を去り、屋敷には三の君とその母君が住んでおられた。
 和歌を詠み、才色兼備と謳われた三の君の元には中納言家の嫡男が通って来られるようになった。かつての悪い噂を耳にした中納言の嫡男は三の君の身を案じて、一人の霊力の強い巫女を使わした。
 千種(ちぐさ)と呼ばれる娘は十五になったばかりだが、伊勢の斎宮の元で修業を積んだ巫女だけあって、凛とした出で立ちは威厳すら感じる。
 ある夜、千種が夜回りをしていると美しい笛の音が聴こえてきた。何処からと探しあてれば竹林の奥から灯りが洩れている。近づいてゆくと何やら結界が張られていたが、笛の音に惹かれて奥へ入っていった。
 縁側に腰かけて若者が笛を吹いていた。月の光に照らし出された貌は気品漂う公達であった。齢は元服したばかりであろうか。
「汝は何者ぞ」
 千種は若者に声を掛けた。
「おや、貴女には私が見えるのですか」
「美しい笛の音に惹かれて足を踏み入れてしまった」
「今宵の月に捧げるために吹いておりましたが、まさか天女が舞い降りるとは……」
「吾は巫女なり。結界の庵に棲む汝の名を明かせ」
「鬼獣丸(きじゅうまる)と申す者。分けあって幽閉されています」
『誰と話しておるのじゃあ!』
 いきなり訛み声が響いた。見ると若者の背中からもう一人男の貌が覗いていた。
「やや、おのれ妖しか?」
「巫女殿、これは弟です。私たち兄弟は腰から上に二つの躯が付いた異形の者に御座います」
『兄者、この女を喰ってもいいか』
 背中の男の貌には角と鋭い牙が生えていた。
「ならね! 巫女を喰う祟りがあるぞ」
「この屋敷に鬼の子が居ると聴いたが汝らのことであったか」
「見ての通り、弟は怖ろしい鬼なのです。そのせいで、この私まで生まれた時からここに閉じ込められています。どうか、私を外に出してください」
『兄者! わしは人間の女を喰いたいぞおー』
 背中の男はそう言って暴れている。
「難儀よのう。汝らは躯が繋がっておるゆえ……」
 庵に張られた結界が弱まってきている。いずれ破られて鬼獣丸は野に放たれ悪さをするであろう。鬼と人と二つの躯を持つ兄弟を引離すことはできるのか。千種は己の霊力で何とかしてやりたいと思案した。
 明日の夜また来ると兄と約束して結界の庵を去った。

 次の夜、千種は神楽を舞う巫女の正装で現れた。
「巫女殿、その出で立ちは……」
「鬼の瘴気を祓うために吾が神楽を舞って進ぜよう。汝は笛を吹け」
 鬼獣丸の兄の笛に合わせて、手に持った鈴をシャンシャン鳴らし多々羅を踏んだ。篝火に映えて妖艶に舞う巫女の姿である。
『止めろ! く、苦しい……』
 千種の放つ霊力に背中の弟が苦しみ出した。
『おのれ……喰い殺してやる』
 鬼の形相で黒い息を吐きのた打ち回る。
「巫女殿! 今じゃ、弟を調伏してください」
 いつの間にか懐剣を取り出し、呪文を唱えながらくるくる舞い踊り、一気に振り下ろした。

 ぎぇえええ――――闇を切り裂く咆哮が轟いた。

「な、なぜ……この私を……」
 鬼獣丸の兄の胸には懐剣が突き刺さり、ドス黒い血が流れていた。
「鬼め! 正体を現わせ」
 見る見る兄は般若の貌に変わっていった。
「よくも、俺の正体を見抜いたな……巫女めが……」
「汝の口から生臭い瘴気が出ておったのじゃあ。鬼は弟ではなく、兄の方だと最初から気づいておったわ。弟は人の心を封印されて鬼の姿にされていた。鬼は狡賢いので、そうやって謀るものよ」
「畜生……」
 鬼の兄は胸を掻き毟り息絶えた。身二つの兄弟だった兄の躯が腐った柿のようにぐしゃりと地面に落ちると、どろどろに溶けて土中に吸込まれていった。
 そして背中の弟は美しい若者に変身していた。
「ああ、やっと人の心に戻ることができました」
 弟は身一つになった躯を不思議そうに見ている。
「汝、ここを出ても棲む処があるまい」
「はい」
「吾に付いてきやれ」
 そして鬼獣丸は陰陽諸道を執り行う家に預けられた。
 やがて年齢と共に巫女の霊力が衰えた千種は職を辞して、陰陽道博士の鬼獣丸と夫婦になった。二人の間に生まれた男児が、後の世に“稀代の陰陽師”と讃えられた安倍晴明であったといわれる。
 晴明は千種の霊力と鬼獣丸の鬼の妖力を得て、妖かしどもを次々と調伏していったのである。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/02/21 泡沫恋歌

平安物が好きなので三角関係をテーマに書いてみました。

日頃、使わないような漢字や言葉がありますので読みづらいかも知れませんが、よろしくお願いしますO┓ペコリ

ちなみに、陰陽師・安倍晴明の母親は狐だという言い伝えがあるそうです。


画像は検索して使わせていただきました。
晴明神社のお守りは我が家にもひとつあります。

14/02/22 朔良

泡沫恋歌さん、こんばんは^^
拝読いたしました。

平安物! 陰陽とか安倍晴明とかいいですよね〜。機会があれば調べてみたいと思っていたので、引き込まれてしまいました。
半人半鬼の兄弟の設定も面白く、鬼の調伏の場面も一筋縄ではいかない展開で、さすが恋歌さんと唸らされました。
すごく面白かったです。また良いお題があったら平安もの書いてください^^

14/02/22 鮎風 遊

逆転、面白かったです。
こういう因縁だったのですね。
やっとわかりました、安倍晴明が。
しかし、千種も妖魔かな。

14/02/22 ドーナツ

拝読しました。

恋歌さんの平安物の大ファンです。

安倍晴明につながる話の流れがすごいうまいなと感心しました。

ひょっとして、これは事実かも なんて思ってしまいました。

それにしても平安という時代、あやかしがよく似合います。
清明&千種のペアであやかし退治の続編なんか期待しちゃってますが(笑

14/02/23 草愛やし美

泡沫恋歌様、拝読しました。

素晴らしい力作ですね。逆転していたとは……。霊力のある巫女のお蔭で、一人の若者が救われた、そうして歴史が整い、なるほど、そうなのかと、最後の文に至り、納得。何度も頷きました。

恋歌さんの時代物は歴史実にのっとり壮大なドラマが描かれていて、毎回凄いと感心しています。今回のもまた秀逸でした。二千文字で、ここまで筋立てて書かれている力量、さすがだと感服しました。面白かったです、ありがとうございました。

14/02/23 黒糖ロール

拝読しました。平安時代もの、よいですね。
楽しませてもらいました!

14/02/23 そらの珊瑚

恋歌さん、拝読しました。

おどろおどろしい鬼の物語、ハラハラしつつもなめらかな筆運びにあっという間に読んでしまいました。
とっても面白かったです!

14/02/23 gokui

 読ませていただきました。
 この文字数でこの内容。本当にうまいですねえ。陰陽師の映画の最初にテロップとして流してもいいような内容ですね。

14/02/24 泡沫恋歌

朔良 様
コメントありがとうございます。

平安物や時代小説は好きで自分のHPに結構書いてます。
もっと、年取ったら時代小説書きに成ろうと思ってます。

理由は年取っても時代小説ならセンスの古さがバレないからです。

平安時代の風俗史などはネットでいろいろ調べられますよ。

14/02/24 泡沫恋歌

鮎風 遊 様
コメントありがとうございます。

鮎風さん、この話はフィックションですから。
安倍晴明の出生は謎とされているので、勝手にこういう仮説を作ってみました。

巫女の千種も妖しみたいなものかもね(笑)

14/02/24 泡沫恋歌

ドーナツ 様
コメントありがとうございます。

いつも平安物と猫物を書くと喜んでくれるドーナツさんには感謝です。
やっぱり、読んでくれる人がいないと書き手はモチベーションが
上がりませんからね。

いつか、平安物の妖怪退治を書いてみたいなあ〜♪

14/02/24 泡沫恋歌

草藍 様
コメントありがとうございます。

三角関係で意外性をついて、平安の妖怪物にしてみました。

千種と鬼獣丸の兄と弟で三角関係です(笑)
最初の書きだしと話がちゃんとオチまで入るか心配でしたが何んとか書き切りました。
(*´-ω-`)=3フゥ

時代小説はどうしても説明が多く必要とされるので文字数がたくさん要りますね。

14/02/24 泡沫恋歌

黒糖ロール 様
コメントありがとうございます。

初めまして、泡沫恋歌です。
平安物ですが、楽しんで貰えて良かったです。

今後共、どうぞよろしくO┓ペコリ

14/02/24 泡沫恋歌

そらの珊瑚 様
コメントありがとうございます。

前から平安物の鬼の話を書いてみたいと思ってました。
陰陽師・安倍晴明のお話は小説も漫画も映画も好きでしたから・・・

安倍晴明ラブを込めて書きました(笑)

14/02/24 泡沫恋歌

gokui 様
コメントありがとうございます。

陰陽師の映画の最初にテロップとして流してもいいような
内容とまで言っていただいて嬉しいです。

今後共、どうぞよろしくO┓ペコリ

14/02/24 泡沫恋歌

OHIME 様
コメントありがとうございます。

読めない漢字や平安時代の官位などについては、参照を設けようと思いつつ・・・
怠けてしまいました(m´・ω・`)m ゴメン

平安物でも予備知識がなくても読めるような作品に仕上がったので良かったです。
ちょっと、いつもと違う設定で書くと書いてる私も楽しめました。

14/02/24 笹峰霧子

ふしぎな世界のお話ですね。
鬼の子と呼ばれた子がまさか背中合わせにくっついた人間だったとは思いもしませんでした。
所々に出てくる難解な表現と、摩訶不思議なストーリーを書かれることに創作の巧みさを感じさせられました。

14/02/24 泡沫恋歌

笹峰霧子 様
コメントありがとうございます。

所どころ、分かり難い言葉や単語があるかと思いますが、時代小説は説明ばかりを
入れてると前に進まないので、気にしないで書いていくことにしました。

まあ、平安時代の雰囲気を楽しんでください。

14/03/24 泡沫恋歌

ターザン山本! 様

この度はターザン山本!様主催のコンテスト【 三角関係 】で栄えあるターザン山本賞を
受賞できたことを心から感謝いたします。

楽しい批評まで書いて頂き、このノリは素敵だなあ〜と嬉しく思いました。

みなさんと少し視点を変えて、敢えて平安時代の物語にしたのが、興味を惹いたようで
思いがけない奇襲作戦だったと思っています(笑)

今回のテーマ【 三角関係 】では、どういうアイデアにするか、どういった展開にするかと、
いろいろ考えて勉強させていただきました。

本当にありがとうございましたo( _ _ )o

ログイン