1. トップページ
  2. 青薔薇 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

青薔薇 ── 刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)

14/02/21 コンテスト(テーマ):第五十一回 時空モノガタリ文学賞【 奇跡 】 コメント:9件 鮎風 遊 閲覧数:2237

この作品を評価する

── 男優・神馬龍三は 自殺か、それとも? ──
 夕刊にこんな見出しが。そしてTVニュースでは、女性アナが声のトーンを高くする。

 ベテラン俳優の神馬龍三さん、長くキャスティングに恵まれなかったが、ここへ来て話題作『奇跡』の主演候補となってました。それにも関わらず、今朝マンションの寝室で亡くなられていました。
 第一発見者は妻の桜子さんと管理人です。そして桜子さんは、この突然の不幸についてインタビューで次のように答えらてます。

 神馬とは別居中でしたが、主演抜擢への千載一遇のチャンス、昨夜励まそうと夫のマンションで夕食を共にしました。そして私は夜の10時過ぎに自宅へ帰ったのですが、今朝胸騒ぎがして、電話を掛けました。だけど応答がありません。何かあったのではと思い、急ぎマンションへと向かいました。そして予備の鍵でドアを開けようとしたのですが、当然ですよね、ロックが掛かってました。そこで管理人さんに立ち合ってもらい、ドアに体当たりをし、チェーンロックを壊して中へと入りました。
 すると奥の寝室で、神馬が死んでいたのです。

 死因は西洋で安楽死に使われる塩化カリウムによるもの。いずれにしてもロックされた密室での死亡、また薬品と注射器が残されてあったことから、神馬さん自ら体内に注射し、自殺した。現在警察はこのような見解です。

 このTV報道を観ていた刑事の百目鬼 学(どうめき がく)、事件性が有るかどうかを調べろと上司から命令を受けていた。早速、「現場に行くぞ!」と部下の芹凛(せりりん)こと芹川凛子刑事に声を掛けた。
「何か変……」と返す間もなく、百目鬼の姿が消えた。芹凛は必死で追い掛け、現場へと入った。そして、まず最初に管理人に面会する。
「なぜ簡単に、ロックを壊せたのですか?」という質問に、「チェーンを填め込む台座がちと緩んでたようでんなあ」と返事はまるで他人事。それでも「ほう」と頷いた百目鬼、後はさっさとドアを開け、玄関に近い洗面室をチェックする。それからリビングを通って、手を合わせ奥の寝室へと。
「ここはいいから、他を調べてくれ」と指示された芹凛、感受性を高めるためか眼鏡の縁を一度持ち上げて、寝室から出て行った。
 しばらくの時が経ち、「リビングの隅にある花、びっくりですよ」と、芹凛は耳を赤くし興奮気味。されども百目鬼は芹凛の高ぶりがわからない。それでも指差す方を確認すると、それは青薔薇。
 だが、はてな?
 腕を組む百目鬼に、やっぱりオッサンねと言いたげな表情で、「神馬が飾ってた青薔薇、花言葉は『夢叶う』と『奇跡』なんですよ」と話す。この助言にピンときた百目鬼、「神馬は主演になる夢を叶えたい、その奇跡を願ってたようだな。つまりポジティブで、自殺する理由はないってことか?」と芹凛を窺うと、自信たっぷりに「アッタリー!」と答える。これに百目鬼は眼光鋭く、百戦錬磨の質問を浴びせる。「桜子に男はいるのか?」と。
 芹凛は署内一の芸能通だ。ここは職を忘れ、ニタリと笑い、「奥川有樹です。この俳優も主演候補ですよ」と報告する。
 これで百目鬼は一瞬にして事件の全貌を読み取ってしまう。そして芹凛に、お前の推理を言ってみろと目で催促すると、芹凛にも女刑事の意地がある。後は辻褄が合うように自分の仮説を披露する。

 神馬龍三は、主演になる前祝いだと訪ねてきた桜子と夕食を共にした。そしてワインを飲んだ。しかし、桜子が睡眠薬を入れていたことを知らなかった。当然神馬は睡魔に襲われ、寝室へと。桜子はそれを見届けて、鍵を掛けず、自宅へと引き上げた。
 真夜中となり、今度は桜子の愛人の奥川が侵入してきた。ドアにロックを掛け、寝室へと向かう。神馬は高鼾。それを確認し、持ち込んだ塩化カリウムの溶液を神馬に注射し、殺害した。
 それからすべての窓をロックし、さらに玄関は──外から身体をぶつけた時に、簡単にチェーンロックが壊れるように、台座のネジを緩めた。
 それらを終え、奥川は玄関横のバスルームに身を潜めた。やがて夜が明け、桜子と管理人がドアに体当たりして入ってきた。桜子は管理人を誘導し、奥の寝室へと進んだ。その隙を狙って、奥川は洗面室から抜け出し、外へと出て行った。
 こんな流れで、密室での神馬龍三の自殺が偽装されたのです、と芹凛は締めくくった。

 パチパチパチ…
「芹凛、よく解いた。ところで、この密室殺人事件の動機は、何だ?」
 こう問う百目鬼に、芹凛は「愛人が主演になって欲しい。それで神馬が邪魔になって……」と口籠もった。
「バカモン! お前はまだ甘ちゃんじゃ! 女は青薔薇の奇跡より……保険金だよ」
 こう言い切った百目鬼、後はニッと笑い、「仮説は今のところ事実ではない。さっ芹凛、事件はまだ終わってないぞ」とギラリと鬼の目を光らせるのだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/02/22 朔良

鮎風 遊さん、こんばんは。
拝読いたしました。

2000字で密室ミステリ! 仮説としてとはいえ、きちんと謎が解けていてすごいです。
青薔薇の花言葉「不可能」だと思っていたのですが、サントリーが青薔薇を実現させた後に花言葉も変わっていたのですね〜。その点にもびっくりしました。
面白かったです。

14/02/22 鮎風 遊

朔良さん

コメントありがとうございます。

花言葉について、少し解説させてもらいます。
青薔薇は交配では作れず、つまりバラに青色色素(デルフィニジン)を作る能力がなく、この世に存在しない花でした。
そして英語「Blue Rose」はここから「不可能」の意味となっています。

しかし、サントリーの長年の努力の結果、パンジーの青色色素の遺伝子組み入れが成功し、2009年からブルーローズアプローズが販売開始されました。
その花言葉が「夢 かなう」です。

また一方で、世間では花言葉「奇跡」というのも一般化してます。
しかし、それよりずっと以前に、鮎風は長編の「女王様からのミッション」で、青バラの花言葉は「ウルティメット・ラブ」(究極の愛)とし、紹介させてもらいました。

いろいろと青バラの花言葉戦争となってますが、本編では「夢叶う」と「奇跡」を使わせてもらいました。

てなことで、ちょっと思いを入れて本編を書かせてもらいました。
入れ過ぎかな?

14/02/23 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

なるほど、青い薔薇を使った究極のミステリーですね。
こんな短い文字数でよくトリックの謎解きまでして完成されました。

ミステリーは楽しめるジャンルですから、読者として百目鬼刑事と芹凛の
活躍を楽しみにしています。

14/02/24 草愛やし美

鮎風遊様、拝読しました。

2千文字の密室謎解き、素晴らしいです。確かにこういう設定なら、密室は可能です。拍手

余談ですが、私の知り合いに、青薔薇を作るサントリーに昔勤務している娘さんがいまして、青薔薇と青いカーネーションを戴いたことがあります。青いだけでなく、大変長持ちする花で驚きました。丹精込めて、滋賀県八日市やその裏手のあたる義父の山に花の栽培所があるらしいです。山一つ分が会社の持ち物で、秋には松茸も採れるそうです。山を管理している人が、松茸を採り、研究所員に分けているとか……、大変羨ましい会社だなあと記憶しています。こういうことだけ覚えている私です。苦笑

面白かったですありがとうございました。今後続編期待しております。

14/02/24 草愛やし美

義父⇒岐阜です、すみません。

14/02/25 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

いいですね〜続編! そして最後の言葉が
水戸黄門の印籠さながらに決まってました。
セリリンも今回大活躍でしたね!
奇跡よりお金という女の本質(?)までもいいあててしまうあたりさすが、百目鬼さんです。
またのお話を楽しみにしています♪

14/02/27 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

このジャンル、なにか嵌まってしまいそうです。
百目鬼と芹凛、ますます活躍しますので、よろしく。

14/02/27 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

そうですか、秘密基地は八日市なんですね。
あの地は、額田王が茜さすと一番人気の万葉集を詠んだ地、
その地で青バラがとなれば、これは時を超えての因縁なんでしょうね。

百目鬼と芹凛、可愛がってやってください。
よろしく。

14/02/27 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

芹凛は実はすごい優秀な刑事でありまして、
これからはこの名コンビで事件をどんどん解決していきます。

よろしく。

ログイン