1. トップページ
  2. ソウルメイト

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

3

ソウルメイト

14/02/11 コンテスト(テーマ):第五十一回 時空モノガタリ文学賞【 奇跡 】 コメント:7件 こぐまじゅんこ 閲覧数:1381

この作品を評価する

 出会い。
 それは、ある意味、奇跡だと思う。
 私と彼女との出会いは、」一冊の本だった。
 それは、月刊誌で」、投稿者の詩とイラストを載せる本だった。私は、その本の方言詩のコーナーに投稿し、ときどき掲載されていた。
 一年くらい経ったある日。
 郵便受けに一通の手紙が届いた。
 その月刊誌の出版社からだった。開けてみると、私の詩にイラストを描きたいというイラストレーターの方からの手紙が入っていた。
 私の詩が好きだと書いてくれていて、とてもうれしかった。すぐに返事を書いて、彼女との交流が始まった。
 彼女のホームページで、詩を載せてもらったり、一緒に個展を開いたり、作品をポストカードにして、雑貨屋さんで販売してもらったりもした。

 専業主婦として、せまい世間しか知らなかった私を、彼女は、ひっぱりだしてくれた。

 年に一度、展示会で彼女と会うのが、私は楽しみでならない。年も近く、穏やかな彼女と話すと、時のたつのも忘れてしまうほどだ。
 来年で、彼女と活動をはじめてから十年になる。
 十年間続いた二人の関係は、やはり奇跡だと思うのである。

 今ならいえる。
 彼女は、私のソウルメイトだと。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/02/11 こぐまじゅんこ

イラストレーター山本あき子さんと一緒に「ぽあらの心語り」
というブログをしています。よかったら、みてください。

14/02/11 泡沫恋歌

こぐまじゅんこさん、拝読しました。

創作仲間と長く親しく活動ができたのは幸運なことですね。

私もリアルに親しい主婦の創作仲間たちがいます。
年に一度、彼女たちと一緒に旅行に行くんですが楽しいですよ。
ずっと、生涯の友だと思っています。

14/02/11 こぐまじゅんこ

泡沫恋歌さま。

コメントありがとうございます。
旅行ですか!いいですね。
いい仲間に恵まれた私たちは、しあわせですね。

14/02/12 朔良

こぐまじゅんこさん、はじめまして。
拝読いたしました。

人と人との巡り合いは本当に奇跡ですよね。
たくさんの人がいる中で、その人と出会い、一緒に物を作っていくことができるなんて、とても幸せな奇跡だと思います。
私も一度、幸せな巡り合いをしたのですが、諸事情の末失ってしまったので、素敵な奇跡が羨ましいです。
これからもお互いを思いやって、創作活動を続けてくださいませね。
素敵な話ありがとうございます。

14/02/13 こぐまじゅんこ

朔良さま。

コメントありがとうございます。
本当にこんなに長いお付き合いになるとは思っていませんでした。
彼女に出会えてよかったです。

14/03/03 gokui

 読ませていただきました。
 小説、というか自伝でしょうか。うらやましい話です。私には友達と言える友達があまりいませんからね。やはり出会いは奇跡ですよ。

14/03/03 こぐまじゅんこ

gokuiさま。

コメントありがとうございます。
本当に奇跡のような出会いでした。

ログイン