1. トップページ
  2. 独りモン同士

欽ちゃんさん

僕の作品を読んで何か感じるものがあるといいです。 気が向いたら良し悪し問わず、コメントいただけると嬉しいです。

性別 男性
将来の夢 顔が笑いじわだらけのじいちゃんになる
座右の銘 明日会えるけど今日も会いたい

投稿済みの作品

2

独りモン同士

14/02/09 コンテスト(テーマ):第四十九回 時空モノガタリ文学賞【 絶望 】 コメント:7件 欽ちゃん 閲覧数:1150

この作品を評価する

人類は森林伐採を繰り返し、地表の砂漠化が進んだ。
その結果、行き場を失い絶滅する生物が後を絶えなかった。


小汚い木造のアパート。
一人暮らしのワンルーム。
取り柄のないおやじ。
年齢=彼女いない歴。

ワンカップをちびちびを啜りながら、するめをかじる。
噛めば噛むほど味が出る、するめが羨ましい。
一杯やりながら文句を言わないTVを眺める。これが唯一の楽しみだ。


『森林を救え!』

森林の大切さを語るドキュメンタリー番組に妙に共感を覚えた。
わかる!わかるぞ地球!!
それは俺の頭皮も砂漠化が進んでいたからだ。
頭皮からは木々が抜け、地表は禿あがり、残った木は頂上にふんにゃりと生える一本のみ。
フケやシラミも行き場を失い、俺の頭では絶滅するしかなかった。
俺も独り、頭上の毛も独り。
こいつにはずいぶん寂しい思いをさせた。
だが俺自身はこいつのお陰で孤独を紛らわすことができる。
漫才師でいう相方。社交ダンスでいうパートナー。
こいつは俺にとって親友、いや家族、いや相棒だ。

台風の日も、ガスが止められて水しか浴びれなかった日も、電車の中でクスクス女子高生に笑われた日も、派遣切りで退職を言い渡される上司の目線が明らかに頭上を眺めていた日も、お正月に近所のばあさんから「日の出じゃ、ありがたや〜」と拝まれた日も、こいつは一緒だった。

だがこの日、俺は孤独に押しつぶされそうだった。
今日は俺の誕生日。誕生日くらいは誰かに祝ってほしい。
どうしても、どうしても誰かと酒を飲みたかった。
だが俺には恋人も友達もいない。いるのは頭の上の毛が一本。
そうだ!こいつがいる!
俺はワンカップの酒を頭上の毛に注いだ。
ちびっと飲んでは、頭に酒を注ぐ。
テレビを見ながら、相棒と酒を飲み交わす。
どうだい?うまいだろ相棒。

俺は独りじゃない、孤独じゃない、寂しくない、こいつがいる。たとえ毛であっても。

ばあちゃんの言葉をふと思い出す。
ーー大切にすれば物にも魂が宿るーー
そう、相棒は生きている。
しっかりと俺の頭上で足を踏ん張って立っている。
家族に捨てられた。友達と呼べる人間はいない。他の毛が逃げ出しても、相棒だけは残ってくれた。

相棒よぉ、ずっと一緒にいような。

んふぅー、酔ってきた。
あーーー、金持ちになりたい!金持ちになりたい!金持ちになりたい!!
金があれば何でも手に入る。
いい酒、いい女、いいシャンプー。
俯いた顔をふと上げた時、目の前を何かが通過した。
スカイフィッシュ!?
捕まえたら賞金で一生遊んで暮らせる!
人生のチャンス!冴えない俺にも幸運が舞い降りた!!!
なぁ相棒!これで増毛して頭に森林を取り戻せるぞ!


・・・はい、探しました。必死で。
本で読んだんです。
----------
四つ葉のクローバーを見つけると幸せが訪れる。
これには続きがある。
五つ葉は金銭上の幸せ
六つ葉は地位や名声を手に入れる幸せ
七つ葉は九死に一生を得る
----------
もちろん探したのは七つ葉のクローバーです。
見つけました。えぇ、でも手遅れだったんです。
スカイフィッシュなんていませんよ。そりゃいませんって。


あの日、誕生日に俺に舞い降りたのは幸運ではなく、相棒だった。
するめの上には頼りなく横たえる一本の毛。
相棒おぉぉぉ!!!
本当の孤独は、大切なものを失って初めて気付く。
酒を飲みすぎたのか、ばあちゃんの言葉が本当だったのか、俺には相棒の最後の声が聞こえた気がした。

〜〜〜〜お前はいい奴だった毛ぇ。中華料理屋の厨房以上にギトギトだった毛ぇど、お前の頭の上は居心地よかった毛ぇ!お前はいつかふさふさになる毛ぇー!!〜〜〜〜


禿げを激しく励ますんじゃねぇぇ!!!


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/02/09 朔良

欽ちゃんさん、こんばんは。
拝読いたしました。

絶望の話でこんなに笑わせていただいていいんでしょうか。
もう腹筋が引きつりそうです。

最後に残った大事な相棒をなくしたのはさぞやお辛かったことでしょう。
なんとハゲましの言葉をかければいいのか…。
楽しい絶望の話、おもしろかったです。

14/02/11 gokui

 読ませていただきました。
 絶望というテーマにしてこのおもしろさ。作者の発想力にびっくりです。
 四つ葉のクローバーのくだりが、時間軸のどこにおさまるのかちょっと謎でしたが、楽しませていただきました。

14/03/21 欽ちゃん

朔良様

人の不幸でちょっとほっこりする。
ハゲましの言葉ありがとうございます!
どうにか明るいw未来あるといいです。

14/03/21 欽ちゃん

OHIME様

温かいコメントありがとうございます!
絶望だからこそ、せっかくなので笑いに変えてみよーって気持ちです。
男子にとって毛髪は永遠のテーマ。
私もいつか遭遇する問題ですよ。。。(笑)

14/03/21 欽ちゃん

OHIME様

温かいコメントありがとうございます!
絶望だからこそ、せっかくなので笑いに変えてみよーって気持ちです。
男子にとって毛髪は永遠のテーマ。
私もいつか遭遇する問題ですよ。。。(笑)

14/03/21 欽ちゃん

gokui様

毛髪が抜けたショックで冷静になりすぎたけど、行動がおかしい状態を表現したかったのですが、自分勝手な表現になってしまいました。
発想のお褒めに感謝します!
もっと心温まる作品を書いていきたいです。

ログイン