1. トップページ
  2. ジャガイモくん

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

2

ジャガイモくん

14/01/27 コンテスト(テーマ):第五十回 【 三角関係 】 ターザン山本賞 コメント:4件 こぐまじゅんこ 閲覧数:1594

この作品を評価する

 夏の暑い日。

 畑で収穫された3種類の野菜たちが、カゴの中で自慢話をして言い争っています。

 まず、ごつごつしたジャガイモくんが、トマトくんと、とうがらしさんに向かって自慢しています。
「この中で、煮ても炒めても揚げてもおいしいのは、このぼくだけだ。ぼくが野菜の中で一番えらいんだ!」

 トマトくんが、真っ赤な顔をして反撃します。
「でも、ジャガイモくんは、生では食べられないじゃないか。ぼくなんんか、冷たく冷やしてサラダで食べられるんだよ。ぼくが、暑い夏には、一番おいしいんだよ。」

 二人の会話を聞いていた、とうがらしさんも、だまっていません。
「ピリッとからい、私が、夏バテには最高なのよ。ちょっと使っただけで、ピリピリからい私こそ、夏には一番役に立つのよ。」

 カゴの中で、ジャガイモくんとトマトくんと、とうがらしさんは、顔を見合わせて、まだまだ言い争っています。

 畑の土の上で寝ていたスイカじいさんが、三人の争う声を聞いて目をさましました。

「三人とも、何をケンカしておるんじゃ。ジャガイモもトマトも、とうがらしも、ナス科の野菜じゃろう。みんな仲間じゃないか。けんかするなんて、くだらんぞ。」

 三人は、はっとしました。
 そうだった!
 ぼくら、顔も形も全然ちがうけど、仲間なんだった。

 三人は、仲良くお鍋につかって、おいしいカレーになりましたとさ。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/01/27 泡沫恋歌

こぐまじゅんこ様、拝読しました。

ジャガイモとトマトととうがらしで
美味しい夏野菜のカレーができそうですね。

14/01/28 こぐまじゅんこ

泡沫恋歌さま。

コメントありがとうございます。
三角関係のテーマにあってるかなぁ・・・とちょっと不安になりながらの投稿です。

14/02/20 gokui

 読ませていただきました。
 テーマは三角関係、と聞いて素直に三角関係を描くより、こういうひねった作品でチャレンジするのは良いことだと思いますよ。

14/02/21 こぐまじゅんこ

gokuiさま。

コメントありがとうございます。
ひねった作品といっていただけて、うれしいです。

ログイン