1. トップページ
  2. 口の悪い親方だった・・・

リードマンさん

性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

1

口の悪い親方だった・・・

14/01/21 コンテスト(テーマ):第二回OC【 馬 】  コメント:2件 リードマン 閲覧数:1519

この作品を評価する

私は子供頃から大便をうっかり外でしてしまう事があったので、幼少の頃より私を知る師匠は、私の事を“たれ蔵”などと呼んでいた物だ。何処かで聴いた話だと思われるかも知れないと思われる方々も多いだろう、そう、親分もまた、私に全力を見届け、安心して逝かれてしまわれたのだから、私がまだ、仏としての考え方を改め、千手のようにと心かけた時、私はまず、白くて小さな、それでいてサラブレッドとして生まれたのだ。母と会う事は滅多になく、育成に関しても素人同然であった私の元へと、まるで、囲碁のサイを篩う神様のように、ネズミの親方は誰よりも親権に、私を鍛えてくれたのだ。もう、私の中に溢れる感情はただただたったのひとつ“感謝”のみであった。生き物は生まれ、息を師、いずれ肉体を灰へと返した後、魂は、宇宙へと架けあがる。弱ってしまった時には空を見上げればよいのである。協会に行く必要もないのだ。地上の全てが八百万の精霊であり、真の闇の中で、神々は星として輝くのだ。

まぁ、とある競馬漫画が好きだったというだけの話なのですがね。

私こそは、天空の城とともに、みずがめ座として生まれた大寅ですよ(笑)

今後はかなり不定期になってしまうかとh思いますが、活動を止める事だけはしませんので(爆) もっともっと、皆様で遊びましょうよ!


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/01/23 そらの珊瑚

リードマンさん、投稿ありがとうございます。

うーん、競馬漫画のストーリー? だったのでしょうか。

14/01/27 かめかめ

マキバオー

ログイン