1. トップページ
  2. 漫才『浮気』

クナリさん

小説が出版されることになりました。 『黒手毬珈琲館に灯はともる 〜優しい雨と、オレンジ・カプチーノ〜』 マイナビ出版ファン文庫より、平成28年5月20日発売です(表紙:六七質 様)。 http://www.amazon.co.jp/dp/4839958211

性別
将来の夢 絵本作家
座右の銘 明日の自分がきっとがんばる。

投稿済みの作品

5

漫才『浮気』

14/01/20 コンテスト(テーマ): 第二十四回 【 自由投稿スペース 】  コメント:9件 クナリ 閲覧数:1526

この作品を評価する

なんでしょうねえ、もう、人類がいくら進化してもやってしまうんやろなあ、いうこともようけあってね。
「まあ、そんなに変るもんじゃないでしょうからね」
ヒトという種が背負ってしまった業みたいなもんなんですよ。
後の時代から見るとほんまにしょうもないことなんやけど、別にいいかと思ってやってしまう。それなりに偉い人とかでもですよ。
「そういうもんです」
俺が何のことゆうてるか分かる?
「戦争とか、差別とかやろ」
いや、浮気の話なんやけど。
「おいおいおい、浮気かい。俺、珍しく君がええ話してるかと思ったのにそんなスケールの話かい。そんなもん、どうっちゅうことないやないか」
聞きましたかみなさん。この男は、浮気はどうともないそうです。やってはんねや。
「お前、それはずるいぞ。もちろん、浮気はだめですよ」
まあ、お前もかつては”地獄の一丁目のクニマサ”ゆわれた男やから、そんなもんやろうけど。
「初耳や。番地いらんやろ」
浮気っていうものの不思議なところはね、たとえばお前が浮気して、別に女作るとするやんか。そうすると、本妻よりも浮気相手の方が勝ち組みたいになることがあるんですよ。
本妻の方が普通は偉いやん。でも、浮気相手の方が『ほんまは旦那はあたしが好きやねんで』って、フフーンってなる。そうすると負けた感じになるんです、本妻の方が。
「まあ、やったもん勝ちみたいなところありますからね」
聞きましたかみなさん。浮気は、やったもん勝ちらしいです。やってはんねや。
「いや、やめえ!」
鉢合わせとかしたらどうなんのやろ。
じゃあ、お前の嫁が浮気したとして、俺が浮気相手やるわ。お前、うちに乗り込んで来てくれ。
「はいよ。ドンドン、こらードア開けえ、俺ミユキの旦那やけども」
ガチャッ、何やねん。
「何やない、人の嫁に手え出して。話つけようや、上がらしてもらうで」
分かった。おーいミユキ、お前の旦那来たからちょっと話すで。
「俺の嫁居合わせとんのかい? やりづらいなあ……」
ミユキ、はよ服を着ろや!
「わあ、えらい時に来てもうたなあ。俺、既にして完全に負けてるやん」
ミユキ、子供連れてその辺回って来てくれや。
「俺の子も来とんのかい!? お前完全に親父気取りやん!」
いや、俺とミユキの子供やけど。
「ミユキ産んどったん!? 俺知らん間に……」
クニオ、ママと散歩しておいで。
「お前、息子の名前俺から取ってんの!? 何でそんなことできんねん!」
いや、一応あんたに気いつこて。
「それはむしろ気い悪いやろ! 関わった全員、『うーん……』なるやん!」
ミユキはその名前で快諾したけども。
「嘘やん! 俺、これから家で嫁見る目ちょっと変わるわ……」
手短に話そうや。クニオ明日面接やから、その準備もあるし。
「え、お前、息子の学校私立受けさそう思てんの?」
いや、セブンイレブンの面接やけども。
「何でやねん、何でバイトの面接に親父いるねん。いや違うわ、息子は今いくつやねん!?」
そろそろ仕事のひとつもせなあかんやろ、クニオももう三十過ぎたし。
「おお……! ええ歳になるまで、甘やかしましたなあ!」
クニオの嫁はんも怒ってるし。
「嫁はんおんのや!? 甲斐性あんのかないのか!」
まあ、嫁はん怒ってるのはクニオが浮気したからやけども。
「クニオあかんがな! 君の所は揃ってしょうもないな!」
で、ミユキがクニオの嫁はんにゆうてくれたんや。浮気は、される方も悪いねんでて。
「きついようやけど、一理あるかもな」
お前もじゃ、ハゲえ! 
「そうやった、俺その話しに来たんやないか! おいお前……」
プルループルルー、おお電話や、はいもしもし。うんうん。分かった、プチ。
さて、悪いけど、お前帰ってくれるか。
「何でやねん、まだ話何もしてへんがな」
今から俺のかみさんの浮気相手が、俺に謝りに来たいゆうてるから。
「お前ら伸び伸びしとるなあ!」
俺もかみさんに、ミユキのことで謝らなあかん。君の相手してる暇はないねん。
「もう、全員別れてしまえ!!」
ありがとうございましたー。




コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/01/20 クナリ

寒くてもいいんだ。
挑戦することに価値があるはず。




たぶん。

14/01/21 草愛やし美

クナリ様、挑戦する姿、素晴らしいです。

そこまで浮気の子供さんが大きいということは、この揉めているお二人の年代はお幾つなのか、ってところで、えっらいお元気なお二人さんやねんなあと……。こういうお元気な方々が、今日の日本を支えるはずと期待できますしぃ。苦笑

ミユキ様は、凄いお方ですね、ここまで突出して正規の旦那が怒鳴り込んでくるという魅力溢れるおなごさん、憧れてしまいます。( ̄0 ̄;アッ失言してもうたがな、いえ、決して、わたくしは、浮気願望など、あのその。

などと、戯言←ほんまかいな 書いてしまいました。オチ上手いですね、面白かったです、ありがとうございました。

14/01/21 クナリ

猫春雨さん>
ありがとうございます。
これからもたまに思いついてやるかもしれません。
それにしても、人を笑わせるという仕事をしている
人たちは偉大です。

OHIMEさん>
ありがとうございます。
深刻な問題ほど茶化すと面白く、やりすぎると
不愉快になるという因果な渡世です(渡世?)。
面白かったというお言葉大変うれしいです。

草藍さん>
浮気願望って、ほとんど全部の人間にあるんじゃないかなーと
思ってます。
たとえば結婚しても二次元のキャラクタに愛着を持つ人は
たくさんいるわけで、それってある意味では浮気の温床だと
思うんですよね。そのキャラクタが現実に出てきたらどうすんの、と。
そう、「俺らは歳いくつやねん!」というくだりを入れ損ねました。
無念。
前回に引き続き、お読みいただきありがとうございました。


14/01/21 朔良

クナリさん、こんばんは。
拝読いたしました。
めちゃくちゃ笑いました〜! やっぱりクナリさんの漫才好きです^^
名前のくだりがめちゃツボでした(笑) そりゃ気ぃ悪いですって、微妙な雰囲気になりますって!

「」とかっこなしで、ボケと突っ込みの会話を分けてらっしゃるのも、工夫されてるなーと思いました。ということはまた、次回もあるのでしょうか? 楽しみしてます^^

14/01/22 泡沫恋歌

クナリさま、拝読しました。

「浮気は、やったもん勝ちらしいです」
なるほど、非常に説得力のある意見です((φ(-ω-`*)メモメモ

「浮気と嘘はバレなければ罪ではない」
これは、かつての私の迷言ですが、ご参考までにどうぞ〜♪ 壁]ω・)ニャ

寒くないです。むしろ冷汗もんでしたσ(´∀` )ァタシ

14/01/22 そらの珊瑚

クナリさん、拝読しました。

これ、クナリさん、一人二役でしゃべりながら書いてますよね! と断言してしまうほどの言葉のスピード感、爽快でした。
クニオ、さんじゅっさい過ぎてんか! ということはミユキ、いい年やん、それにしても旦那さん、長いこときいつかんで、なんで今頃?
…となぜか私も関西弁でツッコミいれながらの爆笑でした。

14/01/23 クナリ

思ってたよりコメントがいただけてなにこの幸せ。

朔良さん>
笑ってくださってありがとうございます。
また不意をついて書くかもしれませんが、お気の向いたときに
読んでいただければありがたき幸せ。
「」のあるなしで分けたのは、自分でもどっちがどっちかわからなくな
ゲフンゲフン。

泡沫恋歌さん>
いえいえ、決してやったもん勝ちではありませヌッ。
むしろ完全なる負けです。
大丈夫、それぐらいの分別は、この不肖クナリ、ついております!(ほんとうか)
そう、ばれるばれないってけっこう大事なんですよね。
確かにばれさえしなければ…ううむ…。

そらの珊瑚さん>
そうなんです、あるお笑いコンビさんを想定しながら、脳内で掛け合いをしておりました。
やっぱりしゃべりのリズムで読んでほしいなあと思いますしねッ。
いくつの設定なんでしょうねえ、この男二人は(他人事のように)。
関西弁の表現て難しいですね。
「そうしてやればいい」を「そしたったええがな」と書いたら、
「そうしたったらええがな」の書き間違いだと思われそう。
でも口語ではぜったい「そしたった」って言ってるのにー。

ログイン