1. トップページ
  2. 一応、間に合った。

ゆめさん

肩こりがあります。

性別 女性
将来の夢 私を思い出す人がみんな笑顔になるような人間になること
座右の銘 笑顔が一番!

投稿済みの作品

1

一応、間に合った。

13/12/25 コンテスト(テーマ):第四十七回 時空モノガタリ文学賞【 再会 】 コメント:2件 ゆめ 閲覧数:1592

この作品を評価する

・・・無い!

ない!ナイ!NAI!

財布がなあああい!!!!
どうしようどうしようどうしよう・・約束の時間まであと20分だよ・・

久々に中学時代の友達と集まることになった本日。
いわゆる同窓会ってやつ・・。
中学時代に大好きだったあの人もくるって話なのに、20代半ばにもなっていきなり遅刻なんてかっこ悪過ぎる・・!!

心の中は焦りが半端なく、2時間近くかけて選んだ今日の為のワンピース。
子供過ぎないし、変な色気もないし、これだ・・!と、朝一番にシャワーを浴びて、
しっかり肌のケアもして丁寧に着てみたものの・・。

財布がなかったら、電車にものれない・・。
クレジットも銀行のカードもいつもまとめてあの財布に入れていためんどくさがりな私が憎い・・!

かばんの奥、テレビの裏、タンスに入っている服と服の間、机の下の隙間・・。
もしかして、さっき麦茶を飲んだときに間違えて冷蔵庫に閉まったのかな?

期待、期待・・!

・・冷蔵庫を開けて、微笑みながらゆっくり扉を閉めた。
入ってるわけがない。

昨日の夜はわくわくしながらお風呂に入ってテレビを見ながらいろんな想像をしてにやにや、晩ご飯はポテトサラダと鯖の煮付け♪作ったことのない料理だけど、なんとなく家庭的かなと思ってネットで検索して必死で作った私・・。
大さじ1がどのくらいかを検索していた私・・。

「昨日の晩ご飯は、いつもみたいに体の為を思って野菜たっぷりのサラダと魚の煮付けを作ったんだ♪」

どんな表情で言おうか、頭の中で散々練習していたのよ、私は・・

いやいや、そんなことはもういい。

とにかく、時間がない!電車で15分の所だからって、油断しすぎた!
なんで肝心なところで、最後の最後まで鼻歌歌いながらにやにや鏡の中の自分と笑いあってるんだよ私は・・

ああ、もうだめだ。

冷蔵庫なんて開けてキョロキョロしてるうちに、5分なんてあっという間に過ぎてたや。

遅刻、確定。

情けないなぁと思いながら、半ばもう諦めながら、友達に電話をした。

「もしもーし。財布が見つからなくってさ・・。遅刻だけはしたくなかったんだけど、
約束の時間には間に合いそうにないよ・・。何やってんだろね私・・。」

半分泣きながらの私からの電話に、幹事である友達は優しい一言をくれた。

「あのね、同窓会は明日だから大丈夫だよ。」


ありがとう、友達。

そして電話を切ってコートを脱いだら、ぽろりと財布が落ちた。

再開って、素敵すぎるじゃないの。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/01/04 クナリ

ボールがころころ転がるように、ぐいぐいと読み進んでしまう愉快な
パニック作品ですね(主人公はそれどころじゃなかったでしょうが)。
他人から見れば、他愛ない日常の中のワンシーンなのでしょうが、
それだけに身近な存在として主人公に感情移入でき、部屋の中を
転げまわるように動く主人公の姿が面白く思い浮かべられ、読み手と してはとても印象的な作品でした。

14/01/04 ゆめ

クナリ様

コメントありがとうございます!^^
私もよくある話で、ぎりぎりの時間に一番必要なものを探しているので、
楽しく作品が書けました!笑

印象的だなんて言葉をいただくと、なんだか興奮します・・!
ありがとうございます!

ログイン