1. トップページ
  2. ホワイト・クリスマス

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

5

ホワイト・クリスマス

13/12/07 コンテスト(テーマ):第四十五回 時空モノガタリ文学賞【 雪 】 コメント:8件 鮎風 遊 閲覧数:2610

この作品を評価する

 そっと開けたカーテンの間隙、その向こうに少しくすんだ風景が見える。本当は白銀の世界なのだろう。しかし、新月だった闇の中で雪はしんしんと降り、今も舞い落ちる六花(りっか)の重なりなのか、グレーぽく目に映る。
 凛太郎は、そんな雪夜の名残にふーと息を吹きかけ、ボソッと呟く。「雪だよ」と。

 ベッドの中にいる麻伊からは、興味がないのだろう、「そうなの」と、おかしみのないレスポンスしかない。その代わりにと、麻伊は寝返りを一つ打ち、真っ赤な牡丹絵の掛け布団を顔まで引き上げた。いや、むしろ潜り込んだと言った方が当たっているのかも知れない。
 つまり麻伊は、凛太郎からの雪景色への招待を無視して、ベッドの温もりの方にひとしお御執心のようだ。
 こんな麻伊の振る舞いだが、凛太郎には不満はない。もちろん目くじらを立てるほどのことでもない。
「さぁーて、起きるか」
 無論のこと、これは麻伊への当てつけではない。冷えた朝に、目覚めるための自分への単なる鼓舞だ。麻伊もそんなことはわかってる。そのためかベッドの中で微動だにせず、再び訪れてくるだろう心地よい眠りをただただじっと待っているようだ。

 こんな麻伊に背を向けて、凛太郎はキッチンへと向かう。冷凍庫から薄切りトーストを2枚取り出し、オーブン・レンジへと放り込む。それから野菜室のレタス、そこからは3枚の葉をはぎ取り、水洗いする。そして湯沸かしポットに溢れるほどの水を注ぎ入れ、スイッチ・オン。
 しばらく待って、カリカリに焼き上がったトーストにハムとレタスを無造作に挟み、マグカップにポタージュ・スープの粉を入れ、沸騰した湯を注ぐ。後はツナ缶開けようか、それともチーズでも囓ろうか? ちょっと迷うが、今朝は少し味を変えて、48秒の絶妙なチンで、小鉢目玉焼きでも作ろうか?
 単身赴任が長かった凛太郎、この目覚めの朝食プロセス、慣れたものだ。後はさっさと腹に入れ、次は日課のゴミ出し。
 外はきっと30センチ以上の積雪だろう。凛太郎は長靴を履いて、麻伊が昨夜玄関先に出しておいたゴミ袋を抱え、車の轍(わだち)を歩み外さぬよう公園横の集積場所へと向かう。道中には新聞配達と、あとは二つ三つの足跡しかない。

 こんな情景を目にした凛太郎、そう言えば、かって日本海側の小さな町で暮らしたことがある。
 冬はいつも豪雪だった。
 子供たちの通学に間に合うように、朝早くからの雪かき。さらに昼間は生活道路の確保、そのための雪かき。これらはすべて麻伊の役目だった。そして凛太郎は工場へ早朝出勤し雪かき。夜遅くまでの会議後、帰宅してくると、雪の重みで襖が開かない。仕方なく真夜中から屋根の雪下ろし。まさしくあの当時──雪との格闘の日々だった。
 凛太郎は降りしきる雪に、冷えた指先をダウンジャケットの袖の中へと縮ませ、こんなことをふと思い出した。
 それにしても面白いものだ。麻伊と知り合った頃、麻伊は雪が降ったといつもはしゃいでいた。だが、あの雪国の暮らし以降、大層雪嫌いになったようだ。
 凛太郎は新しい足跡を残しながら、「ふふ」と笑みを零してしまう。そして、滑り転ばないように重心を落とし、家へと戻った。
 雨戸をガラガラと開ける。どうも近所は未だ閉まったまま。みなさんこの寒さに引きこもっているのだろう。
 それにしても随分と積もったものだ。南天の赤い実が雪に埋もれ、二、三粒しか確認できない。梅はといえば、枝は垂れ下がり、今にも折れそうだ。このまま春となり、果たして薄紅の花を咲かせてくれるだろうか? ちょっと心配だ。

 長い旅路の果てに、二人がやっと辿り着いた終の棲家。そして今朝見る小さな庭の雪化粧、凛太郎の目には今、朝方のグレーからセンチメンタルに蒼く見える。されども、これは日常生活の一コマ、さほどときめくほどのことでもない。
 凛太郎はこの感傷を吹っ切るかのように、「さぁーて、昨日の日経平均の終値は? 今日も荒い値動きになるのだろうなあ」とパソコンを立ち上げ、株式売買サイトへと入って行った。
「俺にはもう、雇ってくれるところがない。株取引で生きて行くほかないんだよなあ」
 実に自虐的に、凛太郎はついつい無念を漏らしてしまう。そんな時に、麻伊が大きく伸びをしながら二階から下りてきた。そして、ぽつりと口にする。

「メリー・クリスマス」

 うん、確かにね、今朝の挨拶はメリー・クリスマスが似合ってるかも。凛太郎はパソ画面から顔を上げ、とりあえず「You too.」と返した。
 あとは硬い表情を解き、「久し振りのホワイト・クリスマスだよ。昔、麻伊は好きだったろ?」と問い詰める。
「ふーん、そうだった?」
 一拍おいて、麻伊が照れ笑った。

 雪が……こんな穏やかな、今日という日の始まりを運んできてくれた……と言えるのかも知れない。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/12/07 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

しみじみとした生活がリアルで、雪の風景も美しく描写しておられると思いました。
年を取った夫婦の歴史と心の軌道がよく分かります。
そう、若い頃と変って行くんですよ。人も心も・・・。

この作品は鮎風さんにだけ書ける、本当の秀作だと思いました。

13/12/07 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

穏やかなこの日常にたどり着くまで、
雪国で暮らすという美しいあこがれだけでは済まされない大変さが、
もしかしたらこの夫婦にもかつていろいろとあったのだろうと思いました。
静かでいて雪が降るように淡々とした語り口が良かったです。

13/12/07 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。

退職された男の方は、家での立場が下がるようですね。我が相方もそのうち、この凛太朗の後釜に……。そんなこと思いながら読み進みましたが、朝食メニューではっとしてしまいました。私は、主婦ですが、同じようなメニューを作っています。トーストにコーヒーが私。相方にはスープ、牛乳パック入りのものに牛乳を加え、レンジでチンです。ヨーグルトにジャムを入れかき回すだけ。ああ、あまりにも主婦業さぼり過ぎかと反省してしまいました。(; ̄ー ̄川 アセアセ
雪国は大変です、私も雪かき経験ありますが、たった3回ほどです。毎日、何度もなんてとても耐えられませんわ。雪国の人々にはほんま偉いなあと頭が下がります。反省ばかりで読み終えましたが、もう少し主婦頑張らなくてはと思わせて戴きました。ありがとうございました。

13/12/08 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメントありがとうございます。

二人が長い年月の後に辿り着いた所。
こういうことであれば良いかなと、願いも込めてです。

13/12/08 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

「穏やか」、これが好きな言葉でして、
最後にこの言葉が使えたことに自分勝手に満足してます。

誰しもいろろな時を過ごし、
最後に夫婦はこうあれば良いかなと思いまして……。

13/12/08 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

頑張るって?
まだまだ現役で、気力ありますね。

この夫婦はどうも、奥さんもダンナも頑張らない。
ただ自分の好きなことに没頭する連れ合いを許す。
そんな夫婦があっても良いかなと、思いまして。

14/03/14 リードマン

拝読しました!
豪雪地帯で暮らしている人からすれば、確かに、雪は障害でしかないのかも知れませんね(苦笑)

14/03/16 鮎風 遊

リードマンさん

コメントありがとうございます。

そうですね、雪はやっかいですね。

ログイン