1. トップページ
  2. 別れ。

鯨さん

読むのも書くのも好きです。よろしくお願いします。

性別 男性
将来の夢 大統領
座右の銘 あたってくだけろ

投稿済みの作品

1

別れ。

13/11/16 コンテスト(テーマ):第二十一回 【 自由投稿スペース 】 コメント:1件  閲覧数:1225

この作品を評価する

 終わりを悟る2人が見る映画はなんて無意味なのだろう。エンディングははっきり覚えてない。途中からいつ彼女に別れを言われるか気にしていたから。
このエンディングみたいな別れ方をしよう。最後にそう提案する彼女をはっきり見えない。
 ハッピーエンドでしたか?主人公はそのあとどうしましたか?教えてください。これからの道しるべにするから。
あっけなく別れて、最後にみる彼女の後ろ姿。今更ながら気づくいろんなこと。
付き合っていたときはそんなに興味もなかったのにね。
どうして、いまさらこんなに愛おしいの。
付き合っていた期間はそんなに長くなかったのにね。
たくさんの思い出が浮かんでは消えるの。
シャボン玉のようにはかなく。秋のようにあっという間に。

 ひとりで帰る道はいつもと同じ風景のはずなのに。ただ彼女がいないだけなのに。いままで気づかなかった物に気づく。
たばこの吸い殻、子供の落書き、工事の看板。
そして気づく、彼女に何もしてあげられなかったこと、彼女にありがとうをいえなかったこと。
 後悔しても遅いのに、過去の自分を恨む、後悔しても遅いのに、思い出の場所にいく。そこになにかあるわけでもないのに。そこはいっそう寂しい思いにさせるだけなのに。
もういない彼女を思い浮かべ、もういない彼女を探す。
寂しいね。付き合ってるときは、こんなことなかったのにね。
寂しいね。ひとりがこんなにつらいなんて。

あのときのあの場面ああいえばよかったのかな。
あのときのあの場面彼女の提案にのればよかったのかな。
正解のない答え探し。

偶然町で見かける彼女はどこか晴れ晴れしていて、まるで別人のようだった。
新しい恋してるのかな?私はまだあなたのことを思っています。
そう声をかけたいが、踏み出せない。
新しいマフラーすごく似合ってるよ。私も買ってあげればよかった。
そう声をかけたいが、もう遅い。
こっちに気づかないで離れていく彼女、もう歩いてるんだね。私はとまったまま歩き方を忘れてしまったようだよ。

ひとりじゃ季節の変わり目にも気づかない。
だんだん暖かくなっているんだよ。小さい声でいいから教えてくれ。
桜の蕾はおおきくなっているんだよ。嘘でもいいから声を聞かせてくれ。
残酷にも迫ってくる春。まだそんな気分じゃないよ。

もう少し時間をくれよ。と体がいう。
もう耐えられないよ。と心がいう。

こんなことなら恋なんてしなければよかった。なんてこんな気持ちにさせてもらったのに失礼だよね。

誰かと話したい、誰かと笑いたい、誰かと歩きたい。
それで心は、体は、埋められるのかな。
大きな穴があいた心。こんなに大きかったんだね。深さはどのくらい?宇宙みたく計り知れないよ。
こんなに大きかったんだね。あなたの存在。

あの映画のエンディングを教えてくれよ。
そしてら、一歩進めるかもしれないからさ。
あの映画のエンディングを教えてくれよ。
あなたを忘れるために。

完。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

14/03/11 リードマン

拝読しました!
一曲の歌ですね!

ログイン