1. トップページ
  2. 歴詩 (連載4) 「京のおなご・おりょう」

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

歴詩 (連載4) 「京のおなご・おりょう」

13/11/16 コンテスト(テーマ):第二十一回 【 自由投稿スペース 】 コメント:5件 鮎風 遊 閲覧数:1638

この作品を評価する

歴詩
 鮎風遊がこのジャンルを開拓させてもらいました。
 要は歴史を彩った男や女の熱い思いを、詩に。

 この〈自由投稿スペース〉での連載4は、幕末の動乱期を駆け抜けた坂本龍馬の妻、おりょうがテーマです。

少々の解説を
 楢崎 龍(ならさきりょう)は天保12年6月6日(1841年)に侍医の楢崎将作と貞の長女として、京都市中京区柳馬場三条下ル辺りで生まれる。──(現地表示板あり)
 1862年に父が亡くなり、おりょうは奉公へと出る。そして元治元年(1863年)の5月頃、おりょう(24歳)は三十三間堂南の土佐志士たちの寓居で賄いとして働いていた母と妹を訪ね、坂本龍馬(30歳)と出会う。
 二人は同じ「龍」、これで意気投合する。

 「反魂香」(はんごんこう)、これは安岡秀峰が明治32年(1899)頃におりょうから聞いた話をまとめたもの。ここに記されてある。
「元治元年8月1日の夕方、坂本が帰ってきました。そこで金蔵寺の住職智息院が仲人となって本堂で、内祝言をして、始めて新枕、幾千代までもと契りました。」と。
 結婚式場は京阪三条駅から三条を東に5分、そこに跡が残る。──(現地石碑あり)

 その前の元治元年6月5日(1864年)に池田屋騒動が起こっていた。(池田屋は今は居酒屋)
 内祝言後、身の安全のためにおりょうは伏見の寺田屋へと預けられる。
 そして慶応2年1月23日(1866年)、龍馬は寺田屋で伏見奉行の襲撃を受ける。いわゆる寺田屋事件だ。
 この時、おりょうは階下で風呂(今も残っている)に入っていた。そして外の異様な気配を感じ、裸で階段を駆け上がり、龍馬に危機を告げる。
 この機転により、龍馬は屋根づたいで虎口を脱する。しかし左手に深い傷を負う。後の龍馬の写真では左手は隠されている。
 この療養のため、3月初旬、龍馬とおりょうは九州霧島へと旅立つ。これが日本最初の新婚旅行だと言われている。
 二人は高千穂峰登山をし、頂上の天の逆鉾(あまのさかほこ)を抜いてふざけ遊んだとか。
 しかし、まだまだ二人には動乱の日々が待っていた。

 そして1年半後、慶応3年11月15日(1867年)、坂本龍馬と中岡慎太郎は京都河原町の近江屋で暗殺される。──(現地表示板あり、今はコンビニ)
 その日は龍馬の33歳の誕生日だった。
その頃、龍馬はおりょうを下関に住まわせていた。そして訪ねて来た龍馬に最後に会ったのは9月20日のことだった。そのためおりょうは龍馬の訃報を下関で聞いた。
 おりょうは急ぎ京へと向かい、近江屋に宿泊し、龍馬を弔った。

 龍馬とおりょう、二人は1863年5月に出会い、1867年11月に別離が。
 たった4年半の年月だったが、それは100年の濃さのある時間だったと言える。

ご参考に
 「You Tube」に、フォト音(on)ポエムとして画像と楽曲を付けて紹介させてもらってます。
 次のURLをコピーし、http覧に貼り付けて検索し、閲覧して頂ければ幸いです。

http://www.youtube.com/watch?vdlYKLUXxIhc
 これでヒットしない場合は、you tube 画面検索で、「鮎風遊 京のおなご」でご検索ください。



『京のおなご・おりょう』

 悲しおした つろうおした
 あんさんが 近江屋(おうみや)で 殺(あや)められはって

 あたし ひやこいなみだ たんと 流したんえ

 あんさんが いっぱいこ好いてた 八坂(やさか)のさくら
 あでやかに ことしも 咲いてくれはった

 京のおなごは 芯が強(つよ)おます
 そやさかい 今日からは
 泣きめそなんか かんにんなんえ

 なんしか あたしは
 あんさんが 惚れてくれはった 恋女房やもん


 楽しおした おもろおした
 あんさんと 霧島(きりしま)へ 新婚旅行

 今も ほのかな夢に たんと 出てくるんえ

 ほのぼのと あんさんと歩いた 豊後(ぶんご)の道は
 さやさやと ことしも 風が吹いてます

 京のおなごは 情が薄(うす)おます
 そやさかい 今日からは
 淡夢(あわゆめ)なんか かんにんなんえ

 なんしか あたしは
 あんさんの やんちゃで かいらしい 同志やったもん


 きばりおした えろうおした
 あんさんは 世直しで 命かけはった

 ほんに 純な一生涯 あての 自慢なんどすえ

 いっぱいこ あんさんをいやした 古都の四季
 ゆるゆると ことしも 移(うつ)ろいゆきます

 京のおなごは 欲が深おます
 そやさかい 明日(あした)から
 一所懸命 生きてゆきます

 なんしか あたしは
 あんさんが 抱いてくれはった 恋女房やもん


 京のおなごは 芯が強(つよ)おます
 京のおなごは 情が薄(うす)おます
 京のおなごは 欲が深おます

 そやさかい 今日から
 泣きめそなんか

 そやさかい 今日から
 淡夢(あわゆめ)なんか

 そうなんえ
 明日(あした)から
 一所懸命 生きてゆきます

 なんしか あたしは
 あんさんが 愛してくれはった 恋女房やもん




コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/11/16 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。youtube拝見しました。

力作ですわ〜素晴らしい。取材行かれたのでしょうね。お疲れ様でした。

おりょうの良さが凄く出ている歌ですね、良かったです。素敵な画像を含めて、よいものをありがとうございました。

13/11/18 鮎風 遊

草藍さん

ありがとうございます。

龍馬、おりょうを追いかけて高知、そして霧島まで行きました。
公民館のような所にあった塩浸温泉の湯が最高でした。

13/11/24 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

なんと! 龍馬、おりょうを追いかけて高知、霧島まで行ってきたんですか。
本格的ですねヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!

13/11/25 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

はい、行きました。

もう、アホですわ。

14/03/11 リードマン

拝読しました!
さな子さんのお話も是非読んでみたいです。

ログイン