1. トップページ
  2. 三国の物語

リードマンさん

性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

三国の物語

13/11/09 コンテスト(テーマ): 第二十回 【 自由投稿スペース 】 コメント:0件 リードマン 閲覧数:1138

この作品を評価する

全ての場合において、史実として残っているものと、黒歴史として封印された事実とは異なっているものだ。このオレが語る三國志、信じるかどうかはアンタ次第って事さ、それじゃ話を始めようかね。

オレの事は、そうだな、気軽に楽とでも呼んでくれ。……一条じゃあないからな、念の為。戦乱の時代、大陸では魏、呉、蜀の三国が統一を目指して覇権を争っていたんだ。

オレは親友と育ての親みたいな人と一緒に曹操さんの軍に参加したんだ。正直な話、大将が気に入った訳じゃあない、典や親父の考えがどうだったのかは知らないが、オレは単に一番強い所に所属したかっただけだ。オレが見る限り、最強は曹操の大将だったからな。武力をもって戦乱を収め、大陸を統一、乱世を終わらせる、あたりには共感したんだけどな〜。

殺しあいをするのだって、ただただ戦友達を守る為さ、一人でも多く守る為に、一人でも多く殺したよ。誰かの為? 違うさ。誰かを守りたいと望む自分の為に決まっている。自らがエゴイストであると自覚出来ないフェミニスト程、タチの悪い奴はいない。それは例えば、どこかの玄徳さんとかな。司馬一族とかはいいぜ? 馬鹿な奴なんてほとんどいない、昭の奴は大馬鹿者だけどな(笑)

一国を治めるのは頭の切れる帝に任せて、軍団を率いる大将軍には昭のような奴がいいんだろうさ。……オレかい? オレは自由が好きだからな、責任て言葉が大嫌いなんだ、理由と二人でのんびり生きるさ。

これで話は終わっちまうんだが、最後にアンタに質問だ。……理由は見付けられたかい?(笑)


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン