1. トップページ
  2. スイーツ・カフェ [ Whats new ? ]

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

スイーツ・カフェ [ Whats new ? ]

13/10/29 コンテスト(テーマ):第四十三回 時空モノガタリ文学賞【 スイーツ 】 コメント:8件 鮎風 遊 閲覧数:2276

この作品を評価する

 単身赴任中の貴史、休日にブランチしようと張り切ってアパートを出た。行き先は以前から気になっているスイーツ・カフェ[Whats new ?]
 何か新しいこと、ある? って、新作スイーツでもあるのかな?
 貴史は看板を目にした時、興味を持ち、そして今日ワクワクしながら自動ドアーの前に立った。

「えっ、洋介に舞子、なんで、ここにいるんだよ!」
 カウンターの中にいる二人、貴史はそれが信じ難く、思わず声を上げた。
 洋介は高校時代の悪友、そして舞子は淡い恋心抱いたマドンナ。そんな二人が高校卒業後、貴史の目の前から消えた。そして今、20年振りの再会だ。

「びっくりだぜ、貴史。久し振りだな」
 洋介も驚きを隠せない表情。それでも余程懐かしかったのだろう、貴史の手を握ってきた。舞子も洋介のそばで「貴史君、お元気そうね」と目を潤ませる。
 三人が共有した青春、それらのシーンが貴史にフラッシュバックする。
 それにしても不思議だ、なぜ、ここに……洋介と舞子の二人が?
 そんな訝しがる心を洋介は読み取ったのか、「まあ、そこへ座れよ」と奨め、お冷やを出した。貴史はそれをとりあえず口に含むと、洋介が「俺たち京都を飛び出した後、創作スイーツで身を起こそうと一所懸命やってきたんだよ。お陰でやっと店を持つことができてなあ」とポツリポツリと語り始めた。
 されども貴史は、ということは、洋介と舞子は結婚してたのか? と、妻を持つ身でありながら、どことなくムカつく。しかし、その感情を見透かされないように、コップの水を一気に飲み干した。
 そして、この疎ましさから解放されたくて、「なあ、洋介、お前憶えてるだろ。卒業前に抹茶アイス食べたろ。あの時、俺確かめたんだよな、舞ちゃんのことどう思うって。そしたら、お前、何とも思ってないよ、こうはっきり言ったんだぜ。それがなんで今?」と直球で訊いてしまった。
「済まなかった、貴史。あの時、舞子には告白済みで……。親友のお前が恋心を抱いていたことは知ってたものだから、その遠慮もあり、ついてしまったんだよ、真っ赤な嘘を」
 貴史はそんなことを今さら攻めるつもりはない。あれは嘘だったのかと単に納得し、後は「創作スイーツを食べさせてくれよ」と照れ笑った。
 こんな二人の様子を見ていた舞子が「いつもこの人、お巫山戯さんなんやから、そやさかい、こんな〈 Whats new ? 〉なんえ」と京言葉で話し、濃い緑色で覆われた、抹茶スイーツを目の前に置いてくれた。
 美味しそうだ。貴史は辛抱できず、一口に頬張った。うーん、確かに香り良い抹茶テースト。洋介、結構やるじゃん、と舌の上で転がすと、その瞬間ビックリ仰天、中はハニー味だ!
「何じゃ、これ?」
 この大きなリアクションに、舞子がうふふと笑いながらメニューの一つを指さした。
 そして事もあろうか、そのスイーツ名は──〈 抹茶な嘘 〉
 洋介の真っ赤な嘘が今、〈 抹茶な嘘 〉に進化したのかと、その奇異さに感心する貴史だったが、ここは一言評価せねばならない。
「洋介、お前のウィットもわかるが、スイーツを通して、もっと幸福を追求して欲しいなあ」と、やっぱり友人、言ってしまった。すると横から舞子が「貴史君、これ見てくれはる」とメニューを開いた。

スイーツ・カフェ[Whats new ?]のメニュー
 アッパレパイ
 おかしなお菓子
 お猪口レート
 ケーキは気から
 ココ夏秋冬
 爺(ジジ)ロア
 朱クリーム
 滑る斜ベット
 地図ケーキ
 ぷ倫
 抹茶な嘘

「おいおいおい、これは一体、何なんだよ!」
 こんな珍奇なネーミングに度肝を抜かれてしまった貴史、「ちょっとスイーツの王道からは外れてるようだけど……」と口ごもった。そんな貴史に、「舞子と二人で精魂込めた新作があるんだよ。試食してくれないか」と洋介が抹茶ゼリーを目の前に置いた。
 それは新たな〈 Whats new ? 〉、貴史は遠慮なく一口口にする。するとそこには、ふわりと抹茶の奥深い味わいがある。
「これ、絶品だよ!」と貴史は感動の声を上げた。
「ありがとう。俺知ってんだよ。貴史はハッピー・スイーツ探求の人気ブログ作家だろ。お前に褒められて、やっと一人前のパティシエになれたかな? そこで貴史に頼みがあるのだけど、このゼリーに名前を付けてくれないか」と洋介が頭を下げた。これに貴史は「ヨッシャ!」と二つ返事する。

 洋介と舞子の新作・抹茶ゼリー、上品な甘さと郁々たる香りがある。まさに至福の一時を生み出してくれるスイーツだ。そんな感動をもって、貴史は洋介のお巫山戯さん路線をやっぱり外さないように銘打ったのだった。
「二人が追い求めてきた究極の新作スイーツ、その〈 Whats new ? 〉は──〈 幸せになり抹茶 〉──だよ」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/10/31 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

美味しそうなスイーツの話にホッペが落ちそう(笑)
「幸せになり抹茶」うん! このネーミングは面白いかも
これはいけそうですよ(`・ω・´)ハイ!

13/10/31 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

ダジャレネーミング、どれも楽しいですね♪
食べてみたくなりました。
学生時代、よく行った喫茶店で、パフェが「貴婦人の庭」とか「白鳥のささやき」とか名前がついていて、注文するとき恥ずかしかったのを読みながら思い出しました。

13/11/01 草愛やし美

鮎風遊さん、こんなスイーツ屋さんあったら面白いでしょうね。
味が抜群だったら、余計流行りますね。
幸せになり抹茶は恋人達の必需品、結婚の引き出物などによろしいかと思います。楽しいお話でした。

13/11/02 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

そうです、幸せになり抹茶、どこかで使ってくれないかなあ。
すぐに食べに行きますが。

13/11/02 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

だじゃれスーツ、
今一番人気は 面白い恋人 と 白いお台場 のようで。

他にもオモローイの考えてまっせ。
このサイトの品位を鑑み、今回は登場させませんでしたけど。

13/11/02 鮎風 遊

草藍さん

もち、味は一番大事。

引き出物、確かに「幸せになり抹茶」は人気出るかも。
お裾分けで欲しいものです。

13/11/09 リードマン

拝読しました! 嘘ってとても美味しいんですよね〜w
それでは!

体は嘘で出来ている

血潮は鎖で、心は楔

いくつもの世を渡り不滅

ただ一度の終わりもなく

ただ一度の始まりもなし

彼の者は恒に独り、闇の中で夢を視る

もとより、その生に理由はなく

この世界は、きっと夢で出来ていた

イッツア! オールフィクション!!w

13/11/10 鮎風 遊

リードマンさん

コメントありがとうございます。

「この世界は、きっと夢で出来ていた」
確かに、夢の世界の方が本物のようです。

ログイン

ピックアップ作品