1. トップページ
  2. 祖母と伯父とバームクーヘンと

光石七さん

光石七(みついしなな)です。 子供の頃から空想(妄想?)が好きでした。 2013年から文章化を始めました。 自分では気付かないことも多いので、ダメ出しを頂けるとありがたいです。

性別 女性
将来の夢 可愛いおばあちゃん
座右の銘

投稿済みの作品

8

祖母と伯父とバームクーヘンと

13/10/22 コンテスト(テーマ):第四十三回 時空モノガタリ文学賞【 スイーツ 】 コメント:16件 光石七 閲覧数:18051

この作品を評価する

 二年ぶりに実家に帰省した。父も母もバス停で待っていてくれた。久しぶりの孫たちとの再会に顔がほころんでいる。
「柊平君はやっぱり来れないのか?」
父が少しがっかりした声で聞いてきた。
「うん、仕事が大変みたいで。お父さんと一局指したかったのに、ってぼやいてた」
「そうか、残念だ」
将棋という共通の趣味を持つ父と夫は、会えば必ず対局する。父はパソコン等が苦手なため、オンラインという手段は使えない。
 実家に着くと、すぐ子供たちが廊下を走り始めた。
「悠真、花音! ナンナァしてから!」
子供たちを一喝して、仏壇の前に連れて行った。焼香し、一緒に手を合わせる。三歳の花音はマンションには無い大きな仏壇に興味津々だ。六歳の悠真はさすがに大人しく合掌している。
 子供たちを両親に託し、台所で手土産に買ってきた壱花堂のバームクーヘンを切った。一切れだけ小さな皿に載せ、残りを大皿に盛る。人数分の取り皿も用意した。お茶と一緒に出す前に、小皿を仏壇に運んだ。
「ママ、誰が食べるの?」
供えた後少し目を閉じていたら、花音が隣に来ていた。
「ママのばあばが食べるのよ。だからお供えするの」
「ふーん」
花音は不思議そうだ。
「さ、花音も向こうでじいじやばあばと食べよ?」
二人で両親と悠真がいる居間に向かった。

 祖母がバームクーヘンを好きだなんて、一緒に暮らしていたのに全然知らなかった。私がクッキーを焼いた時は「沙紀ちゃんが作ったから」と何枚か食べてくれたけど、甘い物をあまり食べない人だと思っていた。祖母の本当の好物を知ったのは、十一年前、祖母が亡くなった時だった。
 祖母の葬儀で、私は初めて父の兄だという人に会った。存在は知っていたが、我が家では伯父の話はタブーだった。勘当されていたからだ。見知らぬ男性が「母ちゃん、母ちゃん」と泣きながら祖母の遺体に縋る光景は、私の目には奇妙に映った。
 葬儀の後、父は私に事の経緯を話してくれた。
 昭和四十年、地元の高校を卒業した伯父は神戸の洋菓子工場に就職した。実家に仕送りする際、工場で出たバームクーヘンの切れ端も一緒に送ってくれた。田舎の貧しい家だ。家族は皆バームクーヘンを初めて口にし、感動した。特に祖母は「世の中にこんな美味しい物があるのか」と涙を流したという。洋菓子工場に勤めた五年間、伯父は実家にお金とバームクーヘンの切れ端を送り続けた。そのたびに家族は喜んでバームクーヘンを分け合った。普段は父や伯母に自分のおかずを分け与える祖母も、この時だけは自分の分を確保したらしい。
 関西の電機メーカーに転職した伯父からはバームクーヘンは届かなくなったが、仕送りは続いていた。二年後、伯父は一人の女性を実家に連れてきた。結婚したい女性だという。祖父母は初め喜んだが、女性のある事情を知って結婚に反対するようになった。卵巣を手術で摘出したため、子供を産めなかったのだ。家を継ぐべき長男の嫁にはふさわしくない、大正生まれの昔気質の祖父母がそう思うのは仕方なかっただろう。しかし、伯父は女性との結婚を押し通した。結局伯父は勘当され、弟である父が跡取りとなった。それ以降、祖父母がバームクーヘンを口にすることは無くなった。
 祖父は私が生まれる前に亡くなったが、祖母は頑なに伯父もバームクーヘンも拒み続けた。父にも伯父との接触を禁じていた。そして祖母は伯父に会うことなく死んでしまった。叔父の久しぶりの帰郷は、祖母の葬儀の場だった。

「じいじ、あーん」
花音がバームクーヘンのかけらをつまんで父に食べさせようとしている。父はデレデレだ。悠真は口いっぱいに頬張っている。
「沙紀、これ美味しいね」
母も笑顔で食べている。
「でしょ? 私、自分へのご褒美によく買うんだ」
「だから太るのよ」
痛いところを突かれたけど、このささやかな贅沢はやめられない。
(ばあちゃんも、死んでまで意地張らなくてもいいんだよ?)
本来スイーツは人を幸せな気持ちにするものだが、祖母にとってバームクーヘンは、伯父のことを思い出させる辛いものになってしまったのだろう。だけど、それは親の期待を裏切った息子への憎しみではなかったと思う。母親ならば我が子への情は断ち難いはずだ。祖父や先祖の手前、“イエ”を守る役目を放棄した長男を簡単に許すわけにいかなかったのではないだろうか。自分も子も孫も甘やかすのを良しとしない、信心深い祖母だったから。
 伯父は今、奥さんが入院して大変らしい。それでも顔文字入りでユーモアのあるメールをくれる。優しくて大きな人だと思う。
 近いうちに伯父のところにも顔を出そう。お土産にバームクーヘンを携えて。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/10/22 光石七

訂正です。
一か所“伯父”が“叔父”になっていました。
申し訳ありません。

13/10/22 リードマン

皆様の描く登場人物達は、その全てが素晴らしく徳の高い人物ばかりですね。その魂を見聞したいと欲してしまう自分は救いようのない外道なのでしょう

忘れて下さい

花音ちゃんと悠真くんの未来に幸あれと祈りますw

13/10/22 リードマン

蛇足ではありますが、沙紀という名は、私の連れにかなり近いですw

13/10/22 こぐまじゅんこ

拝読しました。

おばあちゃんも、天国でおなかいっぱいバームクーヘンをいただいていることでしょう。昔は、イエが大事でしたものね。

13/10/22 リードマン

そういえば、私は本当に頭を使った物事につくづく向いていないと実感することしばしです。交渉事にはそれなりであるという自負はあるのですが、戦略や戦術、細かな解析や計算となるとまったくダメですからねw テーマやスタイル、ルールといったものも大の苦手です。私に出来る事はたった一つ、相手と共感し、ただただ言葉を尽くす事だけです

・・・なんだか、貴方は女性作家の良い所を凝縮したような方ですね。
こんな私がヤケに素直になってしまいました。・・・なんでしょうね、
心ってヤツが、どうやらこの私にもあったようですw

大変失礼な事を言いましたね。ごめんなさい

13/10/22 草愛やし美

光石七さん、拝読しました。

おばあ様への愛が溢れた作品、とても素敵でした。確かに昔はそうでしたね、イエを守ることが長男に課せられていました。親の意に沿わない嫁をめとれば勘当でした。私の祖父もその一人だったそうです。(祖母は私の母が小学生の頃亡くなっていますので顔も知りませんが)見合いが当然の世にあって、祖母との愛を貫き祖父は勘当されたと聞いています。何だか素敵だなって幼い私には思えました。

伯父さんと交流があることがラスト部分に書かれていて、心が温かくなりました。神戸の洋菓子は美味しいお店多いですね。
バームクーヘンの表現が凄く美味しそうで食べたくなりました。笑

13/10/22 泡沫恋歌

光石七さん、拝読しました。

実は私もバームクーヘン大好きなんですよ。
特にユーハイムのが好き! マダムシンコのは甘過ぎてNG!!

・・・と、お菓子談義を始めたら終わらないのでσ(´∀` )ァタシ

家族の歴史とバームクーヘンは上手くコラボさせてるなあと感心させられました。
好きなモノを断ってまで、意地を張りとおしたお祖母さんが少し可哀想でしたね。

13/10/22 光石七

読んでくださった皆様、ありがとうございます。
この作品はフィクションですが、祖母が仕送りと一緒に届いたバームクーヘンに涙したというのは事実のようです。
祖母の初めてのスイーツだったんだろうなと思います。

>リードマンさん
初めまして。
コメントありがとうございます。
今回はたまたまよさげな話にまとまっているかもしれませんが、ブラックな話も書いております。
過分なお褒めの言葉、恐縮です。精進せねば、と気が引き締まりました。
共感力は大事ですよ。

>こぐまじゅんこさん
コメントありがとうございます。
今は結婚も家族形態も自由ですが、伝統的な“イエ”を重んじる考えが主流だった時代は困難も多かったでしょうね。

>草藍さん
ありがとうございます。
主人公と伯父の今の関係に気付いてくださり、うれしいです。
楽しんでいただけて何よりです。

>泡沫恋歌さん
私もバームクーヘン大好物です。
ユーハイムは最高ですね♪ ……ってお菓子談義?
この話はフィクションですが、私の祖母も昔気質で頑固なところがありましたね。そこから教わったこともありますが。
ありがとうございます。

13/10/23 光石七

>OHIMEさん
いつもありがとうございます。
登場人物の性格は家族や親族をモデルにしております。
祖母は絶対に愚痴をこぼしたり弱音を吐いたりしない人でした。
一緒に暮らせてよかったと思います。
ところで、どこか美味しいバームクーヘンを知りませんか?(笑)

13/10/24 かめかめ

光石さんのところでは「ナンナァ」なんですね!^^!
うちは「まんまんちゃん、あー」でした。あーて、なんやねん。

13/10/25 光石七

>かめかめさん
やはり地域によって言い方が違うのですね。
「まんまさん、あん」というところもあるようです。
呼び方は違えど、小さい頃から仏壇に手を合わせるのはいい教育ではないでしょうか。
コメントありがとうございます。

13/10/27 リードマン

バームクーヘンに限った話では無いのですが、品揃えの良さという意味でしたら、ローソンが一番オススメですよ〜w

13/10/28 光石七

>リードマンさん
確かに。
情報ありがとうございます。

15/10/19 seika

ユーハイムのバームクーヘン、食べたくなりました。切れっぱしてもいいから。
しかし卵巣摘出せざるを得なかった時は辛かったでしょうね。

15/10/19 光石七

>seikaさん
コメントありがとうございます。
ユーハイムのバームクーヘンは美味しいですよね。しばらく食べてないので、なんだか私も恋しくなってきました(笑)
登場人物の痛みを思いやってくださり、ありがたいです。

ログイン