1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載13

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

漢字一文字の旅 連載13

13/10/01 コンテスト(テーマ):第十八回【 自由投稿スペース 】 コメント:0件 鮎風 遊 閲覧数:1528

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。


連載13  巣 臭 名 水 四 聖

13−(1) 【巣】

 【巣】、木の上に雛(ひな)がいる象形だとか。
 そう聞かされれば、そのように見えてくる。

 そんな【巣】、
 「源氏物語」54帖の後が『巣守帖』(すもりのじょう)と言うらしい。
 いわゆる「宇治十帖」の続編だとか。

 「宇治十帖」は浮舟をめぐって匂宮と薫が争う。だが誠実な薫が敗れる。

 しかし、浮舟は恋の波間に揺れて宇治川に身を投げる。そして僧に助けられ、小野の尼寺に籠もってしまう。
 物語にはその後はなく、中途半端な所で終わる。
 そのため後世の鎌倉時代に、浮舟に思いを寄せた誰かが……。
 いや、そのイッチョカミが……「その後物語」を書いた。 

 すなわち「宇治十帖」の外伝だ。 
 それが『巣守帖』と呼ばれ、最近発見された。

 うーん、『巣守』とはね。唸ってしまう。
 まさしく巣守とは孵化(ふか)せず巣の中に残っている卵のこと。

 「宇治十帖」は完結していない。
 それはまさに孵化せず巣の中に残っている卵、つまり巣守のようなもの。
 したがって、なんとか孵化させてやりたいと思ったのだろうか?
 それともその実態に鑑みて、自虐的にその物語を「巣守帖」と名付けたのだろうか?

 しかし、その作家は結構手強いやつかも。いや、それともかなりのイッチョカミかな?
 なぜなら、未だ孵化していない「宇治十帖」、いちびりな鮎風遊も完結させたいと思いました。
 そして書きました。
 恋の波間に揺れたヒロイン・浮舟の……その後を。

 しかも調子に乗って現代風に。

 それが『 いまどき(現時)物語 』です。
 http://novelist.jp/work_list.php?user_id29298&page3

 ひょっとすれば、鮎風は「巣守帖」の作家と同じイッチョカミのDNAなのかも。


13−(2) 【臭】

 【臭】、この漢字の上の「自」は正面から見た「鼻」の形だとか。
 そして、下の「大」は元々「犬」(いぬ)だったそうな。
 そこから「犬」の「鼻」で嗅ぎ、におう/くさいとなったらしい。
 うーん、そうだったのか、と唸るしかない。

 さてさて身の回りに臭いものは多くある。
 その中でも恐怖の五大異臭がある。
 それらは……ドリアン、ブルーチーズ、くさや、にんにく、鮒寿司だ。
 この中でもくさやは関東の風味(?)、鮒寿司は近江の郷土珍味となる。

 「鮒ずしや彦根の城に雲かかる」
 彦根を訪ねた与謝蕪村がそう詠った。
 だが、きっと雲まで臭かったことだろう。

 鮒ずしは……いわゆる寿司の原点のなれ寿司。
 二、三年塩と米飯で漬け、発酵させる。アミノ酸のうま味が一杯の伝統食品だ。

 この材料となる鮒が琵琶湖のニゴロブナ。
 実はコイ目コイ科コイ亜科に分類され、どちらかというと鯉なのだ。

 したがって体型はゲンゴローブナのように膨らみを持たず、スリムな形。
 湖の深い所に棲むイケメン魚。
 そんなニゴロブナ、現在は捕獲量が激減し、高級魚だ。

 魚は希少、米は近江の高級米、そして途方もなく手間がかかる。
 したがって美味ではあるが、珍味。めったに口にすることはない。
 しかしだ、たまたま巡り会った時に気を付けなければならない。
 犬がそっぽ向くほど臭いのだ。

 「鮒ずしや彦根の城に雲かかる」
 与謝蕪村もこう詠いながら、きっと【臭】という漢字を思い浮かべたことだろう。


13−(3) 【名】

 【名】は「夕」と「口」の組み合わせ。
 「夕」は肉の省略形、「口」は祝詞を入れる器の形。

 かって子供が生まれると「肉」を供え、祝詞をあげる【名】という儀礼があった。
 その時に子供に名前を付けたため、【名】は「名づける」という意味になったとか。

 【名】は体を表す。
 そのためか親が名づける名前は子供への期待が当然籠もっている。
 そしてそれは時代ともに変遷していくものだ。

 今から100年前の大正元年、第1位の名前は、男子は「正一」、女子は「千代」だった。
 これが大正2年になると、男子は「正二」、女子は「正子」となる。
 そして大正3年は「正三」、女子は「静子」。

 明治が終わり大正に、当時の親たちは新しい世代・大正の「正」に拘った。
 そして3年経っても「正」を見切れなかった。親たちはそういう思いだったのかと、面白い。

 それでは昭和の戦前戦後の第1位の名前はどうだっただろうか?
 きっと戦争に勝ちたかったのだろう、男子は昭和17年から20年まで「勝」。
 だが敗戦後、豊かさを願い、昭和21年には「稔」となる。

 一方女子は、親たちは戦渦にあっても、きっと娘の平穏を願っていたのだろう、なんと昭和18年から23年まで「和子」だ。

 ならば戦後豊かになり、バブルの頃は……男子は「翔太」、女子は「愛」。
 夢物語はどこまでも続くかのように、現実の暮らしから少しかけ離れた感覚を覚えざるを得ない。

 そして最近はと言うと、「大翔」(ひろと)と「陽菜」だ。
 閉塞した現代、子供だけには展望の開けた未来があるようにと願いが籠もる。

 そして話しは飛ぶが、
「寿限無寿限無、五劫のすりきれ、海砂利水魚水行末、雲行末、風来末、食う寝るところに住むところ、やぶら柑子、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグリーンダイ、グリーンダイのポンポコナのポンポコピーの長久命の長助」

 これはお馴染みの落語の人物名。
 しかし、こんな長い名前は他にないだろうと思うが、世界にはあるのだ。

「パブロ、ディエーゴ、ホセー、フランシスコ・デ・パウラ、ホアン・ネポムセーノ、マリーア・デ・ロス・レメディオス、クリスピーン、クリスピアーノ、デ・ラ・サンティシマ・トリニダード」

 仰天することなかれ、これはピカソの名前。
 長すぎたため本人は「パブロ・ルイス・ピカソ」と名乗っていた。
 それでも邪魔くさくなったのだろうか、最後は「パブロ・ピカソ」と自己紹介していたそうな。

 省略し過ぎの感はあるが、こちらの方がわかりやすい。

 いずれにしても【名】は、単に「夕」と「口」の組み合わせたもの。
 だからだろうか、名前はシンプルが一番だ。


13−(4) 【水】

 【水】、それは流れている水の形。
 中央に大きな流れがあり、左右に小さな流れがあるのだとか。

 昭和60年に名水百選が選定された。
 京都では伏見の御香水(ごこうすい)が選ばれている。

 この名水は歴史が古く、平安時代に遡る。
 当時香りの良い水がわき出ていて、それを飲むと病気が治ったとか。
 今は御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)となっている。

 そんな水が地下に流れる伏見は灘と並ぶ酒所。
 その水は、灘の「宮水」に対し伏見の「御香水」と呼ばれている。
 宮水は硬水であり、切れのよい辛口の男酒となる。
 一方御香水は軟水で、マイルドな甘口の女酒を産む。

 他の名水に、誰もが口にしたことのある清水寺の「音羽の水」がある。
 音羽山から三筋で流れ落ちてきて、枯れたことがない。
 延命長寿の霊水だ。

 上方落語に「はてな茶碗」という演目がある。
 桂米朝の語りがとびきりに面白い。

 清水寺の音羽の滝の茶屋で油屋の男が休憩していた。
 横では有名な茶道具屋の茶金が音羽の水の茶を飲み、そしてその茶碗をこねくり回しながら「はてな?」と首をかしげていた。
 これを見ていた油屋、さぞかし値打ちのある茶碗にちがいないと、茶金が帰った後、店主から二両で買い取る。

 傑作中の傑作の落語・はてな茶碗は音羽の茶店から始まる。
 そしてオチは……「見てくれ! 水ガメの漏るやつ、みつけたんや!」

 とにかく【水】という漢字、
 水が流れている形ではあるが、いろいろなものを絡ませながら流れて行くのだ。


13−(5) 【四】

 【四】、算木を四本重ねた形だそうな。

 そんな【四】を使って、四つ葉のクローバー(four-leaf clover)がある。
 そして、四つ葉には「四つのH」があるとか。
 それらは……ホープ(希望)、ハピネス(幸福)、ハート(愛情)、ヘルス(健康)。
 良いこと尽くめだ。

 その上に、花言葉は……「Be mine.」。
 要は「私のものになってください」と自己中的なもの。

 そんなクローバー、普通は白い花で、和名は「白詰草」(シロツメクサ)。

 昔、オランダ人がガラス器を日本に運んだ時、クローバーの枯れ草を緩衝材として詰めて使っていた。
 だから……「白詰草」と言う。
 ホーと感心するしかない。

 だが中に、赤い花のクローバーもある。
 その和名は「紅花詰草」(ベニバナツメグサ)。
 これもやっぱり「詰草」だ。
 これも緩衝材として使われてたのだろうか?
 それとも和名「白詰草」の横滑り?
 いずれにしても、花言葉は「特に言葉はありません」だとか。

 要は、
 白いクローバーは「私のものになってください」と詰め寄り、
 赤いクローバーは「特に言葉はありません」という返事。

 大変結構な流れだと思うが、
 とにかく【四】という漢字、算木のように、いろいろと話題が絡み合って行くようだ。


13−(6) 【聖】

 【聖】という漢字、「耳」と「口」の下につま先立つ人を横から見た字・「王」が支える。
 これにより祝詞を唱え、そして祈り、神のお告げを聞くことができる人のことを【聖】と言うらしい。
 さらに、ここから「聖人」という熟語が生まれた。

 キリスト教には多くの聖人(せいじん)がいた。
 日本にも(しょうにん)と呼ぶが、聖人がいた。
 それは親鸞聖人(しんらんしょうにん)。

 京都伏見の南、醍醐寺に近い山裾に「日野誕生院」がある。
 小さな寺だが、ここは浄土真宗の聖地。

 1173年、親鸞聖人はここで生まれた。
 そして九歳まで過ごし、その後出家した。
 その得度する時に詠った歌がある。

 「明日ありと 思う心の あだ桜  夜半に嵐の 吹かぬものかは」

 うーん、まったくその通りだ!
 それにしても、子供ながらにこんな達観したような歌を詠ったのだから……驚きだ。

 親鸞はその後比叡山に登り、二〇年間修行する。
 ただ心身の限界を感じたのだろうか、二九歳で山を下りる。
 そして六角堂に通い、夢のお告げを受ける。

 「行者宿報設女犯 我成玉女身被犯 一生之間能荘厳 臨終引導生極楽」

 うーん、この夢のお告げって……漢字ばっかりで……《^0^;汗汗》。
 だけど字からして……
 「女」に「犯」、そして「臨終」とか、ちょっとヤッベー感じかな。

 そこでちょっと調べてみた。
 この「夢のお告げ」を簡単にすると。

 お坊さんは妻をめとってはならないと禁止されています。
 しかし、今こそその戒律を破りなさい。
 私は美しい女性となって、あなたの妻になります。
 そして一生あなたを支えます。
 命果てる時に、生涯が素晴らしいものであったと喜び合い、一緒に極楽浄土に参りましょう。

 ブラボー!
 こんな夢のお告げを受けてみたい。

 当然です。
 親鸞はこのお告げに従って、二九歳で妻帯する。
 その後流罪とかいろいろあったが、三五歳で京都を離れ越後へと。
 そして流罪は解かれ、四一歳から家族とともに東国を布教行脚する。
 六二歳で京都に戻り、八九歳で入滅。

 【聖】という漢字の意味、それは汚れなく清らかなこと。
 だが親鸞聖人は肉食妻帯であり、波瀾万丈の人生だった。
 しかし、その生き方はどこまでも一途で、人間的な『聖人』であったと言える。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン