1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載12

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

漢字一文字の旅 連載12

13/09/18 コンテスト(テーマ):第十七回 【 自由投稿スペース 】 コメント:4件 鮎風 遊 閲覧数:4813

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、連載10で煩悩の数108漢字を終えました。
 そして、連載11より再スタートさせてもらいました。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。


連載12  夢 芍 雷 姫 旅 老

12−(1) 【夢】

 【夢】
 それは古代、巫女(みこ)の呪術によってあらわれるものと思われていた。
 したがって巫女が祈りをしている形に、「夕」が組み合わさったものだと言われている。

 そして鎌倉時代。
 日常生活の中で、よく夢が売買されていたらしい。
 『曽我物語』の二巻に「時政が女の事」という話しがある。

 武将・北条時政に三人の娘がいた。
 その次女(十九歳)が、ある日
「高い峰に登って、月日を左右の袂(たもと)におさめ、橘(たちばな)の三つなった枝をかざす」
 そんな夢を見たと言う。

 すなわち──夢の中で、月と太陽を自分の懐に入れてしまったのだ。
 そして三つの実がなる橘の枝をかんざしにしたと。

 次女はこれを凶夢だと思い込み、姉に打ち明けた。
 その姉貴こそが、後に源頼朝と結婚する北条政子だった。

 このお姉さん、その夢は天下を取るような吉夢だと知っていた。
 だが、なかなかズッコイところがあり、唐物の鏡、それプラス小袖で、その夢を妹から買い取った。
 そして自分の夢としてしまった。
 現代価値で、多分十万円くらいでお買い上げになったということだろう。

 その後の政子、頼朝と駆け落ちし一緒になる。
 それから尼将軍まで昇り詰め、天下を本当に取ってしまったのだ。

 しかし、ここで気になるのが、吉夢を売ってしまった妹、北条保子は?
 その後の生涯は一体どうなったのだろうか?

 記録によると、後は阿波局(あわのつぼね)と呼ばれたそうだが……。
 吉夢を売ってしまい、千載一遇のチャンスを逃し、やっぱり波瀾万丈だったとか。

 そして、いつも
「なにやら今の世は薄氷を踏むような思いだ」
 こう漏らしていたそうな。

 とにかく【夢】……「初夢」、
 『一富士二鷹三茄子、四扇五煙草六座頭(しせんごたばころくざとう)』
 これは吉夢だ。

 迂闊にも、お年玉と交換しないように。


12−(2) 【芍】

 【芍】、下部の「勺」(しゃく)は水を汲むさじの形。それに草冠が付き、「味が良い」意味となる。

 そして鎮痛剤の漢方、味はいかがなものかと思うが、「芍薬」となる。
 白芍薬と赤芍薬があり、白は肝臓、赤は血行に効くようだ。
 と言うことは、鮎風の場合は白がお薦めとなる。

 『立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花』

 牡丹が終われば、すぐに芍薬が追いかけるように咲く。 
 しかも百合が咲く前に。

 三美人、相並ばず。 
 まことにぱっと花咲くタイミングは微妙なものだ。

 だが、この牡丹と芍薬の差は何だろうか?
 牡丹は……「木」
 芍薬は……「草」

 牡丹は「花王」
 芍薬は花の宰相──「花相」だ。

 そしてイメージとしては、牡丹は加工美人。 
 芍薬は野生美人……かな?

 というのも、野生の芍薬が群生しているらいい。
 それは「ヤマシャクヤク」(Paeonia japonica)。 
 日本の本州、九州の山に咲いているとか。

 ならばということで、早速「you tube」で探索した。
 そして、ここに発見、「ヤマシャクヤク」を。
 ご参考に。
 http://www.youtube.com/watch?v-SOEQ-DSIxQ

 いずれにしても【芍】、初夏にいい味を出してくれている。


12−(3) 【雷】

 【雷】、雨に雷鳴の重なり連なる様を表した漢字だとか。

 そして、日本神話では【雷】は神様の一つ。 
 その雷鳴を……「神鳴り」(かみなり)と呼んでたらしい。 

 六月から七月に、毎日雨がシトシトと降り続く。
 だが終わりとなると、「梅雨中の雷は晴れ近し」と言われる。

 梅雨前線が北上し、南の高気圧が張り出してくる頃、熱雷が発生する。 
 雷が鳴り、そして晴れ上がり、梅雨明けとなるのだ。

 しかし、そんな【雷】、時としてゴロゴロドーンと落ちる。 
 恐ろしいものだ。

 「くわばら、くわばら」
 昔からこんな呪文を唱えると、落雷除けに良いと言われてきた。

 平安時代、藤原道真(ふじわらみちざね)は流刑された。 
 そして、その恨みをはらすために道真は雷神となり、宮中に幾度も雷を落としたと言われている。

 だがこんな呪われた状態にあっても、「桑原」と言う道真の土地だけは落ちなかった。
 それ以来のことだ。
「くわばら、くわばら」と、呪文としてその地名が唱えられてきたとか。

 「地震・雷・火事・オヤジ」
 昔からこれらが世の中の怖いもの。

 そして現代は「オヤジ」が格落ちし、「地震・雷・火事・原発」だとか。
 だが【雷】は、今もっても堂々の上位ランキング。

 いずれにしても、最近は天候不順。時節に関係なく雷が鳴る。
 今宵も就寝前に呪文を唱えておこう。
「くわばら、くわばら」と。


12−(4) 【姫】

 【姫】、右の「臣」は乳房を表す。
 それが「女」と組み合わさって、成人した女性の意味となる。
 そして、時を経て、【姫】は高貴な人の娘のこととなる。

 この【姫】の反義語が『彦』。
 そして、七月七日は七夕。

 織姫は天帝の機織り上手な娘。
 また夏彦も働き者だった。 
 二人は帝に結婚が認められ夫婦となる。 

 しかし、新婚生活が楽し過ぎたのだろう、織姫は機を織らなくなった。
 天帝はこれに怒って、天の川を隔てて二人を引き離してしまう。 
 ただし年に一度だけ、七月七日に会うことを許した。

 だが雨が降ると天の川の水かさが増し、二人は川を渡れず、逢うことができない。 

 七月七日、星天夜になるかどうか、過去の統計からすると確率は約2割。
 今年は辛うじて雲のようだ。
 七月七日の雨、それは夏彦の無念の涙、催涙雨(さいるいう)という。
 それが降らなければよいが。

 さてさて、天文学で言えば……織姫星が「こと座」のベガ。
 そして天の川を挟んでの夏彦星、それは「わし座」のアルタイルだ。

 しかし、夏の夜空にはもう一つの煌(きら)めく星がある。
 それは「はくちょう座」のデネブ。 
 これら三つ、ベガ/アルタイル/デネブを結んだ形、それは「夏の大三角形」(Summer Triangle)と呼ばれている。

 位置としては、織姫の夫の彦星は……天の川の向こう側にいる。
 だがデネブは、織姫側の川岸に住んでいる。
 いわゆる微妙、いやちょっと危険な三角形なのだ。

 言ってみれば、
 織姫はたとえ雨が降っても、天の川の増水に関わらず、
 そう、デネブと一緒にいられるのだ。

 で、何かが起こりそう。
 と、現代風な【姫】伝説が生まれてきそう……かな?


12−(5) 【旅】

 【旅】、吹き流しの旗竿を掲げて進む軍団、その出向のこととか。
 大袈裟な話しだ。

 しかし、人は時として、
 吹き流しを掲げずとも、ふらっと【旅】に出たくなる。

 この漢字一文字の旅、みなさまとご一緒に旅を続けている。
 だが本当の旅となると、さてさてどこへ行ってみようかと……、
 そこから始まる。

 信州? 北海道? それともハワイ?
 いや、ヨーロッパ?
 いろいろな選択がある。

 さてさて本編では皆さまに、神社仏閣はないが、「隠れ名所」をご紹介しよう。

1.ヤリキレナイ川
  今の世の中に不満を持つ人にお薦め。

  北海道石狩川の支流に「ヤリキレナイ川」がある。
  そこで、「ヤリキレナイよ、まlったくヤリキレナイよ」と、ぶつぶつ呟きながら散策する。
  私情(詩情)満点となる。


2.南蛇井
  群馬県の高崎駅から上信電鉄に揺られれば、小さな駅に到着。
  改札を出れば、そこには田舎ののどかな風景が。
  そして、思わず関西弁で叫んでしまう。
 「ここは──ナンジャイ!」


3.女体入口、
  究極の神秘、それは女体。
  その入口がある。
  名古屋から高速バスに乗り、中央自動車道の駒ヶ根ICで降車。

  そこの路線バスの停留所が「女体入口」。
  神秘な旅に出たい御仁にお薦め。
  まずはこの入口より入れ!


4.オナラ湾
  人は自然と触れ合いたい。そして漁に出たい。
  そんなワイルドな人向けなのが、ソロモンの海にある「オナラ湾」。
  調べてみれば、ここに紹介動画があった。
  これですべてがわかる。

  http://www.youtube.com/watch?vRoJY94oXKks


5.タットケー
  人生は喜劇だ。
  それを再確認したい、そんな旅に出たいと思いませんか?
  ベトナムの「タットケー」、この地こそ究極の吉本的笑撃の地。
  紹介動画があった。

  http://www.youtube.com/watch?vjcx8Xl95RBk

  いずれにしても、【旅】はさまざまだ。
  しかし、死ぬまでに一度は行ってみたい──タットケー!


12−(6) 【老】

 【老】、上の部分は長髪の人を横から見た形だとか。
 それに逆さまになった死者の形の「七」が組み合わさった。
 これにより長髪の老いた人を【老】と言うらしい。

 人は俗界に生まれ出て、そして老い、黄泉の国へと旅立っていく。
 誰しもこの宿命から逃れられない。

 しかし、古今東西、諦め切れないヤツがいた。また今もいる。
 不思議なもので、命がけで不老長寿の薬を探し求めているのだ。
 だが、見つからない。

 しかし、ここへきてわかった。
 この世に不老不死の不届きなヤツがいると。

 そやつは……「べにくらげ」

 突然ある日から若返って、また人生をやり直すそうな。
 しかも同じDNAを持ち続けてだから、ご本人そのものだ。

 これ、ホント羨ましいですね。
 鮎風も、もし若返れたら、
 十七歳で叶わなかった恋をやり直し、検事となって、世の悪と戦い……。
 こんなリベンジが果たせるかも。

 で、何億年も生き続けている「べにくらげ」の酢の物、どこかに売ってないだろうか。
 できれば、そのDNAを取り込みたい。

 てなてな……ことに、
 【老】は、いつも「生」に執着させる漢字なのだ。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/09/19 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

まさに継続は力ですね!

北条政子の夢の話は有名ですよね。もし、夢を交換しなかったら・・・
歴史は大きく変わっていたことでしょう。

13/09/20 草愛やし美

鮎風遊さん、素晴らしい連載ですね。
( ̄ェ ̄;) エッ?夢を売り買いするのですか? 私、夢売ってしまったのかしら( ̄-  ̄ ) ンーわかんない。
芍薬もあれもこれも、美人にはとんと縁がない私です、そういえば、釦つけは苦手だっったわ。(; ̄ー ̄)...ン?関係ないってかあ。
南蛇井あるんですね、ほんまやわ。思わず検索してました。どこかの方言で「チンチンかく」あるそうですね。こういうことだけ記憶している私って……。
べにくらげを研究して薬を作ろうと、某会社が動いているという噂はないのでしょうか?
面白かったです、ありがとうございました鮎風さん。

13/11/30 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

そうですね、継続は力なり。
旅を続けさせてもらいます。

夢を買ってなかったら、きっと歴史は変わっていたでしょう。

13/11/30 鮎風 遊

草藍さん

面白く読んでいただき、光栄です。

べいくらげの粉末茶でも売り出されないかなと、心待ちにしています。

ログイン