1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載11

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

漢字一文字の旅 連載11

13/09/04 コンテスト(テーマ):第十六回 【 自由投稿スペース 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:1865

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、煩悩の数108漢字を終えました。
 この連載11より、新たに再スタートさせてもらいます。
 これからも御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。


連載11  再 春 輝 酒 菖 律


11−(1) 【再】

 【再】は組紐(くみひも)の形だとか。
 器具の上下に算木「一」を置き、それを折り返して紐を組んでいくため、「ふたたび」の意味になったそうな。
 なるほどと納得してしまう。

 この漢字一文字の旅、連載10で百八つの漢字を訪問しました。そして、心新たに【再】出発です。
 少しマンネリになってきた時に、【再】は魔法の漢字で、まったく便利。いわゆる御破算で願いましてはと、勝手に心機一転できるのだ。

 さてさて、少し話題を変えて、喜びも『ひとしお』です、という言葉がある。
 この『ひとしお』は「一塩」ではない。喜びに「塩」なんか振って、どないすんねんとなる。
 これは『一入』と書く。

 織物を染める時に、一回染料に浸けることを『一入』というらしい。そして、二回が『再入』(ふたしお)という。

 ならば、この『漢字一文字の旅』、
 【再】スタートできて、喜びも『再入』(ふたしお)です……という心境かな?


11−(2) 【春】

【春】の元の字は

『 艸
  屯
  日 』 を合体させたもの。

 つまり【春】は、これらを縦にぎゅっと圧縮し、一文字にした漢字。
 そして、この中の「屯」、冬の間草の根が閉じ込められた形だとか。これに日があたり、今にも草の芽をふき出そうとしている。
 そんな意味から【春】となったようだ。

 枕草子の中で、清少納言は綴った。
 【春】はあけぼの。
 やうやうしろくなりゆく山ぎはすこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。

 要は、【春】は日の出はまだだが、ほのぼのと明けてきた頃、あけぼのの時間帯が趣がある……ということだ。
 確かにと思うが、眠いのでめったに眺めることはない。

 そして、こんなメロディ、誰しも一度は聴いたことがあるだろう。
♪ ちゃんちゃんちゃちゃーああ ♪
♪ 「いて」、ちゃんちゃんちゃちゃーあん ♪

 うん? これではわからないか。
 で、答えは……微かに「いて」が入るヴァイオリン協奏曲『四季』の【春】だ。

 確かめたい御仁はこちらへ。
 youtubeの『四季』/【春】で検索。
 http://www.youtube.com/watch?veXXbtZ1wcqM

 それは三つの楽章から構成され、
 アレグロ(陽気に)→ラルゴ(ゆるやかに)→アレグロ(陽気に)、と春らしく続く。

 そしてソネット(Sonnet)、それには十四行詩のが添えられてある。
 だが、不思議なことだが、ネットにこの詩が多く和訳されているが、元の十四行になっていない。どこかにいくつかの行が飛んで行ってしまってるのだ。
 ならばということで、
 今回、原文と他の日本語訳を参考に、意訳してみた。

1   春がやってきた、陽気に
2   小鳥たちがチッチと歌ってる、春よ、ようこそと
3   小川はさらさらと、そよかぜに
4   せせらぎを優しく揺らしてる、そしてそのうちに
5   空は真っ黒な雲に覆われつくし、雷鳴がどどどーんと轟く
6   それは春の訪れの告知
7   やがてやっと嵐は去り、小鳥たちがふたたび
8   チッチと楽しく歌う

9   花が乱れる牧場では
10  葉のざわめきがララバイに
11  羊飼いが犬を枕に、まどろんでる

12  妖精たちも牧童も
13  キラキラと、春の光りを満身に
14  バグパイプの音色に、思わず踊り出す

 これがヴァイオリン協奏曲『四季』の【春】のイメージだ。
 うーん確かにと、数えてみたら……十四行だよ〜ん。

 そして、【春】
 それはアレグロ(陽気に) → ラルゴ(ゆるやかに) → アレグロ(陽気に)の繰り返し。
 そのため、心地よいということになるのだ。


11−(3) 【輝】

 【輝】は「光」と「軍」の組み合わせ。
 「軍」は円陣をえがいた軍営。光の中心をまるくとりまいた「ひかり」だとか。
 なにかもう一つよくわからないが、そこから「かがやく」となったそうな。

 英語では「brilliant」(ブリリアント)。響きの良い言葉だ。
 You are always brilliant.
「あなたは、いつも輝いてるわ」
 男として、一生に一度、好きな女性から言われてみたい。そんな言葉なのだ。

 そして、話しは飛ぶが……
 アフリカの最高峰は標高五、八九五メートルの「キリマ・ンジャロ」。

 はいはいはい、「キリマン」…「ジャロ」ではないでっせ。
 「キリマ」…「ンジャロ」ですから、ご注意を。

 この「キリマ・ンジャロ」という言葉、実はスワヒリ語で、
 「キリマ」が山で、なんと、『ンジャロ』が……なんと【輝く】と言う意味らしい。

 そして、キリマ・ンジャロの麓では、
 「あんさんがサバンナを駆ける姿、いっつも『ンジャロ』やわ」……と女性は囁くらしい。
 これ、きっとホントだろう。

 そして、そのキリマ・ンジャロの麓に、二十万年前に住んでた女性が、「ミトコンドリア・イブ」さん。
 人間の細胞の中に、エネルギーを生み出す小器官がある。それがミトコンドリア。
 そのミトコンドリアのDNAは、女性だけが代々引き継いで行くものなのだ。

 したがって、その同じDNAで、母親の母親の母親のと遡って行くと、二十万前にキリマ・ンジャロの麓に住んでいた女性にぶち当たることになる。

 だから、自分の母親の、その母親の母親……が、ミトコンドリア・イブさん。
 その一人の母親から、今日の私たちがあるのだ。

 一体どんな女性だったのだろうか?
 興味があるところだ。
 しかし、わかっている。

 きっときっと【輝】いた女性。
 いやいや──、『ンジャロ』なレディ──だったのだ。


11−(4) 【酒】

 【酒】、右部は酒樽の形だとか。

 ドイツのことわざで、【酒】は「酔って狂乱、醒(さ)めて後悔」
 まったくその通りだ。
 しかし、「酒は茶の代りになるが、茶は酒の代りにならぬ」で、毎晩飲まずにはおられない。

 その挙げ句に、「酒は何も発明しない。ただ秘密をしゃべるだけである」となる。

 徒然草の二一五段、今から七五〇年ほど前の鎌倉時代のこと。
 鎌倉武将の北条宣時(のぶとき)が、時のナンバーワンの北条時頼に、夜中急に呼び出されて屋敷に出向いた。いわゆる上司に呼び出されたのだ。
 そして、上司の時頼は銚子と素焼きの杯を持って出て来て、命令する。

 この酒を ひとりたうべんが さうざうしければ、
 肴(さかな)こそなけれ、人は静まりぬらん。
 さりぬべき物やあると、いづくまでも求め給ヘ

 要は、
 一人で酒を飲むのは寂しい。それで、お前を呼び出したが、肴がない。
 みんな寝静まってしまったものだから、どこにあるのかわからない。
 だから、お前が肴を探してこい、と。

 まあ、いつの世も上司は勝手なものだ。
「酒の肴を探すために、深夜に俺を呼び出したんか!」と、きっと宣時は叫びたかったろう。

 それでも宣時は文句一つも言わず、紙燭(しそく)に火をともし、くまなく探した。
 そして、台所の棚にあった小土器(こがはらけ)に見つけたのだ。

 そこに味噌の少しつきたるを見出でて、
 これぞ求め得て候と申ししかば、事足りなんとて、心よく数献(すうこん)……。

 つまり、小皿に付いていた味噌を見つけて、それを肴にして、数献の酒飲んで、上司の北条時頼様はご機嫌さんになったという話し。

 こんな酒飲みのいじましい上司、今の世にも──おるおる──蠅のように。

 そして我が高校時代、アル中の古文の先生、これを教えながら「なんと情緒があることか」と悦に入っていたのを思い出す。

 とにかく【酒】という漢字、脳を解放させ、最後に
 『海よりもグラスの中で溺れる者が多い』……という結論になるようだ。


11−(5) 【菖】

 【菖】、この一字で「菖蒲」(しょうぶ、あやめ)を意味する。

 「蒲」は沼の水辺に生える「がま」の意で、「菖蒲」は川や池の縁に群生し、香りを放つとか。
 そして、古くは「阿夜米久散」(あやめぐさ)と言ったらしい。

 こんな「菖蒲」、端午の節供に邪気を祓うため門の上に飾り、菖蒲湯に入る。
 江戸時代に「菖蒲」と武道を重んじる意味の「尚武」と掛けたのが始まりだとか。

 そんな【菖】、
 『いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)』

 昔、源頼政がヌエ(物の怪)退治の褒美として、菖蒲前(あやめのまえ)の美女を十二人の中から選べと言われた。
 しかし、はたと困ってしまった。いずれもベッピンさんなのだ。
 そして詠んだ。

 『五月雨(さみだれ)に 沢辺(さわべ)の真薦(まこも) 水越えて いずれ菖蒲(あやめ)と 引きぞわづらふ』と。
 ここから『いずれ菖蒲か杜若』の言葉が生まれてきたそうな。

 そして五月の青もの、ちょっと並んでもらうと、確かにみんな美しい。

(1) 「菖蒲湯の菖蒲」(しょうぶ)
(2) 「あやめ」
(3) 「花菖蒲」(はなしょうぶ)
(4) 「杜若」(かきつばた)
(5) 「アイリス」

 だが、源頼政が詠んだ通り、
 この五姉妹、見た目ではどれがどれだか見極めがつかないのだ。
 ならばということで、今回詳しく調査をさせてもらった。

 まず、(1)の「菖蒲湯の菖蒲」はサトイモ科で、兄弟姉妹ではなく他人。
 葉は似ているが、「蒲」(がま)の黄色の花。あまり美しくない。要は実務派。

 (2)の「あやめ」は乾燥地で育ち、背丈は三〇〜六〇センチで、小輪。
 花びらの根元、要は口元には網目模様がある。

 (3)の「花菖蒲」(はなしょうぶ)は乾燥地と湿地の間で育ち、背丈は高く、八〇〜一〇〇センチ。
 花は大輪。
 そして花の口元には、黄色の目型模様がある。

 (4)の「杜若」(かきつばた)は湿地で育ち、背丈は五〇〜七〇センチ。
 そして中輪の花の口元には、白い目型模様がある。

 さらに、(5)の「アイリス」。
 これが多種多様で……、とにかく外人っぽい……とか?

 もうここまでくれば、やっぱり混乱の極みだ。
 え〜い、もうどうでもよいと思うが、一つ共通点がある。
 『いずれ菖蒲か杜若』
 いずれも美しいのだ。

 そんな【菖】という漢字、五月を彩ってくれる。


11−(6) 【律】

 【律】、その右部は「筆」の意味とか。
 その「筆」を立てて、建物の配置を一律に公布する意味を示すらしい。
 そこから「おきて、さだめ」の意味になったようだ。

 規則正しく繰り返される運動を「律動」という。
 それは「リズム」(rhythm)だ。

 そんな【律】、生体にもある。
 それは『バイオリズム』だ。
 身体(Physical)、感情(Sensitivity)、知性(Intellectual)の三種類のリズムで構成されている。

 誕生日を基準として、身体リズムは(P)23日、感情リズムは(S)28日、知性リズムは(I)33日の周期をもって、絶頂がやってくるとか。

 この23と28と33の最小公倍数が──21、252日。
 つまり一生の中で、バイオリズムの最絶頂は──58.2歳の時だ。

 だが、己の身を振り返ってみれば、ぱっと花が咲いた憶えがない。
 ただ転勤辞令をもらったような気がする。あれが身体/感情/知性の絶頂だったのだろうか?

 しかし、二つのリズムが出そろうことは500日に1回くらいあるようだ。
 PS、SI、PIの組み合わせがあるらしいが、それぞれ微妙に違うとか。

 だが、これも実感がない。
 こういうのを「リズム音痴」というそうな。

 とにかく【律】という漢字、「律儀」にこんなことを悩ませてくれる。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/09/04 草愛やし美

鮎風遊さん、煩悩の鐘で鳴らす108つですか、素晴らしいです。
キリマンジャロが、キリマが山で、ンジャロと切れるなんてびっくりしました。( ̄ェ ̄;) エッ?本当。って感じです。

いつも、漢字の旅を読むと、こんな私でも少し賢くなった気がします。でも、すぐに忘れてしまうので、あきませんわ。これは、毎晩飲む赤ワインのせいでしょうかねえ。苦笑

13/09/05 泡沫恋歌

鮎風さん、いつも拝読してます。

【 春 】について、詳しい説明ありがとう。

ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲『四季』は
いかにも陽気で春がきた喜びを感じる曲ですね。

13/09/10 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

小説もエッセイも ンジャロしたいものです。
よろしく。

13/09/10 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

ありがとうございます。

春は生命の息吹。
「四季」は、まさにその躍動を表現したものですね。

13/09/10 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

話がとぶところがこのエッセイの醍醐味ですね。
今生きてい約70億人の人類はアフリカのたった一人の女イブから始まった
という本、何年か前に読み、遥か昔からつながっているものに
思いをはせたのを思い出しました。

13/11/30 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

そうなんですよ。
思いつきで、話しはあちゃこちゃに。

まるで物見遊山です。

ログイン