1. トップページ
  2. 宿敵の連鎖サークル

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

宿敵の連鎖サークル

13/09/02 コンテスト(テーマ):第三十八回 時空モノガタリ文学賞【 ライバル 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:2826

時空モノガタリからの選評

最終選考

この作品を評価する

「10%の売り上げ増です。これは私の率先垂範の結果です」
 洋一の上司、高木部長はこう社長に報告した。そしてニンマリと。
「どこがだよ! 全部俺が汗水流して……、俺が頑張った結果だよ」
 洋一の不平が吹き出す。されどこんなことはいつものこと。この高木野郎、‘悪代官’の汚名通り、部下の成果は容赦なく取り上げ、自分の失敗は部下に押し付ける、とんでもない上司なのだ。
 それでもこんな悪代官に、揉み手をしながら近付くヤツがいる。それは洋一のライバル、同僚の幸司だ。
「まったく部長のお陰です。みんな喜んでます」
 これが、外回りが増えた、とぶつくさ文句を言ってた同僚の言葉か? 洋一は耳を疑った。嫌な‘茶坊主’だよ! と苦虫をかみつぶす。

 そんな場面に、今度は青と緑の爬虫類色の服を身に纏った彩子が部長の前をヌラリと。悪代官の好みはミエミエでマニアック。「今夜は木っ端どもと祝いだ。アヤちゃんも参加してくれるだろ」と強引に声を掛ける。
 これに彩子は「この茶坊主もご一緒してくれるの? いたぶって差し上げるわ」と、幸司に冷たい笑みを送る。やっぱりこの女は気色悪い──‘七色トカゲ’だ。
 そして、こんな込み入った所へ、まるで七色トカゲを踏み潰すかのように、‘イッチョカミ’の新蔵が「面白そうですね」と無理矢理噛み込んでくる。
 さらに、この展開を遠くから窺っていた後輩の孝史が……いきなり駆け足に。
「ボーナスが上がるらしいですよ!」と、いい加減なことを言いふらしている。まさに‘狼少年’を地で行くヤツだ。

 だが、それだけでは終わらなかった。
 孝史がデスクの間をすり抜けようとした時、スタッフの麻美が待ってましたとばかりに……突然立ち上がる。孝史にとってはアクシデンタリーに、麻美のヒップに手が触れてしまう。
「ア〜タ、今触ったでしょ。これ、セクハラよ」
 こんなドツボに嵌まってしまった狼少年、あーあ、また始まったかとあきらめ顔。なぜなら、麻美は自らマッチで火を付けて、後は自分の都合良く、ポンプで火を消す、いわゆる──‘マッチポンプ女’なのだ。
「孝史君、セクハラ委員会に訴えるからね。わかってんの」
 麻美の責めが止まらない。狼少年はオロオロするだけ。そこへ間髪入れず横槍が。
「まあまあまあ、お二人さん、ここは穏便に。そうだなあ、このセクハラ疑惑を解決するために、三人でランチしよう。もちろん孝史のおごり、でだよな」
 マッチポンプ女のカツあげに割り込んできたのは、いつもカラッケツな……、そのためタカリで揉め事を解決しようとする係長の‘銭なし平次’だ。
 これに息を合わせて、麻美が「高級ランチで、シャシャンのシャンよ」と手をたたく。明らかに麻美と平次、グルッてやがるの。
 そして、この一部始終を見ていた悪代官が雷を落とす。「組織を乱すな!」と。

 悪代官から発せられた……この‘らしくない’言葉に、洋一は腰が抜けそうに。
 されど、確かに企業の栄枯盛衰は人であり、組織だ。しかし、この営業部は少し違うようだ。
 構成員は──悪代官に茶坊主、そして七色トカゲにイッチョカミ、さらに狼少年にマッチポンプ女、とどめは銭なし平次だ。
 なんだよ、こいつら! と叫びたくなる……ヒデェー連中だ。
 されども信じ難いことだが、日常業務は案外スムーズにこなされ、結果的に売り上げも伸びている。
 なぜ? 洋一は不思議で首を傾げるが、正直よくわからない。そんな時に、部長から声が掛かる。
「おい、‘俺が俺がの自己中男’、今夜の祝賀会、参加するんだろうな?」
 洋一はこんな呼びかけに、俺が俺がの自己中男って、俺もヒデェー連中の一員かよ、とムカッとくる。
 ならば居直って、「今夜は私に任せてください。イタリアンでいきましょう」と、部長のご贔屓の居酒屋を無視した。これに悪代官は「洋一は、俺の小ざかしい宿敵だよ」と吐露してしまった。
 その瞬間だった、洋一がこの営業部の構造にハタと気付くのは。
 天からそれぞれにライバルがあてがわれ、そこでは宿敵の連鎖サークルが成り立っているのだと。

 悪代官 ←→ 俺が俺がの自己中男 ←→ 茶坊主 ←→ 七色トカゲ
 ↑↓                         ↓↑
 マッチポンプ女と銭なし平次    ←→ 狼少年 ←→ イッチョカミ

 微妙なバランスで保たれた宿敵の連鎖サークル、これは悪魔のお遊びか? しかれども、結果は売り上げ増を生み出している。「なるほどなあ」と洋一は一人頷いた。
 何がなるほどなのか分からないが、その後、洋一は悪代官をギュッと睨み付け、「いつかきっと、この宿敵の連鎖サークルをぶっ壊してやる」と決意し、業務に戻って行くのだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/09/02 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

面白い発想ですね!
みんなクセモノ揃いで、それでいてバランスが取れてる。
「宿敵の連鎖サークル」これは良い仕組みかも知れない。

仲良し倶楽部ではなく、切磋琢磨でいこう!
創作者には大事なことですね。
肝に銘じて置きましょう!!

13/09/03 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメント、ありがとうございます。

連鎖もの、他にいろいろ考えてみますと、やみつきになりますよ。
不幸の連鎖も、作品で持ってます。

それと、「宿敵の連鎖サークル」って、
現実にあれば、案外パワーかも知れませんね。

よろしく。

13/09/04 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。

実社会ってこういう連鎖になっているのでしょうか。会社は油断できない場所ということでしょう。
しかし、この配役、笑ってしまいました。必殺シリーズを彷彿させる悪代官、「お前も悪よのぉ」ってとこですよね。七色トカゲの配役が私的にうけました。笑

13/09/06 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

なんて絶妙なネーミングでしょう。
なんだかにぎやかで、はたからみたら楽しい会社に感じました♪

13/10/13 鮎風 遊

草藍さん

コメント、ありがとうございます。

会社ってね、案外こんなチームワークで動いてるんですよね。
七色トカゲ、確かにいます。

13/10/13 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメント、ありがとうございます。

会社、そうですね、ドロドロとにぎやかで。
こんなヤツばっかりですわ。

ログイン