1. トップページ
  2. 沙里と里沙

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

5

沙里と里沙

13/08/30 コンテスト(テーマ):第三十八回 時空モノガタリ文学賞【 ライバル 】 コメント:9件 鮎風 遊 閲覧数:3007

この作品を評価する

 ステージの下手からトゥで立ち歩き、クロワゼでポーズ。左足プリエで右足前に上げ、つきさし、右足パッセしながら
……手をたたく。
 こんな動きからライモンダの第3幕ヴァリエーションは始まる。

 そしてバレリーナは無表情、いやむしろ毅然と澄ました顔。
 なぜなら──、ライモンダの婚約者・ジャンは戦地へ。その間に、異国の王子から熱烈にプロポーズをされる。帰還したジャンは決闘を挑み、王子は敗れ死ぬ。この後二人は国王の面前で結婚式を挙げる。
 だが貴族の娘だったライモンダ、王子が死に、心の内には複雑な思いがある。それを吹っ切るかのようにまず手をたたき、気高く舞い始める。

 パシッ!
 緩やかに流れ始めたグラズノフのピアノ曲。それを打ち破るかのように手の平から冷たい響き。
 しかし、沙里はそれを強調し過ぎることもなく、手を高く上げ、淀みなく舞う。
 そうであっても沙里、きっと満足できないのだろう、汗を噴き出させ何度も何度も繰り返す。
 三日後に控えた発表会、晴れの舞台で美々しく踊るため、このクラシックバレエ教室で練習を積み上げてきた。

 そして──僕は知っていた。
 ライモンダの第3幕ヴァリエーションという演目が、まだあどけなさが残る十二歳の少女にとって、いかに難しいか。それは踊りのテクニックだけではない。立ち姿の美しさや動きのしなやかさ、さらに内面から醸し出されてくる表情、すべてのものが妙妙たるものでなければならない。
 確かに年端もいかない乙女子には荷が重い。されどもこれはプリマへの登竜門、沙里はきっと頑張ってくれるだろう。僕はそう信じ、沙里の舞いを目で追い、エールを送る。

 思い起こせば七年前、僕はこの教室の先生に拾われた。そして、ここで居候することに。
 それとほぼ同時に、五歳の沙里がバレエを習い始めた。
 幼い沙里のバレエ、ウサギのようにぴょんぴょんと跳ねるだけだった。その上、泣き虫。先生からちょっときつい指導を受けると、ワァーと派手に泣く子だった。
 多分口惜しかったのだろう、すぐに僕の所へ駆け寄ってきて、無造作に首をつまみ上げ、小さい胸に息が詰まるほど僕を抱き締めた。
 それでも、やっぱりバレエが好きだったのだろう、友達に負けまいと一所懸命練習に励んだ。
 その甲斐あってか、沙里が十歳の頃のある日、僕は見た。沙里の踊りが明らかに進化を遂げたのを。
 それにしても不思議だった。突然高いハードルを超えたような上達で目を疑った。だが最終的に、そういうことだったのかと僕は納得した。
 というのも、この教室の壁に一枚の大きな鏡がある。沙里が頻繁に、鏡に映る自分の舞い姿を確認し出した。気が付けば、いつも鏡の前に立っていた。そして何度も何度もそれぞれのポジションでのポーズをチェックし始めていた。
 それからのことだ、沙里の舞いが……、たとえば腕を上げて丸くするアン・オーや片脚で立つアラベスクなど、一つ一つの要素が一段と美しくなっていった。
 そして僕は耳にした。鏡に話しかける沙里の声を。
「里沙! 私、あなたよりもっと上手く踊りたいわ」と。
 僕はその時、良かった、やっと気付いてくれたかとホッとした。なぜなら、とっくに僕は感じてた。少し暗い大きな鏡、そこに映る自分は……微妙に自分自身とは違うと。
 もちろんミラーだから左右は異なる。しかし、どことなく他人のような……、いや、もう一人の自分がそこにいるような気がしていた。
 きっと沙里も幼い頃からここへ通い、それを看破したのだろう。
 だから沙里は鏡の中の自分を……自分とは異なる名前‘里沙’と呼んだのだ。
 それからのことだった。沙里の静も動も飛躍的に華麗さを増した。こうして十二歳の少女が第3幕ヴァリエーションに挑戦できるまでの上達を果たしたのだ。

 パシッ!
 沙里がまた踊り始めた。アダジオから後半のアレグロへと展開していく三分間のクラシックバレエ。沙里はつま先から指先まで全神経を集め、表情は気位高く、されど風雅に舞った。
 先生の椅子に陣取らさせてもらってる僕は……とにかく沙里に見惚れた。一方鏡の中にいる里沙、この少女も優劣つけがたく威厳があり、美しかった。
 これはきっと──沙里と里沙、この二人の少女がライバルとして認め合い、されど負けじと切磋琢磨してきた結果だろう。このままいけば三日後の発表会、沙里は端麗に舞ってくれること間違いなしだ。

 まことに素晴らしい!
 こんな気持ちの高ぶりが僕の胸に突き上げる。
 それからのことだ、まるでそれとシンクロするかのように、鏡の中にいる僕、いや、ライバルの……
 黒猫野郎から吉兆の雄叫びが上がったのだった。

 ── ニャァ〜オー! ──


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/08/30 鮎風 遊

みな様へ

「沙里と里沙」、この物語に画像と音楽を付けてみました。
約8.5分ですが、もしよろしければ、こちらもお楽しみください。

http://www.youtube.com/watch?v=IOBb_vhJClE


また、このフォト音(on)小説で「颯太の夏休み」もあります。
こちらもご参考に、どうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=cCPuIThRoB8

13/09/02 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

Youtubeの方も観て参りました。

この作品はなかなかの意欲作ですね。
バレリーナのお話なんて、詳しくないと書けないもの。

素晴らしい物語でした。
鮎風さんの飽くなき努力に感服しました。

13/09/03 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

コメント、ありがとうございます。
youtubeの方も観ていただき、光栄です。

作品「颯太の夏休み」と、この「沙里と里沙」は、私に新しい世界を与えてくれました。

頑張ってみます。

13/09/03 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

ライバルというテーマから真っ先にイメージしたのは、バレリーナの世界でした。(山岸涼子さんの漫画アラベスクのような)でもいまだかけずにいます。
絵が浮かぶような、素敵な物語でした♪

13/09/04 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。

男性ながら、バレイの世界に挑戦されるって凄いなって思いました。私には縁がない世界。名称だけでも、知らないことばかりでした。
鏡に映ったライバル、素敵な発想ですね。youtubeの映像も大変素晴らしく、バレエ知らない私には夢のような画像でした。

13/09/05 クナリ

ユーチューブのほうも拝見しました。
文字を追ってストーリーを楽しむのとは、違うアプローチでの
エンタテインメントですね。

13/11/23 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

バレリーナの世界、ここには激しい競争があるのだろうと思います。

私ごとですが、
この作品が、私の中では、本年で一番好きな作品です。

13/11/23 鮎風 遊

草藍さん

コメント、ありがとうございます。

男子がバレエの物語を書く。
挑戦してみました。

youtubeの映像、観て頂き、ありがとうございます。
こちらも渾身の作です。

13/11/23 鮎風 遊

クナリさん

ユーチューブ、観て頂き、まことにありがとうございます。

画像と楽曲が付くと、まったく違った味となります。
しかし、表現したい思いは、ユーチューブの方です。

ありがとうございました。

ログイン