1. トップページ
  2. 漢字一文字の旅 連載10

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

2

漢字一文字の旅 連載10

13/08/21 コンテスト(テーマ):第十五回 【 自由投稿スペース 】 コメント:4件 鮎風 遊 閲覧数:1577

この作品を評価する


 旅はなにも距離を彷徨(さまよ)うものではない。
 脳の中でも歩ける。

 旅は道連れ、世は情け。 
 皆さまからの熱い情けを受けて、御一緒に、果てることがない旅が続けられたら嬉しいです。 

 この〈自由投稿スペース〉で、お付き合いのほどをよろしくお願いします。


連載10  口 笛 城 生 杏 終


10−(1) 【口】

 【口】は象形文字。明らかに「くち」の形だ。
 そして、その中に入れるものは食べ物だけではない。漢字もいろいろと入る。
 囚、因、回、団、困、囲、図、固、国などがある。

 人を捕まえて、【口】の囲いに入れて「囚人」となる。
 「国」は元の字は「國」。城壁の形の【口】、それを戈(ほこ)で守る「或」が入り、「國」となったそうな。

 「おとり」は、鳥を捕らえる時、誘い寄せるために使う同類の鳥のこと。招き鳥(おきとり)が音変化したものだが、漢字では、囲いの【口】の中に入れて「化」かすから、「囮」……だって。まさに絶妙だ。
 また「回」は、【口】の中に【口】がある。大変なことだと思うが、淵で水がぐるぐるまわる形だとか。

 だが、この字にはかなわないだろう。
 「幸」を【口】の中に入れた「圉」いう字がある。
 (ひとや)と読み、「幸」を一人囲い込み、幸せ一杯かと思いきや、意味はなんと……罪人を閉じ込める「牢屋」のこと。
 史上最強に皮肉な漢字なのだ。

 とにかく【口】は鼻の下にある【口】だが、他に城壁になったり、囲いになったり、水の渦までにもなって、そして牢屋にもなる。
 その【口】の中にいろいろな漢字を入れて、洒落まで持たす『大口』なのだ。


10−(2) 【笛】

 【笛】、「由」の上に「竹」冠。
 この「由」は瓢箪の実が熟し、中が空っぽになった状態だとか。それに「竹」が乗り、【笛】となる。

 トルコの山奥に、「Kuskoy」と言う村がある。
 そこの人たちは「口笛族」と呼ばれている。なぜなら、すべての会話を鳥のように口笛をふいて行う。
 たとえ二百メートル離れていても、ピーピーピーと。かなり難しい話しも、これでこなしてしまうらしい。
 例えば、穀物相場が今日上がったとか下がったとか。あるいは「愛してます」を、ピーピピピーと。
 しかし、こんな伝統言語、最近ケイタイ電話が普及して危機に瀕しているらしい。

 それにしても、こんな話し……ホント?
 眉唾ものだと思っていたが、「You Tube」にあった。

 時間ある御仁は、御参考に。
 http://www.youtube.com/watch?vbQf38Ybo1IY

 とにかく【笛】、「たて笛」、「よこ笛」、「ゆび笛」、そして「口笛」などがある。
 そしてピーヒャララとふかれるものは、メロディーから言葉まで。いろいろあるものだ。


10−(3) 【城】

 【城】、右部の「成」は戈(ほこ)に飾り付け、お祓(はら)いすることだとか。
 したがって、【城】とは清められた場所ということだそうだ。
 そんな【城】、歴史の中で様々なドラマを生んできた。その一つが琵琶湖の湖北の山城、小谷(おだに)城だ。

 時は約四四〇年前の一五七三年、城主の浅井(あざい)長政と織田信長の妹のお市の方、この二人は政略結婚ではあったが、仲睦まじく暮らしていた。
 しかし、同朋の越前の朝倉義景が織田信長と対立した。これにより織田家/浅井家の友好関係は破断してしまう。
 豊臣秀吉は織田信長の命を受け、三万の兵をもって攻めた。
 こうして小谷城は落城した。

 それは浅井長政二九歳、お市の方二六歳の時のことだった。
 そして浅井長政は無念の自害。しかし、お市の方は生き延びることを選択する。

 燃え盛る炎の中から、茶々、初、江の幼い浅井三姉妹を連れて【城】から下りてきた。
 しかし、長男の万福丸は殺害され、次男の万寿丸は出家させられる。
 それから九年の歳月が流れた。一五八二年六月に本能寺の変が起こった。この明智光秀の謀反で、織田信長は没す。  
 その三ヶ月後、お市の方は三姉妹を連れて柴田勝家と再婚する。

 しかし、穏やかな日々はそう長くは続かなかった。翌年の四月二三日、秀吉が越前の北の庄城(福井)を攻める。 
 お市の方は前回小谷城で浅井長政を残し、生き延びた。多分、なにか心に去来するものがあったのだろう。今回は死を選んだ。

 夫の柴田勝家と共に城に火を放ち、炎の中で自刃する。
 しかし、この時……茶々は十六歳、初は十四歳、江は十二歳。浅井三姉妹は【城】から出てきた。

 【城】、それは住む者たちの生と死を分けていく。
 そして、そこからまた【城】は新たなドラマを生みだしていくことになるのだ。


10−(4) 【生】

 【生】、草が生え育つ形だとか。

 一五八三年、柴田勝家とお市の方は城に火を放ち、炎とともに自刃した。
 その時の勝家の辞世の句は
『夏の夜の 夢路はかなき あとの名を 雲井にあげよ 山ほととぎす』

 意味は、夏の夢のように短く、はかない人生だった。私の名が後世まで語り継がれるように、山ほととぎす、雲の上まで飛んでくれ。

 一方、お市の方は詠んだ。
『さらぬだに 打ちぬる程も 夏の夜の 別れを誘ふ ほととぎすかな』

 ほととぎすは冬から春に飛んで来る鳥。黄泉(よみ)の国から来ると思われていた。
 ほととぎすを掛け合った夫婦の辞世の句、そこには【生】の儚さがある。
 しかし、城から逃れ出てきた茶々(十六歳)、初(十四歳)、江(十二歳)。そこから浅井三姉妹は波瀾万丈に【生】きる。

 お市の方の面影が一番残る茶々は秀吉の側室に。後に絶大な権力を振るうが、大坂夏の陣で、大坂城は落城。淀殿(茶々)は四七歳、息子の秀頼とともに自刃する。

 初(十八歳)は近江の名門、京極家の高次に嫁ぐ。そして四十歳の時、夫は亡くなり、出家する。その後、豊臣家と徳川家が対立し、豊臣方の使者として仲裁に奔走する。しかし、結果は大坂夏の陣で豊臣家は滅亡。
 その後、京極家の江戸屋敷で過ごし、妹の江によく会っていた。姉妹の中で最も長寿の六四歳で没す。

 江(二三歳)は、徳川家康の嫡男・秀忠と三度目の婚姻をはたす。その後、千姫、家光を含む二男五女をもうける。家光が三代将軍になった三年後、五四歳で没す。

 【生】は、草が生え育つ形。
 茶々、初、江の浅井三姉妹、まさにその通りに育ち、そして戦国の世で、母の分まで【生】を全うしたのだ。


10−(5) 【杏】

 【杏】、木の枝に実をつけている象形文字だとか。訓読みで(あんず)、音読みで(キョウ)。

 さてさて、ここで問題が。
 春の四姉妹、すなわちバラ科の梅・桃・桜・杏。これらを見分けることができるだろうか?

 梅は──
 幹が黒くてゴツゴツ、葉は卵形で、花びらは円く、花は枝の根元で多く咲き、咲き終わってから葉が出てくる。

 桜は──
 幹に横縞があり、葉はギザギザ、花びらはM字型で、花は枝の先っぽに多く咲き、葉が出てくる時期はいろいろ。

 確かに梅と桜は一目で判別できる。ならば、それらに桃と杏が加われば……?

 桃は──
 幹に少々横縞ありで、葉は長い楕円形、花びらは先尖りで、花は木にまんべんなく咲き、葉は花と同時に出てくる。

 杏は──
 幹は赤みある褐色、葉は広めの楕円形、花びらは円く、花は木にまんべんなく咲き、咲き終わってから葉が出てくる。

 そんなややこしい春の四姉妹。
 その中でも【杏】、西洋ではアプリコットと呼ばれ、淡紅色もしくは白色の美しい花が咲き、その果実は薬効がある。
 杏仁(あんにん)で咳止めに効く。

 そして、【杏】には友達がいる。
 それは銀の【杏】、「銀杏ぎんなん」だ。秋に採り、冬に食べる実だ。
 ビタミンB、C、βーカロテンなどがあり、栄養価が高い。このβーカロテンが活性酸素の働きを抑えてくれるらしい。そのため老化防止、そして肌荒れやニキビにも効果あるようだ。

 だが、メチルビリドキシンという毒素があり、痙攣を起こしたりもする。
 少し危険だ。
 大人は十粒までで、子供は三粒までらしい。

 春の四姉妹、梅・桃・桜・杏でこんがらがって、焼酎ロックで脳洗浄。
 その充てにと、炒(い)った銀杏……確実に十粒は越える。
 その挙げ句……オッサンが銀杏で中毒死。
 遠因は梅・桃・桜・杏。

 こんなのを……春の悪夢というのかな。


10−(6) 【終】

 【終】は、糸の末端を意味する「糸」偏に「冬」。
 その「冬」は四季の「ふゆ」の意味だが、元々は編み糸の末端を結びとめた形だとか。

 いずれにしても、末端末端で、【終】は必然的に「おわり」の意味になったのであろう。
 そんな【終】の熟語で、難解な読みがある。それは「終日」と「終夜」だ。

 「終日」は(しゅうじつ)でもあるが、(ひねもす)と読む。

 『春の海 終日ひねもすのたり のたりかな』
 与謝野蕪村の俳句の──ひねもす──だ。

 「終夜」は(しゅうや)だが、(よすが)と読む。
 『冬は落葉深く積みて 風吹く終夜(よすが) 物の囁く音す』
 国木田独歩の「武蔵野」の一節だ。

 【終】は、そんな情緒ある言葉を作る。そして、そんな中でも、最も旅愁を誘う言葉が『終着駅』だ。

 女優・ジェニファー・ジョーンズと男優・モンゴメリー・クリフトがローマのテルミニ駅を舞台に、ラブストリーを演じた。

 米国人の人妻メァリーはローマで一人の青年のジョヴァンニと恋に落ちる。
 しかし、数日が過ぎ、帰国しなければならない。
 いろいろな騒動が起こった。
 しかし、メァリーは列車に乗って去って行く。
 悲劇を知らずに。そして、メァリーの新しいドラマへと。

 この映画の原題は「Stazione Termini」、それを日本語に訳せば「終点」。
 しかし、この映画の内容からして、『終着駅』という言葉が生み出され、邦題として命名された。

 旅の終わりに辿り着く駅、確かにそれは『終着駅』。
 しかし考えてみれば、それは決して終わりではないように思う。そこからまた新しいドラマが始まる『始発駅』なのかも知れない。

 本エッセイの漢字一文字の旅、ここまでで煩悩の数百八つの漢字を訪ねる旅を完了しました。
 だが、この【終】は……さらに新たな旅への『始発駅』と考えています。

 旅は道連れ、世は情け。
 まずはここまでご一緒に旅をしていただき、皆さまの熱い情けに感謝申し上げます。

 連載11から、まだまだ旅は続きますので、御一緒に。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/09/02 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

継続は力なり!
漢字一文字の旅は脈々と続いて行きますね。

13/09/03 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

ありがとうございます。

旅は晴れの日だけではなく、雨の日、風の日もあります。
いや、そればっかりかな。

だけど、山の向こうに何があるのかな? と、この旅を続けていきます。

よろしく。

13/10/01 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。

漢字一文字も連載十回ですね、継続されていることに頭が下がります。

生は草の生える様、私がPNに「草」という文字を入れたかったのは、そういうところを自然に感じ取ったのかもと自画自賛しながら読んじゃいました。単純脳細胞の私です。

某放送局の朝ドラ、「杏」さんが今度は主演しますね。そういえばついこの前人気を博したのは「梅」ちゃんでしたね。この四姉妹は連ドラ常連さんなのかもしれないなあと思いました。やっぱり、単純脳細胞の私です。

「終」なのに今後も連載が続くのは、素晴らしい。これぞまさしく「秀」ですね、なんてダジャレでコメント終えます。よろしゅうに。

13/11/30 鮎風 遊

草藍さん

コメントありがとうございます。

そういえば名前は「草」が付いてますね。
いい名前ですね。

ログイン