1. トップページ
  2. 夜の橋。

ふくろう みやさん

色々と活動しています。

性別 男性
将来の夢 とくになし。
座右の銘 とくになし。

投稿済みの作品

0

夜の橋。

13/07/19 コンテスト(テーマ): 第十二回 【 自由投稿スペース 】  コメント:0件 ふくろう みや 閲覧数:1021

この作品を評価する

目を開けると、そこは橋の上だった。
見たこともない景色だ。ここはどこなのだろう。

見上げると、見たこともないような満天の星空が広がっていた。
きらきらと瞬く星空の下、私は一人、立っている。

そこは、海の上を渡す、白い石で出来た大きな橋の上。
聴こえるのは波の音だけ。
それ以外は何一つ聴こえなかった。
夜の海独特の潮の匂いが体を包んでいた。

周りを見渡す。
橋は地平線の彼方からこちらへ伸びていて
また地平線の彼方へ伸びていた。
終わりがまるで見えない。

そもそも私はどちらから来たのだろう。
そもそも私はどうしてここにいるのだろう。

欄干へ近づくくと
橋の下から聴こえる波の音が一層大きくなった。

ざーっ。ざーっ。

恐る恐る下を覗きこむ。
目を凝らすと、橋にぶつかり飛沫を上げる波がかろうじて見えた。

暗い世界に、波の轟音。
まるで言葉で責められているかのような圧迫感がある。

それでも、明かりなどどこにもないのに
橋の形や波の動きがはっきりと見えるのは
満天の星空と月の光が橋の白をうつして
優しく私を照らしてくれているからだろう。


海面はその光を反射して、きらきらと光っている。
それがまるで星のように見えるので
地平線の近くを見ると星空と海の境界線がまるでわからなかった。

まるで上も下も星空で
その宇宙の真ん中に橋が架かっているかのような
不思議な感覚だ。


きっと、ここは私の夢の中なのだろう。
私はこんな素敵な場所は知らないし
こんな綺麗な星空も見たことはない。

きっと、こんな場所があったらいいなという
私の理想なのだ。

きっと、こんな星空が見てみたいなという
私の理想なのだ。

夢から覚めたら消えてしまうのだろう。
でも今は、私のもの。

この潮の匂いも、肌に感じる海の風も
この、海面と星空で作り上げられた宇宙も
今は私の独り占め。

私は橋の中心に立ち、ばっっと両手を広げる。
いつかこんな世界を
現実の自分の目で見たいと強く思った。

きっと世界には、この夢の世界よりも
素敵な世界が山ほどあるのだろうから。

めいっぱい背伸びして、体を伸ばしても
どうやら星空には届きそうにない。

そう
世界は私が両手を広げるよりも
ずっとずっと
広いのだ。


ここは夜の橋。
夢の中の、私の橋。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン