1. トップページ
  2. どんな謎でもイチコロさ

ウはうどんのウさん

ナンセンス掌編を目指しています。ときに眉唾物でもありましょうがどうぞよろしくお願いします。

性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

1

どんな謎でもイチコロさ

13/07/15 コンテスト(テーマ):第三十四回 時空モノガタリ文学賞【 探偵 】 コメント:1件 ウはうどんのウ 閲覧数:1269

この作品を評価する

 ぼくは名探偵!
 どんな謎でもイチコロさ。
 あ、向こうで少女が泣いている。
 どうしたんだい。おじょうさん。
 風船が木にひっかかっちゃったの。
 なーんだ。謎じゃないじゃないか。
 ぼくは名探偵!
 どんな謎でもイチコロさ。
 けれどもぼくは、名探偵。
 風船は謎じゃないから、取らないよ。

 あっ、向こうで男の子が泣いてるよ。
 どうしたんだい。ぼうや。
 転んですりむいちゃったんだ。
 えっ、誰のせいで転んだんだい?
 ちがうよ。石ころにつまづいたんだ。
 なーんだ。謎じゃないじゃないか。
 ぼくは名探偵!
 どんな謎でもイチコロさ。
 けれどもぼくは、名探偵。
 ぼうやの血とは、関係ないよ。

 あっ、向こうでおばあさんが困ってる。
 どうしたんですか。おばあさん。
 荷物が重くてねぇ。
 なーんだ。
 なーんだ。
 なーんだ。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/07/20 ウはうどんのウ

凪沙薫さま

「可愛い」と受け取ってくださって、驚きました。色んな書き方があるのなら、色んな読み方もあるのですね。こちらこそ勉強になりました。
>”う”はうちゅうのうです!!
ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー!
 うどんです(頑固)。
 ではでは。ご感想ありがとうございました〜

ログイン