1. トップページ
  2. チャラ男とツン子

泡沫恋歌さん

泡沫恋歌(うたかた れんか)と申します。

性別 女性
将来の夢 いろいろ有りますが、声優ソムリエになりたいかも。
座右の銘 楽しんで創作をすること。

投稿済みの作品

7

チャラ男とツン子

13/07/07 コンテスト(テーマ):第三十五回 時空モノガタリ文学賞【 無慈悲な人 】 コメント:14件 泡沫恋歌 閲覧数:4887

この作品を評価する

「バカ野郎! もう来るなっ!」
 そう叫んで、立ち去る男の背中に向けてテッシュの箱を投げつけた。だが間一髪、玄関のドアに阻まれて当たらなかった。
「ちくしょう!」
 ドアの向こうから笑いながら立ち去る男の靴音が聴こえる。
《あんな無慈悲な男とは絶対に別れてやる!》
 病人の私を見捨てて出て行った、男への怒りが収まらない。

 ここ数日、風邪を引いてアパートで臥せっていた。微熱が続いて食欲もない。病気になると人は心細い、頼りない男でも頼りにしてしまう。
「風邪を引いたのでお見舞いに来てよ」
 男にメールを送ったら来てくれた。
「これはお見舞いや」
 コンビニの袋に入ったプリンとポカリとハーゲンダッツのアイスを得意そうに見せた。だが、一番高いアイスは自分用らしく美味しそうに食べてしまった。それでも見舞いに来てくれただけでも有難いと男の愛を感じていたのだ。
 ふたりで取り留めのない話をしていたら、いきなり男のスマホが鳴った。二言三言相手と会話して、スッと男が立ち上がると、私のハンドバックから現金を抜いて、
「ちょっと金欠やねん、これ一枚貸してや」
 樋口一葉をヒラヒラさせながらいう。
 てっきり看病に来てくれたものと思い込んでいた私は、なぜお金がいるのかと訊ねると、
「スマン! これから俺デートやねん」
 と言って、男がへらへら笑った。
「なぬう?」
 私の財布から抜いたお金で今から女とデートだとぉ?  
「見舞いのプリン食べや」
 プリンのフタを剥がして渡した、これでご機嫌取りのつもりか? こんな安い物で誤魔化されるもんかっ!
「じゃあ、また来るでー」
 そわそわと男が帰る支度を始めた。
「こんなもん、いらん!」
 プリンを投げつけたがかわされた。あははっ……と、男は動じる風もなく笑っていた。さらに玄関に向かう男の背中にテッシュを投げつけたが命中せず……だった。

 浮気を隠そうとしない男ほど、女にとって『無慈悲な人』はいない。
 男と知り合ったのはバイト先のカラオケ店だった。私より半年後に入ったが、覚えも悪くやる気もない。一応大学生と聞いていたが、学校に行ってる様子もなく、関西弁でよく喋るので若い女の客、特にJKには人気があった。金パツのイケメンでチャラチャラして、とりあえず女のメルアドを聞く――。そんな奴だと分かっていたのに……なぜか付き合うようになった。
 私は無愛想でみんなからツン子と呼ばれて避けられていたが、あの男だけが私に親しくしてくれたので、つい心を許してしまった――。
 あ〜あ、私もバカだ。チッと舌打ちをした後で悔し涙が零れた。

 ふと見ると、男が座っていたベッドの脇に何かが落ちている。それは男のスマホだった。そういえば、さっき、鳴っていたが、あれはデートの相手からだったのかも……。
 ベッドから手を伸ばしてスマホの着信履歴を調べた。
「萌香」女の名前があった。
 ――これが相手の女だな。証拠はないが女の勘でそう決めた。

 男のスマホからリダイヤルしたら、甲高い女の声が出た。
「あ、もしもしチャラ男君?」
 女は親しげにチャラ男君と呼んだ。
「…………」
「なぁに〜?」
「チャラ男のカノジョのツン子よ。あのさぁー、あたしのベッドにスマホ忘れていったってチャラ男に伝言してねぇ。よ・ろ・し・くー」
「なによ、ソレ? 超ムカつく! 激おこぷんぷん丸!!」
 いきなり相手の女が意味不明の言葉で激昂した。チャラ男の好きなJKみたいだ。フフンと笑って一方的に切ってやった。スマホの電源もOFFにした。
「ざまぁみろ!」
 今頃、相手の女がどんな顔をしているか、想像しただけで笑える。私は結構、底意地の悪い女のようだ――。

 一時間もしない内に男が戻ってきた。
 ドアを細めに開けて、中の様子を窺ってからこっそり入ってきた。私のベッドの脇に座って、財布からお札を一枚取り出すと、
「これ、使わへんかったから返すわ」
 寝ている私の目の前で樋口一葉をヒラヒラさせた。
 どうやら、デートはお流れになったようだ……うふふ、いい気味だわ!
「やっぱし、おまえみたいなツン子の方がええわ」
 なぜか、男は横を向いて横顔しかこちらに見せない。
 どこか不自然だ! 私は起き上がり男の顔をグイッと両手でこっちに回したら……。
 なんとっ! チャラ男の左の頬には引っ掻かれた傷がキッチリ三本ついていた。人差し指・中指・薬指の爪跡が……。
 プッと噴きだした。あっはっはっはっ……自分はお腹を抱えて大笑いだ。
「無慈悲なやっちゃ……」
 世にも情けない男の声が聴こえた。――それでも私の爆笑は止まらない。お陰で数日続いた微熱もふっ飛んだ。笑いが風邪のウィルスに打ち勝った瞬間がここにある。

『無慈悲な男に、無慈悲な罠を掛けて、無慈悲な制裁が下ったようだ』
 


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/07/07 泡沫恋歌

写真は[THE カツラ チャラ男]からお借りしました。http://www.pdshomes.com/the-%e3%82%ab%e3%83%84%e3%83%a9-%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%a9%e7%94%b7/

JK ― 女子高校生

激おこぷんぷん丸 ― 怒りを表すギャル語。
Twitterやニコニコ動画などでよく見られるもので、結構怒っているという状態を表すものである。

13/07/07 鮎風 遊

無慈悲って案外蜜の味がするのですね。
わかりました。

こんな男がひょんなひょうしで、大金持ちに……、
それはないか。
二人はどうなるんでしょうね。

面白かったです。

13/07/07 笹峰霧子

楽しく読ませていただきました。
最後のオチがよかった。
すっとしました。(笑

13/07/08 そらの珊瑚

恋歌さん、拝読しました。

笑いは免疫力をあげるって実証しましたね! 
軽快なタッチで描かれていて、楽しかったです。それにしても、わざわざお金を返しにくるなんて、変なところで律儀な男ですね。

13/07/08 こぐまじゅんこ

泡沫恋歌さま。

拝読しました。

激おこぷんぷん丸。

いまどきですねぇ。ことばは、いろいろ進化しますね。

13/07/08 草愛やし美

泡沫恋歌さん、拝読しました。

いるのよねぇ、こういう無慈悲な男、でも、憎めない。惚れた弱みもあるけれど、やはり、甘え方が上手なのでしょうね。まあ、悪いことはできないってことですよ。「男はん、女性は怖いのよ、よっく知っておきなさい」とお伝えください、よろしく。面白かったです、ありがとうございました。

13/07/09 ハズキ

気分爽快の結末ですね。

金かえしに来るなんて、けっこうかわいいとこあるね。面白かったです。
ギャル語、ありがとう。
激おこぷんぷん丸  これ気に入った!

13/07/10 泡沫恋歌

鮎風さん、コメントありがとうございます。

こういうチャラ男が案外、世の中を上手く渡って行って
出世するかも知れませんね。

結構、打たれ強いのでチャンスも広がりそうだし(笑)

13/07/10 泡沫恋歌

笹峰霧子さま、コメントありがとうございます。

こういう軽い男はどうしようもないけど、
なぜか憎めない存在でもありますね。

13/07/10 泡沫恋歌

珊瑚さん、コメントありがとうございます。

チャラ男を描くのに軽い感じで書いて見ました。

わざわざ、お金を返しに来る当たりは、このチャラ男も
さほど悪人ではないようです(笑)

13/07/10 泡沫恋歌

こぐまじゅんこさま、コメントありがとうございます。

激おこぷんぷん丸って最近のはやり言葉みたいで、Twitterでも
使ってるのを何度か見かけたことがあります。

激おこぷんぷん丸 ٩(๑`^´๑)۶ ← こういう顔文字とセットで使われていますよ。

13/07/10 泡沫恋歌

草藍さん、コメントありがとうございます。

どこか憎めないチャラ男は案外、女性には人気があるかも
知れませんよ。

まあ、可愛いタイプの男なんだと思う。
チャラ男って、得な性分なんでしょうか?(笑)

13/07/10 泡沫恋歌

ハズキさま、コメントありがとうございます。

私は2ちゃん言葉や鬼女板用語、ギャル語とかも調べています。
キャラを使い分けるのにそういう知識も必要かと思ってね。

どうしても作家の年齢が表現や言葉使いが作品にでてしまい
古臭くならないように注意しています。

13/07/30 泡沫恋歌

凪沙薫さま、コメントありがとうございます。

チャラ男とツン子って意外と相性が良いかもです。
全くタイプが違うので、案外、相手の欠点だって赦せそうです。

このバカップルに幸多かれ♪

二人に幸せあげるッ*+。:.゚(*μ_μ)/~⌒圉*゚.:。+゚+

ログイン