1. トップページ
  2. 僕は探偵、塩眞三朗 (しおまさぶろう)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

僕は探偵、塩眞三朗 (しおまさぶろう)

13/06/23 コンテスト(テーマ):第三十四回 時空モノガタリ文学賞【 探偵 】 コメント:8件 鮎風 遊 閲覧数:2825

この作品を評価する


 街路樹の柔らかな木漏れ日、その中をしばらく歩くと探偵社があります。そう、僕は塩眞三朗と申します。
 この自然豊かな町で生まれ育ち、一応一端の探偵になることができました。その恩返しにと、町の人たちの難題を解決するため探偵として日夜奮闘してます。
 それを評価して頂いているのか、依頼が多く、ホント身がすり切れるほど毎日が忙しいです。
 そんな僕を見て、町の人たちは冗談ぽく、探偵の三朗ですから、使い切った電池、タン三と呼ぶのですよね。もちろんそんなの気にしてませんが。

 それにしても、この一見平和そうな町、結構事件が起こるのですよね。それらを快刀乱麻にとまでは行きませんが、心を込めて解決させてもらってます。
 そうそう、この間珍妙な事件がありました。ちょっと紹介させてもらいます。

 あれは昼食を済ませ、オフィスでくつろいでいる時のことでした。年の頃は四〇歳前後、桜子という奥さまがひょっこり見えましてね、依頼されたのです。
「私、大事な壺をなくしたの、探してくださらない」
 僕はレスポンス良く「どんな壺ですか?」と訊くと、「これくらいかな」と手の平を少し広げられました。そこから推し量って、即座に「骨壺ですか?」と聞き返してしまったのです。
 奥さまは明らかにムッとされまして、「アータ、やっぱり使いものにならないタン三電池ね。なくしたのは笑壺(えつぼ)よ、すなわち……笑いの壺よ」と強調されました。
 紛失したものが笑いの壺とはまったく珍奇、ですよね。されど僕はプロの探偵です。「はい、探しましょう」と二つ返事で引き受けました。

 だけど確約してしまったものの、桜子奥さまがなくされた笑いの壺は見つかりません。それでちょっと焦り始めたのですが、今度は美貌のご婦人、美歌さまが訪ねて来られました。そして色っぽく頭を下げられました。
「ね、タン三のお兄さん、泥棒が入ったの。犯人はね、逃げてしまったわ。ねっ、捕まえてちょうだいね、お仕置きしたいから……、ね」と。
 なんと「ね」の多いお話しかと。だけど僕はこの妖艶な女性、美歌さまを知ってました。
 公園の外れの大きな家で、一人暮らしをしている後家さんです。
 そのせいかここは特別に大袈裟に、「良かったあ、強盗でなくって。それで、盗られた大事なものは何ですか?」と聞き返しました。するとどうでしょうか、ご婦人はちょっと恥ずかしげに囁かれたのです。
「私の恋心よ」
 これにはぐうの音も出ませんでした。そして気が静まるのを待って、もう一度確認しました。
「ということは……、恋泥棒ですか?」
 これに美歌さまはなぜか都言葉で、涼やかに「そうなんえ」と。

 笑いの壺紛失と恋泥棒事件、その後、僕はこの二つのミステリーの謎解きに没頭しました。しかし、なかなか解決できませんでした。
 そして一ヶ月が経ち、町のあちこちで噂が立ちました。殺人事件があったと。
「えっ、殺しが」と僕は驚きました。当然放っておくわけにはいきません。
 火のない所に煙は立たない、僕はその火元まで遡り、やっとのことで噂の真実を突き止めました。そして僕には、笑いの壺と恋泥棒の全貌が見えてきたのです。

 諸悪の根源は桜子奥さまの、ちょっとイケメンなダンナでした。
 そう、彼は悪名高き御家殺しだったのです。
 要は、結婚してから育んできた夫婦間だけの笑い、その笑いの壺〈sens of humour〉を家から持ち出しました。そしてダンナは、例えば〈たった一度の注射が効いて こうも逢いたくなるものか〉と寂しい後家さんの心の隙間に入り込み、恋泥棒してしまったのです。これぞ後家殺し、悪名通りの行為でした。
 こんな悪さにより桜子さまからは笑いが消え、美歌さまは愛欲地獄の淵にもう少しで落ちるところだったのです。
 不逞ヤツだ。こんなダンナは許すわけにはいきません。
 僕はダンナを呼びつけて、桜子さまと美歌さまの前で土下座させ、謝らせてやりました。
 これで目出度し目出度し、一件落着でした。

 ところが今日のことです。一人のサラリーマンがやって来ましてね。社内にスリがいる、とっちめてくれと頭を下げるのですよ。
 世間ではそこそこの会社なのですが、そこにスリって、そりゃ一大事ですよね。僕でお役に立つならばと思い、「何をスルのですか?」と質問しました。するとですよ、この中年男、唇噛みしめて一言吐いたんですよ。
「ゴマ」ってね。

 巫山戯んじゃないですよ。もう頭にきて、「僕は探偵の塩眞。別名、ホントに塩の利いたタンシオとも呼ばれてますよ。ゴマには縁がありません」と言ってやりました。
 するとオッサン、高見沢一郎の名刺を残し、肩を落としてトボトボと引き上げて行きました。ちょっと悪かったかな?

 いずれにしても我が町での探偵業、いろいろあるんですよね。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/06/29 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

タン三探偵さん、次々に舞い込む珍事件に四苦八苦ですね。

最後に高見沢一郎氏のゲスト出演にはニッコリしました。



13/06/30 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

ありがとうございます。
珍事件ばっかりです。

高見沢一郎はいっちょ噛みですから、突然姿を現すのですよ。

13/07/05 草愛やし美

鮎風遊さん、なんて町なのでしょう。おかしくって、苦笑しながら読みました。どんな依頼でも引き受けてくださる素晴らしい探偵さんじゃないですか。こういう御仁が、一人でも町にいてくだされば、町の平和は保たれること?でしょうね。スリ、確かにあれはスリますね。私、「巫山戯じゃない」、全く読めませんでした。汗

13/07/07 鮎風 遊

草藍さん

私が育った町はこんな町でした。
今もありますよ。

これから時々、小物のタン三、塩眞三朗に登場してもらいますので、よろしく。

13/07/11 汐月夜空

え、そんなもの見つかるわけが、って思ったものがあっさりと解決されていく発想力が素敵なお話でした。
語り口調でするすると繋がっていくので、非常に読みやすかったです。
面白いお話を『聞けました』。

13/07/12 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました

ふたつの事件が見事つながりましたね!
単三電池は出番が多くて忙しい。
「タン三」は街の人が感謝と親しみを込めて呼んでいるのだと思いました。

13/11/30 鮎風 遊

汐月夜空さん

コメントありがとうございます。

面白く読んでいただいて光栄です。
また、よろしく。

13/11/30 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

コメントありがとうございます。

タン三野郎、結構いいやつです。
これからもよろしく。

ログイン