1. トップページ
  2. 隕石でお仕置きよ

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

3

隕石でお仕置きよ

13/06/18 コンテスト(テーマ):第三十三回 時空モノガタリ文学賞【 迷う人 】 コメント:5件 鮎風 遊 閲覧数:3044

この作品を評価する


 今宵はにぎり寿司だよ、大トロ、それともウニ、どちらがお好み?
 こんなリッチな迷いが日常化した暮らし、それは確かにソラにとって幸せな日々だった。だが今、それに終止符を打つかどうかで迷っている。

 夫のヒラメキはITベンチャー企業の社長、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。しかし、ここに至るまでの道程(みちのり)、ソラは持ち合わせた才能、すなわちコンピューターの知識/技能を駆使し、若く起業した夫を日夜支えてきた。
 多忙だった、そして苦労だった。
 だが自分の選んだ道、愛する夫とともに生きてきた。そして、やっとゆとりある暮らしになった。

 されどだ、ここへきてヒラメキに愛人ができた。
 なぜ?
 夫婦間にちょっとした隙間ができたのだろうか? ソラにはその理由がわからない。
 いずれにしても裏切られたことに間違いない。とにかく口惜しい。
 これからの生活、ヒラメキとやって行けるのだろうか?
 こんな迷路に迷い込んでしまったソラ、だが結論付けるのにそう時間はかからなかった。ヒラメキと別れようと決心したのだった。

 それにしても腹が立つ。このまま黙って終わらせるなんて、ソラのプライドが許さない。ケイタイを手にした。
「お母さん、ヒラメキとはもう暮らして行けなくなったわ。そちらに帰りたいの」
「そうしなさい。お父さんも早く戻って来いと言ってるよ。三日後の新月の夜に迎えに行くから」
 さすが両親、すべてお見通しだ。ソラはなんとなくホッとする。

 秋の夜空に細い月が浮かんだ。星たちがキラキラと煌めいている。そんな星降る夜に、ソラは小高い山へと登った。
 ソラが夜景に見入っていると、頭上に一艘の宇宙船が音もなく現れた。そしてそこから白い光線が発せられ、ソラはそれに包み込まれ、ユラユラと船へと吸い込まれて行った。

 ヒラメキの前から妻が消えた。当然自分に原因はあると反省し、愛人との縁は切った。
 それにしても愛妻は一体どこへ消えてしまったのだろうか?
 もともとソラは天涯孤独、親元はないと聞かされていた。それでも妻を捜す日々が続いた。
 そんなある日、衝撃の事態が起こる。愛人宅に隕石が落ちたのだ。
 直径5センチ程度の小さなものだったが、その衝撃は途方もなく大きく、家は炎上し崩壊した。死者が出なかっただけでも幸いだった。

 黒い隕石は宇宙からの落下物。それは偶然であり、不運な出来事だったとメディアは報道した。しかし、ヒラメキはそうは思わなかった。
 なぜ、愛人の家に隕石が……?
 ひょっとすると、これはソラの怨念ではないか、そう思われて仕方がない。

 振り返れば、ソラは並外れた高度な知能を持っていた。また首の下に、一見ペンダントのような小さな逆鱗(げきりん)があった。まるで龍のようだ。
 そんなソラ、今から思うと、果たして彼女は人間だったのだろうか、と疑問がわいてくる。
 ヒラメキは早速ソラが残していった通信記録を調べてみる。するとどうだろうか、ソラは地球から20光年離れた雲母(きらら)惑星の星人だった。文明は高度に発達し、宇宙の現象を神のごとく操っているという。
 とならば、旧愛人宅に落ちた隕石は……、ソラが高度な軌道計算を行い、UFOで小惑星の位置を変え、狙いを定めて命中させたのでは。
 こんな結論に至ったヒラメキ、隕石はソラの怒りであり、自分への愛の深さの裏返しではないかと男の勝手な解釈で理解した。そして、やっぱりソラは掛け替えのない女(ひと)だと確信した。
 ここから必死となり、ソラにケイタイを掛けた。幸運にもやっと繋がった。そして恐々、しかし和む話題で話し掛ける。
「なあソラ、俺たちまだ離婚届は提出してないよな、だからまだ夫婦だろ。今度お寿司を食べに行こうよ。ネタは何がいい?」
 ヒラメキはもう知識を得ていた。雲母星には海がない。だからマグロもウニも生息していない。
 雲母星人のソラはそれらが大好物だ。だが裏切られた夫に、いきなり「お寿司を食べに行こうよ」と誘われても困ってしまう。
 とは言っても、お仕置きの隕石を見事憎き愛人宅にドカーンと命中させてやった。ざまあみろだ。
 気持ちはもうスカッとしているのか、明るい口調で。
「ヒラメキさん、わかってる? 私たちの家は狙わなかったのよ。もう浮気しないと約束してくれたら、ヒラメキさんへの怒気、怒りの気(キ)を取って……、そうね、ヒラメのお寿司がいいわ」
 これは雲母星人のオバちゃんギャグかとヒラメキは思ったが、ここは優しく、「ああ、約束するよ」と。

 そんな時だった。
 ドカーン!

 どうも近所の、似たような夫婦の家に、隕石が落ちたようだ。
 そして熟年妻の呟きが漏れてきた。
「ホント、地球の男って、ちょっと余裕ができると、何をしでかすかわからない生物ね。隕石でお仕置きよ」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/06/18 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

「隕石でお仕置きよ」ってヘタに怒らせたら、地球ごと滅亡させられそうで
怖いですよね。

ファンタジーなお話ですが面白かったです。

13/06/19 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

ありがとうございます。
実は6500年前、当時の雲母星人の奥さんが怒りまして、
それは大きな隕石を落としてしまいました。
これで地球上の生物、人間も恐竜も絶滅してしまいました。

これが歴史の真実です。

13/06/19 鮎風 遊

訂正

6500 万 年前でした。

13/06/19 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。
凄い奥さまだったのですね。昔、「奥さまは魔女」というTVドラマが流行りました。「奥さまの名前はサマンサ、旦那さまはダーリン、二人はごく普通に結婚して……でも、奥さまは魔女だったのです」冒頭のナレーションを今も覚えている私です。
この場合は、「奥さまは、星人」だったというのでしょうね。星人は、聖人でなく、性人? 女性そのものの気性のお方だった。「奥さまの名前はソラ、旦那さまはヒラメキ、二人はごく普通に結婚して……でも、奥さまはヒラメ好きの星人だったので、ヒラメキを選らんだことは誰も知りません」という冒頭を考え出しました。(自己満足笑い)
面白かったです、ありがとうございました。

13/06/21 鮎風 遊

草藍さん

面白く読んで頂いて光栄です。

奥様は星人だったのです。

ログイン