1. トップページ
  2. 世界一のスープ

かめかめさん

http://ameblo.jp/kamekame1976/ ブログデシセイカツバクロチウ

性別 女性
将来の夢 印税生活
座右の銘 ハワイに行きたいと思ったら、一歩踏み出さないといけない。 ハワイは向こうから近づいてこない。

投稿済みの作品

1

世界一のスープ

13/06/06 コンテスト(テーマ):第三十三回 時空モノガタリ文学賞【 迷う人 】 コメント:0件 かめかめ 閲覧数:1989

この作品を評価する

生き物の住めない熱い熱い砂漠をこえたところに、その国はある。
美しい湧き水とたわわな果実、めずらしい宝石と勤勉な国民。
その国に行けば両手にあまる宝物が手に入ると、たくさんの人が砂漠を旅した。
多くの人が砂漠で命を落とし、その国にたどりつけるのはほんの少しの人だけだった。
旅人たちは疲れきり、砂漠をおそれ、帰れなくなった。
余るほどの果物があるこの国にいれば飢えて死ぬことはない。帰る気持ちを失った旅人たちは働きもせず、ただ日をすごした。

サラのスープ屋は、そんな砂漠の国の真ん中、湧き水の噴水のそばにある。
「世界で一番おいしいスープ」と国じゅうの人がほめたたえる。
サラの店にメニューはない。
客がやってきて席につくと、サラはじっと客の顔を見つめる。そして厨房に入り、ことことと火をたいて、ひと椀のスープを運んでくる。
ある人にはかぼちゃスープ、ある人にはクコの実スープ、ある人にはハミウリの冷たいスープを。
客はみな口をそろえて言う。
ああ、このスープは世界一だ、と。

ある日、サラの店に旅人がやってきた。
ヒゲはぼうぼう、服はぼろぼろ。いつも噴水のそばに寝転がっている男だった。
客はみな黙りこくり、迷惑そうに男をながめた。
男が席につくとサラは男に話しかけた。
「うちはスープしかないよ」
男はだまってうなずいた。
サラはじっと男の顔を見つめると、厨房に入って行った。
ことことと火をたく音がして、しばらくするとサラが椀を運んできた。
客はみな、興味しんしんで椀の中をのぞきこんで仰天した。
椀の中にはただの透明な湯が入っていただけだったから。

サラは椀を男の前に置いた。
椀からはほわほわと湯気が上がっている。男はだまって椀の中身を見つめた。客たちも男の後ろから覗きこんだ。
湯気がゆうらりと大きく揺れたとき、椀の中に年老いた女の顔がうつった。
老女の青い瞳は、男の目とよく似ていた。男は黙って椀の中を見つめ続けた。
ぽたり、と男の目から涙がこぼれ、椀の中に落ちた。
湯にうつった女の顔がくしゃっと泣いたようにゆがんだ。

湯気が消えるほどに椀の中身が冷めたころには、老女の顔は消えていた。
男はだまったまま湯を飲み干し、静かに立ち上がった。
「最高のスープをありがとう」
「またいつでもおいで。待ってるよ」
「いや、もう来ることはないだろう。私は砂漠をこえて国に帰るのだから」
男は微笑むと店を出て行った。
サラはいつもどおり、椀を片付けた。
全てを見ていた客たちは、それぞれのスープを飲み干して、それぞれに腰をあげて
それぞれの家庭に帰っていった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン